2010/9/27

雨音でぐっすり?<3,309本目>  ひとりごと

規則正しく降り注ぐ雨の音が“子守歌”のようになって、眠る事ができる。

「雨が降っている時はシーンとしてゆっくり眠れるのよ。」と
子供の頃言われた記憶がある。

確かに言えるかもしれない。

ところが出張でホテルにいると外のことが全く分からない。

窓から雨が降っているかどうかはまだわかるのだが、気温などは出てみないと分からない。

特にニューヨーク視察に行ったときに、
朝の一番の悩みが、その日の気温やお天気なのです。

ニューヨークのホテルではほとんどが高層階であることが多いし、
部屋の出たり入ったりに時間がかかったりする時も多いからです。

つまり(お天気の)情報は待っていても正確には入ってこないということです。

情報発信の大切さはビジネスでは欠かせないと再三お話しているのですが、
自らが積極的に情報を取りに行くことも当然大切なのです。

そしてさらに、その情報が正確かどうか?
また、その情報をどのように活用するか?
を判断する能力が求められているのです。

その結果「意思決定」につながります。

もう、何年か前に
「雨音はショパンの調べ」というアンニュイなヒット曲がありました。

ショパンの調べがどんなのかはわからないけれど、ひとつのリズムが自分を包んで、自分だけの世界になれるのでしょうね。











雨@新宿→中小企業大学校東京校へ。
新しい週の始まりに来てくれて、ありがとうございます。

メルマガ届いていますか?今週はお得なご案内がありますよ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ