2008/6/11

寮の通信環境。  移動の達人

中小企業大学校広島校に宿泊していますが、PCがネットにつながりません。

携帯電話から何とかブラウジングしています。

明日の夜にはつながると思います。

広島はまだ梅雨入りしていないそうです。
広島球場も今シーズンで移転が決まっています。ヤンキースタジアムと同じだ。

2008/6/10

フランス人の創業  ひとりごと

異国の地、日本で創業するのは大変だろうと思います。逆の立場だったらできるか?と言われればどうでしょうか。

「カリビアンサンドイッチ」を主力商品としてイベント会場で販売開始したと連絡がありました。まだお店(移動型店舗=バス?)は見ていませんが、「初日は予定販売数を完売」とのコト。

創業関連のセミナーをしていてその後、参加者から「開業しました!」と言う連絡はとても嬉しいですね。
しっかりと仁義を切ってくれることは商売繁盛の第一歩でもあるでしょう。

昨年の7月の「おうみ創業塾2007」に参加したレジナ・フランソワさんです。
今まで創業関連で2,000人近く受講していただいていますが、外国人は昨年初めてで、フランソワさんのほかに中国人の方もいらっしゃいました。

今年2月におうみ(大津市)の無料相談にレジナさんは来ていましたからかなり進んでいるとは思っていました。

今年もやります「おうみ創業塾2008






好評受付中です。ハッピーになります。

「選ばれた5%のゲストになる」食事会は締め切り間近です。


2008/6/9

広島出張です。  移動の達人

事務処理でトラブルがあり、予定より2時間遅れの出発になってしまいました。
まぁ、最悪今夜中にたどり着ければ明日の講義に支障はないので何とかなります。

その処理に電話を使いました。
電話でのやり取りは思いのほか時間がかかりますがネット(メール)だけでは伝わらないこともありますので“合わせ技”が大切です。

何とか時間を作って、お約束の「広島焼き」を食べてきます。毎年何度も広島へ出張しているのでほぼ常連です。

って、観光気分はまったくなくて新しい真剣な受講生との出会いが一番の楽しみです。

2008/6/9

本から学ぶコト。  ひとりごと

 ビジネス本を読むことは誰でも出来る、ただしその内容を実践している人は圧倒的に少ない。

最も読まれているビジネス誌として「日経ビジネス」がある。それでも33万部。
日本のビジネスマンは約6000万人(人口の約半分=50%)なので発行部数を約30万部とすれば0.5%の人しか読んでいない計算である。

30万人のうち「こんな風になればいいな」と思う記事や感じる人を仮に5%と想定すれば1万5千人。

そのうち行動に起こす人は10%で1500人。

続ける人はさらに10%として150人。
業界が150あると想定すれば「いいと思って行動して続ける人は自分「ひとり」になる。

それならば、やり続ければ成功しないわけがない。
とも考えられる。

ほかにやっている人がいないのである。

できない人(やらない人)の口癖になっている「わかっているけれど・・・。」
これが99%の人の反応↑。

さて、あなたは何%の人間になりますか?



好評受付中です。お申し込みはお早目がいいですよ。

「選ばれた5%の人になる」食事会は締め切り間近です。

2008/6/7

もうひとつのブログ。  ひとりごと

毎日更新ではなく、週刊ぐらいでもうひとつコンセプトを変えたブログを企画中です。

タイトルは
「『ありがとうございます。』の習慣」
サブタイトルとして
〜moreな魔法のコトバ〜

見たいな感じです。

周りの人たちがどんどんハッピーになっていくことは素直に嬉しいものです。
そんな風に感じることが出来るようにちょっとだけですがなりました。

小さな奇跡が起きてそれで笑いが出ることが多くなりました。ウケることが多ければそれでも楽しさが増す。
ダジャレだって眉間にしわを寄せることもなくなる。

楽しいじゃない。
「ラク」なんじゃないですよ、みんなでワイワイ楽しいんです。
安心するんですよね。

どうかなぁー・・・。













2008/6/6

解約したんです。  ひとりごと

以前、原稿書きのためにキーボード付のスマートフォンを購入!と書きましたね。

注文したタイミングが先々週の23日。24日からシアトルへアメリカ視察へ行っていたので帰って来たときには新機種が発表(5月26日)になっていたのです。
こちらの方がだいぶスタイリッシュ!

アメリカへ行っている間に状況が変わっちゃったわけですね。

「原稿を書くためだから気にしないで使いこなせばいいや。」と自分自身を納得させようとするも、なかなか気になってしまっていました。
WILLCOMさんに相談して(以前にも書き込みましたが担当の方がすこぶる親切!)いろいろと策を練ってくれました。

そして、結果は「解約成立」。
問い合わせの電話をしているとき、当初の担当者は不在でも担当してくれた女性担当者も親切で迅速に対応してくれました。

「(上司に確認のためか)少々お待ちください・・。」で保留音中にも
「解約できました、ありがとうございます。」を数十回言っていたんです。

効いちゃうんですね“moreな魔法のコトバ”。

その後もWILLCOMさんにはいろいろ相談して、本当に親切に対応してくれます。待たされることもほとんどなく、担当者がしっかりと名乗ります。(もちろん今の担当者は最初の担当者がついてくれました。)

若い感じですが誠実です。
思わず「何かWILLCOMさんへ注文するものはないかなぁー」と考えてしまいます。

こちらのリクエストに答えていただくことは販売元としては当然かもしれませんが、それでも“先に”こちらのことを考えてくれていることがわかります。
そうするとこちらも、相手に対して何か考えてあげたくなるのですね。

いただいた恩をお返しするみたいな感覚でしょうかね。


“moreな魔法のコトバ”のロジックそのものだな。
ありがとうございます。







2008/6/6

成長の過程  ひとりごと

今年度から中京大学大学院の客員教授になっています。担当している科目は「中小企業診断士になるための実習(診断)」です。先日も講義 がありました。

クラスメンバーは30代40代50代ですがとてもチームワークが良く熱心に取り組んでいます。

このコースは既に中小企業診断士試験の1次試験を合格した人たちなので、基礎知識は習得しています。そして全員が社会人ですので実務経験もあります。
ただ、診断の場合はそこに落とし穴が隠れているのです。

それは「今までの経験」です。

どうしても診断先を見るときに「常識」で判断しようとします。
ソレはそう当てはめるほうが“自分”が納得できるからです。しかしソレでは本質が見えてこない。

4月当初は自分の物差しだけで“決め付け”ていた内容が今月に入ってきて変わってきました。素直に「事実認識」ができるようになりました。そうなると次のステップが自ずと見えてきます。

先日の講義の中ではそんな成長を感じました。

一緒に経営の勉強して、お互いが高めあっていく姿の時間を共有できることはとても嬉しいことです。

7月の診断報告会が楽しみです。








2008/6/5

こりゃ、悩ましいぞ。  ひとりごと

わかる人にはわかる話かもしれませんが、“ついに”

ソフトバンクモバイル、「iPhoneを国内発売」と発表。

iPhonがどこのキャリアから発売されるかは注目していたところです。
docomoを既に10年以上軽く使っているのでなかなか変えられません。
昨年のGWに「一瞬」こんな日が来るかもしれないと先読みしてソフトバンクに切り替えましたが、即効で解約した経緯もあります。

やはり孫正義さんでしたか・・。

先日のスマートフォンのこともあるしねー・・・。

ただ、この手のニュースは
「契約の時期や内容については「ノーコメント」(広報部)という。」
のようにまだまだ不確定の部分が多い。

いきなり契約解消なんてこともありうる。

でも、確実に動き出していることがわかるニュースだ。


絶対欲しいよね「iPhone」。







2008/6/5

今月はニューヨーク視察  ひとりごと

先月のシアトルに続き今月もアメリカです。

昨年、一昨年と同じように5月と6月に渡米をしています。定点観測することで近い将来が見えてくることがあります。

ビジネスのトレンドをしっかりと見極めることが大切です。

カジュアルな生の情報
月刊 moreな「ニューヨーク通信」も更新してあります。

左にあるリンクからでも飛んでいけます。







2008/6/4

高見の見物!?  移動の達人

国道1号線、東方向を望む。

路面電車が走る街。

最近、歩道橋を渡ったことありますか?

ブルーインパルスでちょくちょく使います。

見下ろせる感じはチョイと気分的にリラックスです。
クリックすると元のサイズで表示します

2008/6/4

乾杯の挨拶。  ひとりごと

大体、「長いスピーチ」と言うのは面白くない。
気持ちいいのは本人だけの場合がほとんどである。更にタチが悪いことに、そんな風に“平気”で話しをする人は「人前で話すことが苦にならない」と言ってはばからない。

(お願いだからはばかってよー)

先日“ある”総会でのスピーチ。
来賓のご挨拶も明快で、さらにいつもより短めで簡潔。
やっぱり出来た人は違うなぁ〜と感心しておりました。

懇親会に入って乾杯の挨拶。
参加者たちはコップにビールを注ぎ始めてざわざわとしている。

良いタイミングで司会者が紹介してあげればいいものの、うまく機能していない。
そのままスピーチが開始・・・。

いつも明るく尊敬している方のご挨拶だったので(周りはかなりざわついていましたが)しっかりと聞いていました。

そこで手短に話した中でひと言、
「夢は限りなく、努力は惜しみなく。」
(そして経営者の良きパートナーになりましょう!)
と結ばれた。

スッキリ!






2008/6/3

中小企業大学校瀬戸校。  移動の達人

基礎研修1が昨日から4週間の日程で始まっています。

今日は「経営への情報活用」、来週の金曜日は「新規開業・創業の支援」がmore担当です。

中部圏の経営指導員の皆さまが真剣です。
クリックすると元のサイズで表示します







2008/6/3

2度読み。  ひとりごと

ここ数年、映画をよく見るようになりました。
昨年は15本ぐらいロードショーを観ましたが、今年は既に昨年の15本を越えています。

それでも「すごく感動した!」という映画はそんなに多くはない。
むしろ、「うーん、なかなか理解ができないなぁー。」という印象のほうが多い。

それでも、もう一度観てみると「なるほど、そういうことだったのか・・・・。」と納得することもしばしばあります。

本でも同じようなことがいえます。
相変わらずどんどん本は買いますが、それをどんどん読みます。
そして最近はちょっと以前に読んだものを「パラパラ」と読み返したりします。

そうすると、今度は以前に読んだときには気がつかなかった“ひらめき”を感じることもかなりあります。

2度読みです。場合によっては3度読み、またはそれ以上でもいいのかもしれませんね。




2008/6/2

凄くうれしい。  ひとりごと

昨年の11月21日にいただいたきれいな胡蝶蘭。
2ヶ月以上もしっかりとをつけて楽しませてくれました。

胡蝶蘭は育て方が難しいと聞いていたので、再び花をつけることはないと思っていました。

でもしっかりと咲いてくれました。3株あったものからの1株ですが、やはり見守ってくれていたのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

新たな蕾もあります。

毎日、毎朝、花が落ちてからでも“声かけ”をしていたからでしょう。植物は人間のコトバがよくわかると聞いたことがあります。

「咲いてくれて、見守ってくれて、癒してくれてありがとうございます。」

<胡蝶蘭の花言葉>
1.幸福が飛んでくる
2.あなたを愛します
3.清純
4.機敏な人

だそうです。いいんじゃない。

6月に入り、月も変わりました。“ツキ”も変わりますよ。
月曜日です。
今週も、今日も来てくれてありがとうございます。






2008/6/1

日曜日の1冊。  moreなLibrary 

シリーズでご紹介ですが、なんとなく続いていると言えるかなぁー。


『いい会社を作りましょう。』





本社のガラス窓はピカピカです。床もピカピカです。
officeは全部見通しが良くて全員のコミュニケーションがすぐに出来ます。

7月には再度訪問して著者の塚越会長にお会い出来るかもしれません。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ