2010/9/9

秋風のビアガーデン。<3,287本目>  ひとりごと

何年ぶりでしょう、ビアガーデン。

百貨店の屋上で営業しているのですが、幹事さんから
「ビアガーデンを予約しました・・・」と言われた時は、

「ん?もうちょっとおしゃれな落ち着いたところななかったの?」
なんて会話していました。

かつてのビアガーデンと言えば、
持ちきれないほどの大きなジョッキが売りで、

食べ物と言えば、(冷凍の)枝豆、鳥の空揚げ、焼きそば・・・・・ぐらいの、“文化祭の模擬店”程度のおつまみでした。

ところが、今回行ったビアガーデンは違いました。

時間制限はなく料金は均一(男性¥3800女性¥3600)、セルフサービスで食材は各自が取りわけるバイキング方式で飲み放題なのです。

そして、そのバイキング料理が圧巻でした。

座席は屋上ですから屋根のない屋外ですが、高層ビルの上ですからホコリもなく快適です。

そして、今の時期は流石に暑さも夜になれば落ち着いています。

料理は建物の中にあるのですが、それぞぞのカテゴリーにシェフがついていて目の前で作っているのです。

自家製ローストビーフの出来上がり時間をお知らせしてくれたり、デザートもチョコレートフォンデュがあったりと数十種類の“本格的”料理なのです。

飲食するところが屋上でなければ、「ホテルのバイキングディナー」と何ら変わりません。

ビアガーデンの歴史を振り返れば決して“旬”な時期ではありませんが、
ビアガーデンが廃れたのではなく、

廃れたビアガーデンが多くなっただけなのです。

持っている状況(経営資源)、今回は「屋上」と「ホテル並みのバイキング料理(飲み放題)」に「セルフサービス」を組み合わせて“新しさ”を出しています。

テーブルも椅子もプラスチックで安普請でしたが、夜空を見上げながらの解放感と

おいしい料理にそれ以上に楽しい仲間たちとの語らいが、
素敵な夜の時間を演出してくれました。

やれることはまだまだてんこ盛りにあるな。











晴れ@中小企業大学校広島校。
出張先でもいつも来てくれて、ありがとうございます。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ