2010/6/15

仕事の優先順位とは?<3,179本目>  ひとりごと

「時間は限られているので(仕事に)優先順位を付けて“効率“よく進めたいのですがどうしたらいいですか?」

こんな質問を受けました。

まぁ、よくある質問で、いたるところに答えも出ています。

模範解答とすれば、
縦軸に「緊急度」<強い><弱い>
横軸に「重要度」<強い><弱い>

これでマトリックスを作って判断すればいいでしょう。


ただ冒頭の質問は、これが理解できたとしても実はクリアできないのです。

それは、「何もやっていないから」です。

優先順位が分かってから仕事に取り組もうとしているのです。
その時点ですでに仕事はたまっている方がほとんどなのです。

仕事の進め方を本来で言えば、
「自分で考えて行動する。」のが一番いいスタイルです。

指示された“業務”をこなそうとしているので、優先順位はそうすれば?という発想になるのです。

冒頭の質問に対しての日野の答えは
「(ごちゃごちゃ言わないで)片っ端から取り組め!」です。

ただし、1年かけてとか3年かけてなどの“長期間”のプロジェクトなどはしっかりと進行プランを立案する必要があります。

このときは“優先”というか”段取り”をきちんとしておかなければ“ムダ”が多くなります。

また、自分で自分の仕事スタイルを確立するぐらいのつもりで日々こなしていけば、楽しいシーンがたくさん生まれます。

だから、もちろん“日野スタイル”はありますよ。
(ボディのスタイルのことじゃない、って当り前か!?)

それは「MoreDream2010」(モアオリジナル手帳)であったり、
「”移動の達人”ルール」であったりします。

優先順位をつけなければいけないほど”たくさん”お仕事があるのなら、
ドンドン取り組んでしまえばいいのですよ。










梅雨@下り坂。
サッカージャパン勝って良かったネの気分できてくれて、ありがとうございます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ