2010/1/8

書くこと。<2,981本目>  ひとりごと

はじめて書いた作文はいつの頃だったかなぁー。

小学生の時に何かで入選した覚えもかすかに残っているけれど、文字を書くことは随分といろいろ表現してきたことになる。

毎日書くこのブログを寝る前からだいたい考え出して、朝起きてからまとめ始める。

書いている時間を最大で20分以内と決めている。
長いか短いかは分からないがそれぐらいで一気にまとめられないとダラダラとした時間が過ぎてしまう。


「読み」「書き」「そろばん」とはビジネスの最低限のスキルだ。
それともう一つ、これからは「プレゼン」だろう。

どれも大事だ。
プレゼンで「話す」ことはいいのだが、単なる「おしゃべりさん」がとても多いのはちょっといただけない。

本人は抵抗なく話しているところが実はたちが悪い。
話したいことを話してしまうのだ。

聞きたいことを話してくれれば、それは話し上手。

書くことも同じだ。
知りたいことを書いてあれば、読みやすくなり好感が持てる。

話すこと(プレゼン)も書くことも、発信者側の都合に始終しないように気をつけなければいけない。

昨年夏以降、ハマりにハマった(今でも)ベストセラー作家の東野圭吾さんの作品は引き込まれる。
(軽く20冊は超えて読んでしまった。)

やはり100万部以上の実績がある作家には、ムードがある。
どんどん読み進めたくなる。

メッセージを届けて、それを受け止められた時はとても嬉しい。
ここ「ひとりごと」に書いたメッセージは、受け止めてくれているのだろうか?

そして毎日がhappyになってくれていれば飛び上るほど嬉しい。










晴れ@寒いね。
早くも週末だけれど来てくれて、ありがとうございます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ