2010/1/5

イイコトバ。<2,977本目>  ひとりごと

「なぜブログを毎日書き続けるの?」

「どうすれば続けることができるの?」
とよく聞かれます。

そして、
「ブログを書いてどうなるの?」

も聞かれます。

さらに、
「毎日書いていたらどうなったの?」

いろいろ聞かれます。

ただ、”書いているだけ”なんですけどね。

それでも続けてくると、読んでくれる人がいることもわかり、コメントもいただけたりすればさらにその確証が持てて続けることができるのです。

それで何?
と言われれば、この投稿も含めて「2,977本の記事が”記録”として残っただけ」です。

今月中には「3,000本」を超えるでしょうが、最初からそんなことを目指していたわけでもありません。
気がついたらそうなってきただけなんです。

あるブログを読んでいたら、その中にとてもユニークな言葉を見つけました。

「行き当たり、バッチリ」。

笑えますが、なかなか含蓄があります。
目の前のことを”バッチリ”こなしていけばいいのですね。

「その先に何があるか?」
なんてわからないのです。

「今ジブンができる最高のパフォーマンスは何か」
だけを考えて「行動」するのです。

行動しなければ何も起こらないし変えることもできません。
改善なんて期待することすら間違っています。

ましてや、改革なんて起こるわけないものです。

モノゴトは計画をしていても結局、”行き当たり”ばかりですから、そこでどんな風に対応できるかで実力がわかりますね。

「バッチリ」やりましょう!











窓越しの日差しはっても暖か。
仕事始めの人もそうでない人も毎日来てくれて、ありがとうございます。



2010/1/4

現在、過去、未来。<2,976本目>  ひとりごと

こんな歌詞の歌がありましたね。

歌手(タイトル)は誰だかご存知ですか?

現在が過ぎれば過去になります。
未来は現在の先にあるのです。

突然、未来が来るわけではありません。
「”脳”に響くマーケティング戦略」でもお話しさせていただきましたが、

「20年後の自分は“今”から始まっているのです。」

---------------
「”脳”を揺さぶるビジネスフォーラム2010」DVD発売中
---------------

現在がうまくいっていないとすれば、それは自分が過ごしてきた過去に原因があるのです。

ミステリー小説ではないのですから過去は当然変えることができません。
では、未来は変えることができるか?

実はこれもできません。
変えることができるのは「現在」だけなのです。

明日からやろうとか夢はかなうとか
耳触りが良い言葉でやり過ごしている人は何も達成できていなことを知ることです。

「やるか、やらないか」ではないのです。
「あとは、自分次第」でもないのです。

「やったか、やらなかったか」だけです。

やらなければいつまで経っても実現するわけがありません。
やれば、完成度が低くても、うまくいかなくても結果が伴います。

結果が出れば自分が目指している結果とのギャップを知ることができます。
そうすればそのギャップを埋めるための次のアクションを考えることができるのです。

反省も大事、感謝も大事、計画も大事。
それ以上に、今を一生懸命過ごすことが必要なのです。

一つづつ上を目指すことができるジブンはカッコいいでしょう。

ヒーロー、ヒロインはカッコいい。
でも、ヒーロー、ヒロインは感謝されることはあってもご褒美はない。
それでもヒーロー、ヒロインを貫く。

それが使命感のように。

「(たまには)自分にご褒美」なんて、なんだか甘ったるい感じがする。
ヒーロー、ヒロインは決して言わない言葉だ。

過去を受け止めた、現在から未来を一気に目指す。
それを始めるのには絶好のタイミングだ。











月曜日@晴れ。
何でもいいんですよ、来ていただければ。
ありがとうございます。




2010/1/3

考えていることが夢になる。<2,975本目>  ひとりごと

元旦に見る夢でも、1月2日に見る夢でもどちらも
「初夢」と言うそうだ。

その年の初めてみた夢が初夢なのだろう。

夢は辻褄が合わないことも多いが、夢で見たことが現実となるデジャブのようなこともある。

「夢をあきらめるな!」とか
「夢みたいなことを言っているんじゃない!」とか

ポジティブでもネガティブでも両方に使われている。
要するに、そんなことはどっちでもいいのだ。

意識しようが無意識だろうが、脳にあるジグゾーパズルのピースのようなモノが組み合わさって夢を見るのだろう。

それが、ちょっとびっくりしたのです。
誰も覚えていないでしょうが
昨年(2009年)の1月3日のブログ記事

ここには“初夢”のことが書いてあるのですが、
細かいことはちょっと違うにしろ「実現」しているのです。

2009年12月13日(日)に開催した
「”脳”を揺さぶるマーケティング戦略」でたくさんの人にお集まりいただいて、お楽しみいただいたのです。

開催した時は全く意識していなかったのですが、ブログの過去記事を読みなおしてみて、驚いたのです。

12月のことを1月に“予言”していたのです。

脳の片隅にあることが何らかの影響をアクションに及ぼしているのですね。

何も考えていないのではなくちゃんと脳は考えているのです。

脳がもっともっと活動するためにも多くの“刺激”を与えることが大切ですね。

それにはやはり
たくさんの本と出会う、
たくさんの人と出会う。

時間はかかるのですが、これが一番近道なんです。

今年の“初夢”ですか?

「たくさんの人と本に囲まれている場面がいくつも見えました。」
そして周りには、ニコニコしている人もいっぱいです。











お正月気分も今日ぐらいまで?
毎日来てくれて、ありがとうございます。
タグ: 初夢

2010/1/2

記録は破られる。<2,974本目>  ひとりごと

タスキをつないでつないで、次の走者へ渡す。

そのひとりひとりの頑張りがチームの結果となる。
抜いて抜かれて、ゴールを目指す。

ただただ、ひたすら「走る」のは美しい。
箱根駅伝にはドラマがある。

昨年往路で“山の神童“と言われ区間新記録を出した選手が、今年もまた自身の持つ記録を破り区間新記録を出しました。

そして、チームを2年連続往路優勝へと導きました。

記録はひとつの目安になる。
それを目標にしてひたすら頑張る。

記録を破ることが目的ではないが、その記録に対してジブンで“挑む“コトに大きな意味があるのだ。

出来ないと思えばできるはずもない。
誰でもできるわけではないからそこに“価値”が生まれる。

全てはプロセスの先にある。
記録は結果であるが、結果を変えることができるのもジブンの中にある。


その「決意」忘れないでくださいね。










穏やかに晴れましたね。
今年も来てくれて、ありがとうございます。
タグ: 箱根駅伝

2010/1/1

あけましておめでとうございます。<2,973本目>  ひとりごと

新年、おめでとうございます。

地球上でイチバン早く日付が変わるのが日本です。
だから、地球でイチバン最初の

「おめでとうございます。」です。

みなさまと共に生きられて嬉しいです。

「ありがとうございます。」が一杯の一年のスタートです。

どんな時でも「ありがとうございます。」

年が変わったのです。
私もアナタも変わります。

将来はどんどん変わることができます。
挑戦すればいいのです。

結果はすべて出ます。
それを受け止めて、また次のステップです。

いいよね、
”おめでたいコト”って。

おめでたいオトコでもオンナいいじゃん。

ニコニコで今年もありがとうございます。










雪?
今年も、もちろん「Happyをありがとうございます。」




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ