2009/11/26

真面目なスリランカ人。<2,931本目>  ひとりごと

今のビジネスを始める前に
「スリランカ人と経営戦略やマーケティング戦略を一緒に学ぶ。」

なんてことは想像できませんでした。
考えられる可能性としても“ゼロ”だったのです。

先日も
モルディブ、ネパール、スリランカ、トンガ、バヌアツの人たちと一緒に学びました。

こんなことも、どうやって考えたって浮かばない“出会い”です。

でも、ビジネスなんて”そんなもん”なんです。

戦略を立案する時には
「特定の人」をターゲットに設定してください。
とアドバイスを繰り返していますが、その延長線上にはまだ見ぬ可能性を十分に秘めた対象があるのです。

ただし、その可能性を秘めたコト、ヒト、モノに出会うにはそれまでの実績や品質がモノを言うのです。

積み上げた結果がどんどん可能性を広げるのです。

思い通りの結果が得られない時はその思い通りを実現するだけのプロセスが足りない。

努力不足なんです。

スリランカから来た35人の研修生(経営者、経営幹部)、はほとんどが初めての日本。

トランジットを2回して延べ24時間かけて日本へ来たそうです。
宿舎に夜中の2時に着いて翌朝11時からは「moreセミナー」。

そして午後からは“moreメソッド”(導入編)へ突入と怒涛の時間でした。

時差もあるでしょうし、気温の変化もあるでしょうが一生懸命に取り組んでくれました。

休憩時間にはフランクに会話をして、ほんのささやかな国際交流のコミュニケーションも生まれました。

「moreメソッドの(英語)翻訳本はないのか?」と、うれしいリクエストもありました。
(先日の中国人からは「中国語の”脳を揺さぶるマーケティング読本”はないのか?」とも言われています。)

ジブンたちのビジネスについて海外まで行って真剣に学ぶ。

そんな姿勢は美しくもあります。

当然こちらのテンションも気合も上がります。

”真面目な人”が一番強いのですね。

2週間の研修最終日には再度スリランカの研修生と会います。

研修結果のプレゼンテーションにコーディネータとしてアドバイスをさせていただく予定です。

日本滞在中に多くのヒントをつかんでいただくことを心から願っています。











快晴@名古屋。
マーケティングセミナー→西尾商工会議所講演会。
寒暖の差に気をつけてください、ありがとうございます。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ