2012/3/15

基準を決める。<3,915本目>  ひとりごと

「高い」とか「低い」、
「大きい」とか「小さい」、
「寒い」とか「暑い」などは形容詞である。

形容詞で表現されることは主観的になることが少なくない。

そこで上記のような言葉を使う時の基準がどこか自分の中にあるはずなのである。

例えば気温でも、
日野の場合は最高(予想)気温を「10度」に目安を置いている。

春だと言ってもここ数日はとても寒い。
日中の最高気温が10度以下の日が続いているのだ。

日差しは確実に春の予感なのだが、
気温が上がっていなのだ。

だから、10度以下の場合は少しだけ冬支度をしておくのだ。

反対に最高予想気温が13度ぐらいになれば、
かなり暖かい日になるということも判断できる。

誰でも、何かしら何かに迷った時などは、
“基準”を持っていることでその迷いを払拭することも可能にある。

ビジネスシーンにおいて、
経営者に求められるのはその都度の「判断」だ。

判断には、やはりその“意思決定“までのプロセスが必要となるわけだが、
基準がないとブレが生じてしまう。

また例外を作ってしまうとそれもブレが生じて
目標を達成できないことも多い。

臨機応変とは言うが、その言葉を多用する人は
いつも「その場しのぎ」の人たちばかりだ。

結果的にほとんど信用できない人たちなのだ。
自分をしっかり持つということが基準を作ることに通じるのだ。

ブレてはいけない。













晴@明るい日差し。
冷っとする空気も気持ち良く来てくれてありがとうございます。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ