2011/4/2

できることをやるのでは物足りない。<3,521本目>  ひとりごと

春は“芽吹く”季節だ。

冬の間、じっと成長を続けて春になって
やっと、芽が出てくるのだ。

冬がなければ春は来ない。
日本の春夏秋冬の良さはそこだ。

そして、春は可能性の季節でもある。

異動で、新しい職場に着任したり、
新入社員として働きだしたり、

子供ばかりではなく、大人もピカピカの一年生が誕生するタイミングなのだ。

そこで「自分のできることをやる。」
それはそれでいい。

でもできることをやるのは、
「今までやっていなかった」ことをやるだけのことだ。

「できないと思っていたことをやる。」

そう、必要なことは”チャレンジ”なのだ。

自分では考えていなかったことが、人生の中では起こる。
ビジネスシーンではその連続と言っていいかもしれない。

そのきっかけが新しい仕事であり、
新しい部署であり、
新しい役職であり、
新しい出会いなのだろう。

幸い”与えられた業務”があるのなら、とことん突き詰めよう!

自分に向いているとか、向いていないとかの次元で発想しないことだ。
やることが見えたら、その期待以上のことを考えてみよう。

芽が伸び、花を咲かせるまでにはまだ少し時間がかかる。
その時間は開花までの準備なのだ。

その準備は必要だ。

パッと明るくなった季節を味わいながら成長しよう!













ほぼ晴れ@春。
土曜日に新たな気持ちで来てくれて、ありがとうございます。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ