2011/10/11

老舗の勉強会はいかが?  ひとりごと

日野が平成4年に立ち上げた
「中小企業診断士の勉強会」を「金猿くらぶ」(=コンサルクラブ)と言います。

個人が運営している中小企業診断士の勉強会としては日本国内で
最も伝統的で
最も長い会だと思います。

今まで年4回、春・夏・秋・冬に開催してきました。
今月21日には「第77回」であり「19周年記念会合」になります。

内容は
ビジネスで役立つ“時代のちょっと先を読むテーマ”を設定して、
メンバーである中小企業診断士の個性を盛り込みながら話をしていただいて勉強をします。

勉強をした後は、ホテルでの着席した食事。
もちろんアルコールもありリラックスした中で情報交流と楽しい会話が弾みます。

コンサルタントとしてししっかり身に付けなければいけないビジネススキルもちゃんと学べるようにプログラム(仕掛け)をしてあります。

普段は中小企業診断士だけしか参加できませんが、今回は「19周年」ということもあり一般の皆さんも参加することができます。
http://gold.ap.teacup.com/saruclub/89.html

すでにメルマガでも先週ご案内しているので
中小企業診断士以外の経営者の方や主婦の方からもお申込みいただいています。

一度に50人以上の全国から集まる中小企業診断士と知り合うことができます。

メンバーの中には、税理士をはじめ弁護士、社会保険労務士、行政書士の資格を合わせ持つ会員もいます。

今回のテーマは
「戦国武将 真田家の末裔が贈る
ビジネスパーソンなら身につけておきたい、この国際感覚!」
ゲストスピーカーは
真田幸光氏(愛知淑徳大学ビジネス学部教授)
です。

定員は「60名」ですが、
あと数席残席があります。

「日野の友人・知人」なら今回はどなたでもご参加できます。

どうぞ、お早めにコチラをご参照いただき、今すぐお申し込みくださいませ。

満席になってしまった場合はご了承下さいませ。

2011/10/11

キレが大事だ。<3,740本目>  ひとりごと

布の端切れじゃないよ。

「キレ」なんです。

料理人の包丁は抜群の切れ味があるという。
道具はその人の実力を伝えるものだから大切にされる。

その包丁で料理されたメニューはきっとキレが良くおいしさ+楽しさが生まれてくるだろう。

野球のピッチャーで、ベテランが投げてスピードボールが出ていないのに三振を取ったりする。

ゴルフのアマチュアでも、若い人が飛距離を出すのに、
ベテランの方がスコアがまとまって勝ってしまう。

テニスでも、打つボールのスピードはめちゃくちゃ速いのに
勝てない。
逆にボールのスピードそのものは速くないに、相手がミスをする。

同じ話す時間でも、グッとくる話もあれば、ダラダラと内容がない話もある。

身のこなしが何となく引きずっているように見える人と、
シャキッとして見える人もある。

どれもこれも”キレ”があるかないかなのである。

どんな時にそのキレが出るかと言えば、
実は日々の動きの中の蓄積からそれが出てくるのだ。

部屋がきれいな人はきっとキレもいいはずだ。
気持ちも行動もスッキリとしているのだ。

また、アスリートで言えば集中力が高い場合もキレが出る。

ビジネスでも、お客様に対してグッとくる”キレ”があるお店はなんとなくわかる。
そこをお客様は敏感に感じ取るのだ。

ダラッとしないでキレを意識してみるといいだろう。











晴@窓口相談(満席)。
連休明けの人も連日仕事だった人も”キレキレ”で来てくれてありがとうございます。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ