2009/11/12

季節ハズレ。<2,915本目>  ひとりごと

土砂降りでした。
あっという間にずぶ濡れです。

ラジオから流れるお天気情報では「季節はずれの大雨でした…。」

はずれるの反対はあたり。
でも、季節はずれとは平均的ではないことが起こったということです。
つまり、確率的には低いということです。

あたりはずれで言えば、本来、クジなどではアタリのほうが確率的には少ない。

今の季節で言えばあたりは「秋晴れ」です。

お店に行ってはずれたら、もう二度とその店には行きません。
アタリのお店には何度でも行きます。

アタリの前のことを「当たり前」と言います。
アタリを出すためには、当たり前ができていることが大前提なのです。

当たり前ができてれば次のステップへ行けます。
できてなければハズレになってしまいます。

お客様の期待にこたえることはもちろんです。
お客様の想像以上の対応をして、お客様が「このお店アタリ!」って感じていただけば繁盛します。

あたりはずれがあるからこそ、レベルアップができるのです。

ジブンと自社にとって「当たり前」を棚卸してみましょう。

何が見えてくるでしょうか?











秋晴れ@窓口相談。
頑張っていますよ、ありがとうございます。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ