2011/10/16

週休2日じゃ物足りない!<3,748本目>  ひとりごと

もっと休みが欲しいってことじゃない。

もともと週休二日は1週間のうちで稼働日が5日ということだ。

大手企業や競争環境にない職場にいればそれでも安泰だ。
(実際には安泰ではないがそう感じさせられている。)

中小企業が大手企業と同じことをやろうと思ってもいけない。

休むなと言っているのではない、
休みでも自分やビジネスを成長させるために過ごす時間が大切で、

それを意識して過ごせということなのだ。

サラリーマン時代にも教えられた。

「週に2日も休みがあるのだから、
一日は完全に休んでもいい。
ただもう一日はお店を見に行け!」と。

つまり、1日は自分のため、仕事のために使えという教えだ。

これは本当にありがたいアドバイスだった。

今の自分やビジネスにとても深く意味があるのだ。

何ももって”休む”と解釈することにもよるが、
やれ「家族のため」だの、
ほれ「子供のため」だの、

そんなことをことさら言わなくたって淡々とやればいいのだ。

だから「家庭サービス」なんていう、
「サービス残業」みたいなニュアンスの言葉ができてしまうのだ。

目に見えるもの、肌で感じるもの、
そこで過ごす時間。

すべてが貴重なのだ。

誰と、どこで、どんな風に過ごせるかで自分が毎日毎日形成されていくのだ。

生まれた赤ちゃんは、
365日かけてやっと1歳になれる。

急には1歳になれない。

その理屈はいくつになっても同じだ。

その瞬間の積み重ねが細胞となって表れるのだ。
自分が作られるのだ。










快晴@めちゃくちゃいい秋晴れ。
お祭りや行事のときにも爽やかに来てくれてありがとうございます。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ