2007/7/9

違った視点  ひとりごと

いつも何気なく見ている風景、例えばオフィス内の様子。

毎日意識していなければあまり気にならない点も他の人が見れば「気に入ったり」「気に入らなかったり」します。
これが「相手の目」の視点でしょうね。

日本経済新聞の「私の履歴書」で今月、長嶋茂雄さんです。
その中で「いつも人の目を気にして、注目(喜んでいただく)してもらうにはどうしたらいいかを考えてプレーをしていた」と言う内容を読みにあたり、
「お客様はいつもどんなことに目を向けているのだろう?」
と考えてお店や売場、自分自身を見つめることができるかもしれません。

自分との“違い”を知ることは最初は、違和感や抵抗があるかもしれませんが受け入れてみることです。

真剣にアドバイスしてくれる知人や友人は貴重な存在でそんな人が身近に一人でもいれば心強いですね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ