2009/7/3

やっぱり。<2,741本目>  ひとりごと

ちょっと後悔した時や、再確認できた時に思わず出てくるコトバですね。

今、「やっぱり、○○○○だよね」の場合、
○○○○にはどんなセンテンスが入るでしょうかね。

キーワードではないほうがいいですから考えてみてください。

いつも言っていることですが
「やっぱり、やればいいと思っていることはやったほうがいい!」
というセンテンスが浮かびます。

やらないでいいことなんて何もないのです。
やらない自分を正当化しているだけですね、きっと。

途中で出来なくなった自分と向き合うのが嫌なんでしょうね。
それはなんでしょう。
プライドでしょうか?

やらなければそのプライドは守れるのでしょうか?

子供のころはしょっちゅう「三日坊主」と言われました。
それぐらいいろいろなことに好奇心があったのでしょう。
今のビジネスの原型かも知れません。

ちょっとしたことも気になる。そしてその本質も知りたくなる。
いろいろなことをジブンで“体験”したくなる。

うまくいかなくなったことでもそんなジブンも笑えちゃう。
同じ失敗やチャレンジを何度も繰り返す。
例えば英語教材なんて何回も買い替えて、いくらお金を注ぎ込んだかわかりませんが一つもものになっていません。

でも、アメリカ視察セミナーを10年以上も実施できているのはその“教材”のおかげでもあります。

興味と関心、それとアクションを失わなかったのです。
冷やかなんてつまらないでしょ。

クールさがカッコいい?
本物のクールは“ハートが熱い”でしょ。情熱がなかったら相手やまわりを感動させることなんてできませんからね。

やらないことで、落ち着いているから安定ではなく、
「いいと思ったらチャレンジ!」。

“やっぱり”コレ↑がいいでしょ。
後回しにしないで、今すぐ。








窓口相談は満席で“熱い”です。終了後「09伊勢創業塾」のために前泊で伊勢入りです。

バテ始めていても来てくれて、ありがとうございます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ