2010/5/18

青いから勢いがある。<3,141本目>  ひとりごと

独立開業して1年から3年、今年4月の新入社員などなど、
ビジネス界でのまだ“若い”メンバーとの情報交流がありました。

20代前半の新入社員は、昭和60年代生まれ。
平成生まれの直前です。

当然時代も変わっています。
話をしていても、リアクションが面白い。

今までにない、(こちらからしてみれば)突拍子もないコトを言ったりやったりします。
そこには“新鮮さ”も感じます。

また、独立してまだ何年も経っていない専門家(士業など)の方のお話は、
今までと同じ業務をこなすにしても、
ビジネスツールの利用に積極的だったり、過去のしがらみを極力排除するオープン性であったり、
こちらも“新鮮さ”があります。

いずれにしても、その道の“未熟モノ”であることは間違いなのですが、
「次のステージへ行こう!」という意気込みが行動となって表れているところが素晴らしいのです。

そもそも、日野と出会った勉強会へ来ているコトが素晴らしい。
特別な勉強会でもなく、何気ないちょっとしたきっかけで参加した勉強会(日野はゲスト的)でしたが、考えている人は考えているモノです。

やっている人は着々とやっているのです。
進んでいる人は進んでいるのです。

ウダウダ言って、モタモタして、挙句の果てには
「何からやればいいのか分からない…。」なーんて・・・・。

お気楽で、売れない営業マンと同じです。

サラリーマンでも進んでいる人は進んでいるのです。
ましてや社会に出て10年も20年も経っている人がうまくいかないのは、
いつの間にか学びや素直さがなくなってしまっているのでしょう。

目まぐるしく変わる世の中かもしれませんが、
ジブンの勢いを失っている人は魅力も何も感じませんね。

魅力はジブンの内側から出るエネルギーから発するのです。











晴れ@都内。
読むだけでも来てくれて嬉しいですよ、ありがとうございます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ