2010/2/20

デキル電話のかけ方。<3,031本目>  ひとりごと

電話の会話でその人のビジネススキルがわかってしまう。

ひとことでいえば、長電話はやはり“デキルやつ”が少ない。
要点が絞られていないのが原因である。

もちろん電話を“おしゃべり“として使っているのなら話は別だが、ビジネスで使う場合には、

コミュニケーションの基本をマスターしておきたい。
新入社員研修のテキストに載っているような話なのだが、
それが出来ていないということになれば、新人以下のレベルと言われる。

かけ方はカンタン。

言いたいことを「何点」とメモしておくことである。

会話の中で
「(お伝えしたいコトは)2つあるのです。」
と言われればそのことだけにこちらの聞く体制も整います。

何が言いたいのか分からない話し始めでは、
聞いている方も疲れます。

逆に4つも5つも伝えることがあるのなら電話では不向きなことだと認識するといいでしょう。

メールでもFAXでもお手紙でもいろいろと手段はあります。

いつも手元にあるケータイだからこそ、その人のビジネスに対しての使い方で実力が見えてきます。



「声が聞きたかったぁー」と言う
“おしゃべり電話”も受付中。











晴れ@名古屋へ。
土曜日でもお仕事お仕事、ありがとうございます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ