2010/10/12

この本はいい!  ひとりごと

【お勧めご案内】-<お申込み続々>-----
今なら【早割】で1万円もお得!
ビジネスフォーラム2011」←クリック

・今よりも、もっといい仕事をしたい人
・今よりも、もっと元気になりたい人
・元気な人に一度にたくさん出会いたい人
・いつもと違う日野眞明に会いたい人
とってもお勧めです。お待ちしていますよ。
------------


タイトルから惹かれます。

敗者復活力」廣田 康之 著。
お世話になっている同文舘出版さんからの発売です。
キーワードは”人生逆転術”と“何でもコヤシ”です。

ただ今、「敗者復活力」アマゾンキャンペーンやっています。
(既にアマゾン総合ランキング第1位です。素晴らしい!)

負けたことがないエリートには無縁かもしれません。



今から立ち上がればいいのです。


日野のお勧め本を集めた
moreなLibrary
からでも購入できます。
とにかく「敗者復活力」です。




2010/10/12

予定は目標。<3,330本目>  ひとりごと

今のビジネスが駆け出しのころ、
手帳のスケジュール欄は白い部分ばかりでした。

どこへも行くところがないのです。

それでも多くの先輩たちにかわいがられ、少しづつ仕事の“お手伝い”をさせていただくようになりました。

その積み重ねが実績となり、次の仕事へとつながり始めるのです。
いきなり大きな仕事は来ません。

もちろん待っていても来るわけではないので、とにかく出掛けることを優先させていました。
でも、出掛けるところがないのです。

ちょっとでも“関連”があれば、出掛けて行き名刺交換をしていました。

半年で確か7〜800枚の名刺を交換させていただいたと記憶しています。
でも当然ですが、“受注はゼロ”。

箸にも棒にも引っかかりません。

異業種交流会へたくさん出れば人脈が広がると勘違いしている人は、世の中にはたくさんいますがちょっと考え直した方がいいでしょうね。

今では、おかげ様でスケジュールも忙しくさせていただいていますが、
スケジュールややることが決まるとそれが「予定」となります。

そうするとその予定へ向かって準備が始まります。
つまり予定をすることで超える目標が出来るのです。

目標がないとどうしても“流され“ます。
流されない人はいいのですが、日野の場合はどんどん流れていきます。

そんな自分を知っているので、予定を立てるのは欠かせません。

予定を立てずにお気楽に〜、なんて言っている人でも
予定を立てないという設定をしているのですね。

目標設定をすると、必ずその目標の”達成率”を自分に突き付けることになります。
そこを誤魔化して、自分だけを守ろうとすると
言い訳と目標を設定しないという状況になります。

人に言う必要も紙に書く必要もないと思いますが、
予定通りにいかないからこそ、予定を立てることに意味があります。

予定と最も相性がいいのは、「手帳」でしょうね。
パピルスの時代から紙に勝るものは生まれてきませんね。

moreな手帳」、今年(2011年版)も発売します。
手帳を買い替え予定の方はちょっと待っていてください。

待ちきれない方は日野に電話してくださいね。











曇り@火曜日。
週の初めの人も昨日から動いている人もみんな来てくれて、ありがとうございます。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ