2009/11/3

やり遂げるということ。<2,905本目>  ひとりごと

区切りをつけることで次のステップが見えてくる。

大切なことはジブンをごまかさないこと。
どうしても楽なほう楽なほうへ流れて行ってしまうのを踏みとどまらせてくれるのは、身近にいる同じ志を持った仲間たちだ。

そんなことを感じさせてくれた「09鹿児島経営革新塾」でした。

経営者と経営者予備軍が集まったわけですが、セミナーの時間を抽出するのはそんなに簡単なことではない。

それでも時間をかけてセミナー会場へ来て、お互いのビジネスに対してディスカッションをして、意見を聞き自分のプランをバージョンアップさせる。

その繰り返しが、ある意味でmoreスタイル。

今回は夜間3時間を3回と休日6時間を組み合わせた、やや変則的な日程でした。
にもかかわらずほとんどの方が“皆勤”。

そこで共有した時間がその人の財産になります。
いろいろな人の意見を受け入れられるキャパシティがその経営者の“経営の器”となります。


参加者の一人で創業95年目の酒造メーカの経営者は、参加当初、漠然と販売促進を考えていた。
それが訪問させていただいて工場を視察させていただいて、さらにその方のお考えを聞かせていただいて閃いた!

その閃きをお伝えしたら今度はその経営者の方が閃いた!


「5年後に訪れる”100周年”プロジェクトを立ち上げます!」
となりました。
すばらしい明るい発想と話題です。

そして、
戦略シートのスケジュール欄に「2015年4月25日(土)に100年記念式典に日野先生をご招待する。」と書かれていました。
(さっそくMoreDream2010に記入。)

その時は現在の売り上げの倍増計画も盛り込まれています。

そのプレゼンテーションを聞いた参加者たちにも楽しみな、にこやかな表情が広がっていきます。

なんだか嬉しくなる瞬間ですよね。
最終日にご参加いただいた皆様が一つのことをやり遂げたという実感を持っていただいた、とてもい表情をされていました。
ありがとうございます。

九州出張も一区切り。

全国いろいろな所へ訪問させていただいて、元気な経営を日本中(世界中)に広めて“商売繁盛”のネットワークを網羅させる。

ささやかな動きでしょうが、倒れるまで続けていきます。










晴れ@鹿児島からセントレアへ。
文化の日に来てくれて、ありがとうございます。


2009/11/2

修了証書授与。  移動の達人

最優秀受講生?

地鶏の元ちゃんです。

お疲れさま、ありがとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します

(ご本人の了承を得ています。)

2009/11/2

くまなくお手入れ。<2,903本目>  ひとりごと

セミナーが終了して最寄りの駅まで歩いている時のことである。

タクシーならワンメーター、歩けば20分弱という距離である。
流しのタクシーはおらず、電車の時間までには歩いても間に合いそうだったので歩きだしていたのだ。

次の出張の荷物があったので、通常のキャスターバッグにスーツなどの着替えが入ったガーメントバッグも一緒にゴロゴロと駅に向かっていた。

ちょうどその時救急車が大きなサイレンを鳴らしながら走り去った。
道路を走っている一般車両は路肩へ寄せて停車を始めた時である。

カッコいい高級外車が近づき停車し運転手がこちらを見ている。
よく見るとその運転手は先ほどまでのセミナー受講生の方であった。

「先生〜、駅までよろしかったらどうぞ〜。」と声を掛けてくれた。
あと歩いても10分程度であったが、荷物もたくさんあることなのでお言葉に甘えて乗せていただくことにした。

moreが自動車にはほとんど興味がないことはご承知のとおりであるが、ドイツ製の外車はそんな興味がない男から見てもカッコいい!
と呼べるスタイリングでした。

早速荷物をトランクに入れされていただいたのであるが、実にきれいにしてある。
余分な荷物を入れていないこともあるが、清掃が行き届いていて大切に使っていることが一目でうかがえる。

ボディは外からも見られるので洗車したりワックスをかけてきれいにしている人は多いが、トランクの中はあまり人に見られる場所でもないので乱雑であることが多い。

見えないところをきれいにしていることが素晴らしい。

助手席に乗せていただいてももちろん車内のきれいさはピカピカ。
高級車だという意味ではなく本当に大切にきれいに使っていることがよく感じる。

more「カッコいい車できれいに乗っていますね。」
受「この車に乗りたくて一生懸命仕事したんですよ〜。」と明るく答える。

その方のお仕事は
「女性のお肌をきれいにして10年若返らせること。」なのです。

このカッコいい車もしっかりときれいにして、生き生きとさせていると感じました。それが“高級車だから・・・”という理由ではなく、

“思いがあるモノを大切に“という感じです。

人が見えないところできちんとするスタイルは実はとてもカッコいい。
そうじ(お手入れ)はその一番わかりやすいアクションでしょう。


歩く時間が短縮できた分だけ、予定よりひとつ前の電車の乗ることができて出張フライトまでの時間が有意義に使うという副産物もできました。

ありがたいことです。











晴れ@鹿児島。
日中は個別訪問コンサルティングと、夜は「09鹿児島経営革新塾」最終日です。

連休の“谷間”?に来てくれて、ありがとうございます。





2009/11/1

雨はなくても傘。<2,902本目>  ひとりごと

お天気がいいのに傘をさしている人を見かけます。

それは秋の一日ですので日傘でもなさそうなのです。

そう、鹿児島市内では「灰」が降るのです。

その灰をもたらす桜島は勇壮な姿を示していますが、活火山なので時々噴火をするそうです。
夜、錦江湾をすりぬけるときに運転する事務局の方が言いました。

「夜、噴火があると迫力があってきれいですよ。溶岩が流れるとそれが光って見えます…。」と。

火山の噴火なんていう場面を想像もできませんが、自然の力はとても大きいのです。
噴火するのは地下でマグマがグツグツとエネルギーを蓄えているのです。

それが一気に噴き出すのが噴火です。

自然に流れ出るのではなくためて、ためて、ためて噴火です。

ビジネスでうまくいくことも自然にうまくいくわけではなく、しっかりと準備をして、勉強をして努力をしてはじめて何とかなるのです。

マグマのような情熱も必要です。
熱い気持ちがお客様を感動させます。

「“売れるしくみ”はないかなぁ?」なんて言っている場合ではありません。
手抜きをした“うまい話”があるはずもありません。

どっしりとした気持ちと行動がパワーを増幅させます。











鹿児島@雨。
「09鹿児島経営革新塾」も「moreメソッド」始まります。
日曜日に来てくれて、ありがとうございます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ