2011/4/18

お天気屋さん。<3,538本目>  ひとりごと

朝、いいお天気でも夜になると雨になる。

穏やかな日差しだったけれど急に風が強くなったり、曇ってきたり。
お天気は時間とともに変わる。

人間でも、コロコロとその時の”気分”が変わる人もいる。

「あの人は“お天気屋さん”だねー」などとも言う。

お客様の場合は
それを安定していないとか、
気分屋とかとらえない方がいい。

ころころ変わるのがお客様なのだ。

その時の気分で買うか買わないかは大きく影響する。

価格に関しても、その時その時で“価値”が変わってくる。

それがお客様の”安定”と思っていれば、
変わった時の対応んも違ってくる。

つまり
変わらないことを前提に考えずに、
変わることを前提に考えるのだ。

変わってくれればそこには新しいマーケットも生まれるチャンスもある。

でも、
プライベートのお付き合いで”気分屋”は疲れるかもしれないですね。













晴@夜雨予報。
月曜日ですよ、スタートですよ、メルマガですよ、ひとりごとですよ。
ありがとうございます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ