2010/5/21

完全オリジナルでプレミアム。<3,145本目>  移動の達人

できてしまったんですよ。

「考え」が「実現」する。
そのプロセスが結果につながるまでの時間が早いスゴ技。

いつも独特の視点でコメントいただける
“京都の天才“CORE222さんが、デザインして制作までしてしまった作品が
コレ↓
クリックすると元のサイズで表示します

5月8日からユーストリーム(「USTREAM」インターネット生放送テレビのようなもの)で
「moreり場」(=モアリバ)という番組を始めました。

公式初配信(第1回)は5月8日に京都からスタートしています。

その後、
「番組オリジナルTシャツなんか欲しいよねー。」
「あったらおもしろいわなぁ〜」
なんてTwitterでやり取りしていたのですよ。

でも、
「そんなTシャツ作ったって欲しい人いないよねー。」とか
「誰も作らないわなぁ〜」とか、
かなり消極的だったんです。

でもでも、「できたら楽しいよねー。」とも言っていたのです。
そうしたら、知らないうちに作っていたのですねー。
(作っている過程は実はCORE222さんのユーストリームに録画がある)

そのデザインセンスと
その行動センスと
そのおもしろセンスと
その完成センスは

抜群です。

だいたい
「やればいいよねー。」と言う話まではどこでも盛り上がる。

しかし、それを“カタチ”までに仕上げる「アウトプット力」は
かなりの負担がかかる。

ところがそれをクリアすると素晴らしい結果が待っているのです。
それはわかっているのに、スルーしてやり過ごしてしまう。

CORE222さんはそれができる人。
考えと行動を“共有“できる人なのです。

盛り上がった話は時間とともに消滅する。
そんなことはいくらでもあるが、やがてそれは大きな差となって表れるのです。

同じ“価値観“を持つ人が仲間になり、お客様にもスタッフにもなる。
意見や考えをぶつけ合いながら、目指す人生(大袈裟?)の方向が同じなら心地いいに決まっている。

「このTシャツ欲しい!」
「このトートバッグ欲しい!」
ってリクエストは、今のところ受け付けていません。
(オークション形式にしてみる?)

「moreり場」第2回配信予定は6月17日(木)なので、その時に何か“動き“があるかもしれませんけどね。










快晴@週末。
金曜日は勢いがあるのですね、来てくれてありがとうございます。


2010/5/20

トラブルは突然。<3,144本目>  ひとりごと

いつものように何気なく使っているPC。

数ヶ月前にちょっと“異音”がしたので
東京にあるベンチャー企業で知り合いの“パソコンの病院”へ入院させ、
パーツを増強してメンテナンスをしておいた。

それでも、今朝、突然、

「ブゥーン、ブチっ」って感じで大きなファンの音とともに画面が真っ黒になりました。

こちらも一瞬“真っ暗“になりましたが、しばらくそのままにしておきました。
それでも画面は真っ黒のままでしたので、強制終了。

その後立ち上げたら“何もなかったように“今、書き込んでいます。

この「MI−4」くん(←PCの名前)も既に4年か5年経っています。
特にヘビーに使っているわけでもなく、
大切に扱って、メンテナンスもしているですがそれでも故障はありますね。

だいたい急いでいる時にトラブルなどは発生します。
そんな時にどれだけ迅速に“応急処置“ができるかでそのトラブルの解決時間に差が出ます。

備えているわけでもないのですが、
「トラブルは突然来るのが当たり前で、だからトラブルなんだ」と
認識しておくといいのです。

経営でも順調でない時にその経営者の器量が試されます。

うまくいかない時が「成長のチャンス」なんです。










晴れ@5月下旬の日。
気温も上がりテンションも上がり来てくれて、ありがとうございます。

2010/5/19

キャンセル出ました、窓口相談。  ひとりごと

いつも満席の無料「窓口相談」。
本日13:00から1件キャンセルが出ました。
今すぐ052−220−0516(中小企業基盤整備機構中部支部)へ予約を。

2010/5/19

どこでもラーメン屋。<3,142本目>  ひとりごと

ちょっと時間があったので渋谷の街を久しぶりに散策しました。

学生時代やサラリーマン時代には
“おしゃれなファッションの街”として憧れた街。

その場にいるだけでなんとなくしわソワソワした高揚感を感じたものでした。

いまでももちろんファッショナブルな感じはあるのですが、やはり増えてきているのが外食産業です。

例えば道玄坂にもラーメン屋さんが出店しています。
ラーメンと言えば、大衆食なのでやはり客単価は単品でせいぜい¥700です。

この価格は地方に行っても大差はない、でも、渋谷での家賃は地方と比べれば数倍の高さです。

もちろん地方で歩いている人数と道玄坂に歩いている人数は絶対数に違いはあるのですが、かと言って席数が決まっていて、そこでお客様にラーメンを食べていただくことは同じなのです。

「東京(人が多い)だから売れる。」
「地方(人が少ない)だから売れない。」

そうではなく、
「売れているラーメン屋さんが繁昌」しているのです。

酔った時のラーメンはカラダに悪いですがおいしいです。
お昼に食べるのもおいしいラーメン屋さんはたくさんあります。

どのお店も、お客様がたくさんが入っているお店には実力があるのです。

しっかり実力をつけることを考えましょう。











お天気下り坂@TBC参加。
全国から来てくれて、ありがとうございます。


2010/5/18

青いから勢いがある。<3,141本目>  ひとりごと

独立開業して1年から3年、今年4月の新入社員などなど、
ビジネス界でのまだ“若い”メンバーとの情報交流がありました。

20代前半の新入社員は、昭和60年代生まれ。
平成生まれの直前です。

当然時代も変わっています。
話をしていても、リアクションが面白い。

今までにない、(こちらからしてみれば)突拍子もないコトを言ったりやったりします。
そこには“新鮮さ”も感じます。

また、独立してまだ何年も経っていない専門家(士業など)の方のお話は、
今までと同じ業務をこなすにしても、
ビジネスツールの利用に積極的だったり、過去のしがらみを極力排除するオープン性であったり、
こちらも“新鮮さ”があります。

いずれにしても、その道の“未熟モノ”であることは間違いなのですが、
「次のステージへ行こう!」という意気込みが行動となって表れているところが素晴らしいのです。

そもそも、日野と出会った勉強会へ来ているコトが素晴らしい。
特別な勉強会でもなく、何気ないちょっとしたきっかけで参加した勉強会(日野はゲスト的)でしたが、考えている人は考えているモノです。

やっている人は着々とやっているのです。
進んでいる人は進んでいるのです。

ウダウダ言って、モタモタして、挙句の果てには
「何からやればいいのか分からない…。」なーんて・・・・。

お気楽で、売れない営業マンと同じです。

サラリーマンでも進んでいる人は進んでいるのです。
ましてや社会に出て10年も20年も経っている人がうまくいかないのは、
いつの間にか学びや素直さがなくなってしまっているのでしょう。

目まぐるしく変わる世の中かもしれませんが、
ジブンの勢いを失っている人は魅力も何も感じませんね。

魅力はジブンの内側から出るエネルギーから発するのです。











晴れ@都内。
読むだけでも来てくれて嬉しいですよ、ありがとうございます。

2010/5/17

嫌いを噛みつくして味わう。<3,140本目>  ひとりごと

好き嫌いは誰でもある。

相手が自分を好きでいてくれれば、ジブンも相手を好きになる可能性が多い。
ジブンが好きなお店は、お店がジブン(お客様)のコトを大切に扱ってくれている場合がほとんどである。

多くの人とのコミュニケーションの中から学ぶ一番の収穫は、
できるだけたくさんの人との出会いだ。

でも、たくさん出会いがあればある程、自分が好きなだけではなくちょっと苦手な人との出会いもある。

そんな時は
相手のコトを徹底的に味わってしまう。

食べ物であれば、嫌いなものを何度何度も噛んで、そして反芻することで
”新しい味”を発見するのである。

異質、違うものとは
”ジブンが知らない部分が多い”と認識すれば次のコミュニケーションのやり方も変わる。

厳しいコトを言われると、どうしても嫌い(苦手意識)になってしまうかもしれないが、
ところがそれを避けていると結局、自分を成長させることはできないのだ。

日野がズバリと(相手が嫌だと感じることさえも)言っている時は、相手に対して真剣になっている時と“愛”がある時です。

苦手はにがい味かもしれないが、“良薬は口に苦し”で噛みつくしてしまおう!

もちろん“相思相愛”ならもっとうまくいきますね。











晴れ@月曜日はメルマガ配信。
元気な週初めに来てくれて、ありがとうございます。

2010/5/16

コントラストをつける。<3,139本目>  ひとりごと

なぜかわからないが寝ていて、まどろみながらアタマに浮かんだキーワード、
「コントラスト」です。

明るさの”差“をつけたり、色の“違い”を出したりしている状態のコトだと認識しています。

差をつけたり違いを出したりするのは、必ずそこには“比較する対象“があります。

その対象となるモノ(コト)が、その人の価値観となりその価値観と目の前のモノ(コト)を比べることでお客様は動くのです。

(価格が)「高い」とか「安い」とかも同じです。
選択肢がコントラストがあることでできるのです。

反対に何もコントラストがないと、“のっぺり”とした状態なって選びにくくなるのです。

お客様にとっても買いにくい状態であるかもしれません。

どこにでも売っているモノ(コト)は緊急性がなければ、買う気がしません。
どうしてもそこでしか手に入らないようなモノ(コト)を表現すると売り場にも会社にも“コントラスト“ができて、

“くっきり““スッキリ”(←TVCMのコピーみたいだ)して、
引き締まった状態のなるのです。

アナタの表情、ファッションもコントラストつけると楽しいですよ。











晴れ@日曜日。
春らしい日にのんびりしてきてくれて、ありがとうございます。


2010/5/15

新幹線ホームで淹れたて珈琲。  移動の達人

ビックリしました。

昨日お邪魔した、
自家焙煎 珈琲まめ坊の店主さんが、発車直前のホームにわざわざコーヒーをポットに入れて持って来てくれました。


おまけに、自家製チーズケーキまで添えて。

驚くやら、感激やらです。


さっそく、車内で
ひとりcafeを楽しませて頂きました。


感動は想像していない時に、
起こります。



まめ坊さん、本当に
ありがとうございました。

2010/5/15

全国1位のチーズケーキプレゼント。  ひとりごと

いつも、ブログ「moreなひとりごと」に来てお読みいただきありがとうございます。

“ブログ読者限定”です。
(今日はじめて来ていただいた、にわか読者でももちろん構いません。)

今月5月(8日)は日野の誕生日月だったので、みなさまへプレゼントしたいと思います。

それは、

全国一位のチーズケーキ(税込2350円、送料無料)

スイーツです。

“チーズケーキ好き日野眞明”としては、昨年食べたのですがおいしかったですよ。

それをみなさまに味わっていただきたいと思います。

応募いただいたみなさま“全員“にプレゼントさせていただきますが、一つだけお願いがあります。

実はひょんなことからこのチーズケーキのお店を経営する社長さんと知り合ったのです。

そして、この社長さん(山添 利也氏)が今月初書籍を出版したのです。

またこちらの本がビジネスにはめちゃくちゃ役立つ内容なんです。

そのタイトルも
200メートルの行列ができる繁盛店はこうつくる!
と言うなんとも過激で楽しいのです。




和歌山のローカルで行列を200メートルを作っちゃう“秘密“をぜひ学んで、おいしいチーズケーキを食べてください。

と言うことで

<“全国一位”チーズケーキ応募方法>

1.「200メートルの行列ができる繁盛店はこうつくる!」をアマゾンの
コチラから購入する。

2.タイトルに「200メートル」と書いてmlmaga@more8.comへメールする

3.メールには
・上記アマゾンで買った「購入日」「購入時間」を記入する

・チーズケーキ送付先
「住所(郵便番号)」
「お名前」(ハンドルネームがあれば併記)
「電話」
お会いしたことがあるのなら「日野眞明と出会った場面」
を記入する

4.クイズ「日野眞明のメルマガタイトルは?」に解答する

5.メルマガ読者未登録の方は左の登録窓から登録する(すでにメルマガ登録済の方は不要です。)

6.応募締切:2010年5月16日10:00


勉強できて、チーズケーキスイーツも食べられて“商売繁昌”を実現できる企画です。

どうぞご遠慮なく、ふるってご応募くださいね。

お待ちしています。











晴れ@気温低っ。
仙台出張ですよ、来てくれてありがとうございます。

2010/5/15

しびれる、その珈琲。<3,137本目>  ひとりごと

1杯の珈琲のために、新幹線を乗り継いで行きました。

新緑がとても美しい“杜の都”「仙台」です。

純粋にその珈琲を楽しませていただきました。
そのお店は
自家焙煎「珈琲まめ坊」です。

先日のメルマガ「”脳”に効くビジネスサプリ」でも、
珈琲豆の読者限定プレゼントでご紹介しているのでご存じの方もいらっしゃいますね。

決して大きくもない、奇抜でもないお店ですが、
昨年の10月10日にオープンして、一生懸命「おいしい珈琲」を味わっていただくために努力して営業されています。

2年ほど前、たまたま仙台の「起業家セミナー」で受講生としてお会いしたのですが、

その時からコーヒーの対しての“思い入れ”は強い。
思いをカタチにしたそのお店は、

店頭に
自家焙煎機、豆をストックしてあるその部屋は温度管理をしてあり、
カウンターにはいくつものストレートコーヒー豆と、季節感や思いが詰まったオリジナルブレンドコーヒー豆が陳列してあります。

窓の外には竹を中心とした緑があり、とても心が和みます。
そして窓に下にはなんと、
広瀬川がさらさらと流れているのです。

緑と、川と、コーヒーと・・・。

ひとときですがなんともぜいたくな時間です。

そこへ行ったのは、岡山から、愛知県からと県外から集まった
かつての受講生です。

まめ坊のオーナーも受講生ですので、なんだかお互いが共感しあいながらの情報交流が早速行われていました。

そこへ、現地仙台の受講生も集まり、さらに”moreつながり”は広がっていくのでした。
(その様子は“今どきのダダ漏れ”で、Ustream配信しました。)

ビジネスを展開していくのに、忘れてはいけないのが
「お客様目線」。

そこには業種や業態は違っても共通した認識があるのです。
だから、まめ坊に集まったメンバーも初対面でもすぐに打ち解けてディスカッションが進むのです。

行かないと分からないことがたくさんあります。
コーヒー1杯のために、時間とお金をかけて・・・・、
それがいいんです。

行ける所へは行きましょう。
来ていただけるお店を作りましょう。

帰り際にいただいた、まめ坊からのお土産(コーヒー豆)には、
なんと

「moreスペシャル」と書いてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

そこに添えられてあるメッセージも、感動的です。


窓の下には。広瀬川。
クリックすると元のサイズで表示します


季節のブレンド「もえぎ」。
こちらは(マカロンも)お勧めです。

もしご注文するのなら「moreから聞いた」とメッセージを添えれば、
きっと”広瀬川のシアワセ”まで届けてくれるでしょう。











晴れ@仙台→東京。
いい気分の土曜日に来てくれて、ありがとうございます。


2010/5/14

ダテじゃないさぁ。  移動の達人

伊達政宗。


クリックすると元のサイズで表示します

2010/5/14

いつも、考えているコト。  移動の達人

どんなコトが楽しいでしょうか?


あれをやろう、これをやろう。
想いを巡らせるのです。

決してラクなコトを考えないことです。

そして誰とやって、誰を楽しませるかを考えるのです。

その考えが満タンになった時に、溢れ出します。

そうなれば、迷わずイッキです。

行っちゃってください!





考えていないヒトも、多いのでチャンスばっかりです。

2010/5/13

嬉しいコト。<3,133本目>  ひとりごと

2年ぶりぐらいに、ある経営者と道でバッタリ会いました。

若い2代目経営者ですが、素直で社員に対してもやさしい面を持った経営者です。
しかしながら業績は当時から思わしくなく、いろいろな施策を講じるもののなかなか効果が表れず心配をしていました。

どこかへ出張に行くようでキャスターバッグをコロコロと…。
こちらもいつもながらの“早歩き“でした。

「あぁ、お久しぶりです。」
「どちらまで?」

たわいのないひとこと、ふたことを交わしながら、
にこやかな顔で「いつもメルマガ読んでいますよ、ありがとうございます。」
と言われました。

メルマガを配信して1年以上になりますが、
こうして読んでいただけているのだと思うと、飛び上るほど嬉しくなります。

どこまで読んでくれているかなんてわかりません、それでもいいのです。
少なくとも
「日野眞明からメルマガが届いているな。」と認識してくれていたのです。

とてもありがたいことです。


“(メルマガなんて読まれないから)今は、メルマガの時代じゃない“
なんてことは言われています。

でもいいんです。
自動解除されれば悲しいですが、仕方がないコトだからいいんです。

じゃ、時代に合ったことをどれだけ実践しているのですか?
どんなアクションで毎日のビジネスに取り組んでいるのですか?

昨年と違う新しいコトに何に取り組んだのですか?
取り組んでだめだったことはいくつあるのですか?

続けているコトはどれだけあるのですか?

たった一人でもいいんですよ、喜んでくれるお客様がいれば。
その一人のお客様を大切にしていれば、きっとうまくいきます。

その経営者からかけていただいた一言が、
どれだけ日野を喜ばせてくれたか、嬉しい気持ちにさせてくれたか。

それをパワーを源として、もっとお役にたてるコンサルティングをしていこうと考えられるのです。

お客様にたくさん喜んでいただければ、必ずお店を支えてくれます。
お客様が一番の味方なんですよ。

もちろん日野もアナタの味方です。










晴れ@気温低め。
体調気をつけながら明るく来てくれて、ありがとうございます。


2010/5/12

5月のミドリ。<3,132本目>  ひとりごと

緑は好きな色です。

出張で高速バスを使い長野県へ行ってきました。
中央道を走ると遠くにアルプスが見え、山々の緑もとてもきれいです。

あいにくお天気はよくなかったのですが、それでも“新緑“は、
新しい芽が出て来ているので勢いがあって
鮮やかです。

活力も感じることができますね。

ビジネスの場面でもやはり
売り場や営業パーソンに活力がないといけません。

どよ〜んとした雰囲気が漂っていては、お客様を喜ばすことなんてできません。

出張時の車内では、
「ほとんどが車窓を見て過ごす。」なんです。

よく
「本とか集中して読むのですか?」なんて聞かれるのですが、
アタマをリフレッシュして次のビジネスに備えるための時間にしています。

まぁ、もっとも今回は誕生日プレゼントにいただいた文庫本にも集中しながら読んでいたりもしましたけどね。

緑を見ながら、
文庫本を読みながら、
ウトウトしながら、
アイディアが閃きながら、
Twitterしながら、

数時間の缶詰め状態の高速バス出張でも、
新しい発見と楽しい時間の過ごし方となります。

それにしても緑は美しい季節ですね。

調子がよくない人は
「新緑のミドリ」を身に着けて過ごしてみれば?










晴れ@水曜日。
毎水曜日朝(7:00〜)開催のTBC(豊橋ブレックファーストクラブ)も
良い内容になってきていますので楽しみです。
いつでもお越しください、そして今日も来てくれてありがとうございます。



2010/5/11

もしもシリーズ・・・2。<3,131本目>  ひとりごと

「もしもの質問」

Q「火事の時、3つだけ仕事道具を持って逃げるとしたら?」







日野眞明オフィシャル無料メルマガ
「“脳“に効くビジネスサプリ」に登録してます?
来週(17日)配信号も「プレゼント企画」予定していますよ。








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ