2009/1/2

30年ぶり。  移動の達人

高校の同窓会です。

ココラフロント、ホテルアークリッシュ。

150名ぐらい集まりました。

顔を見ても名前を聞いてもわからないオッサン同級生もチラホラ。

懐かしいですね。

お正月ならではです。

プライベートネタですが、新年だし、まぁ、いいよね。
クリックすると元のサイズで表示します

2009/1/2

襷。  ひとりごと

読めませんねー。

「タスキ」です。
元日の「ニューイヤー駅伝」では最後のゴールが100m走のようなデッドヒートでした。
3人が“タッチの差”でゴールインです。

アンカーにつなぐまでの走者が「次の走者へ“1秒”でも早くつなぐ」、これが最後の結果になって現れるそうです。

何時間も走っているのにその中での「1秒」です。
大切なんですね、その一瞬。

そして「箱根駅伝」です。
走るだけです。

走っているのは一人ですがタスキを使ってチームなんですね。
ただただ、次の走者へタスキを渡すために走る。
ひたすら走る。
そのシンプルな姿は美しいです。

その日のコンディションや自分自身の調子もありますがゴールを目指します。
そこにはまさに筋書きのないドラマがあります。
あるのは”一生懸命頑張る姿”だけです。

真剣なその事実には大きな「感動」があります。

お正月しか味わえない時間、いろいろありますね。




冷たいですが、雲ひとつないいいお天気ですよ。
初夢の日に、来ていただいてありがとうございます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ