2007/6/29

神風が吹いた?  ひとりごと

何本も所有しているわけではありませんが、万年筆好きはご存知の方も多いと思います。

使わない人は全く関心がない万年筆ですが今「売れて」います。おもしろいことに30年以上前に老舗と言われた万年筆屋さんは苦戦しています。
同じようなことが眼鏡屋さんや宝石屋さんでも言われています。

売れていると言っても当然マーケットは縮小しています。その中でシェアを伸ばしていると言うことです。過去の成功体験から抜け出せずに廃業しているお店もありますので「残ったら勝ち」なんですね。

やはり経営は「継続企業」が目標です。

そんなある意味で地味な万年筆を扱って頑張っているのが「竹内文具店」さん(岡崎市)。ここの竹内さちよ店長さんの笑顔はとびっきり素晴らしい!と何度かご紹介済みですね。

でも旧商店街の中にあるお店ではなかなか思うような来店客数が稼げず今月の24日(日)には「お店の最低売上」新記録を達成、と不名誉な記録にかなり落ち込んでいたのでした。

ところが閉店間際(午後6:30頃)、ふらりと来店された中年の女性がシャープペンシルを購入された。その時に振り返って竹内さちよさんがここ数年で本気で取り組み一生懸命作り上げてきた万年筆の陳列を発見。

「あら、ここにあの雑誌に載っていた万年筆があるわ。」
「ここにも欲しかったあの万年筆があるわ。」
「こちらにも・・・・。」

と言いながら数本の高級万年筆を一気に購入。
なんとひとりで50万円以上購入していただいたそうです。

竹内さちよさんも、何がなんだかわからず信じられない気持ちでいつもの通り「抜群のスマイル」で接客をし気持ちよく買っていただいた。

最後のお見送りは車が走り去っても何度も何度も最敬礼をして感謝を表した。
その日の最低売上記録は「(お一人様)最高売上」となって記録された。

これを聞いて「決してまぐれではない。」と確信しました。
かつて、改装当初にもフラッと来店した男性のお客様が25万円のヘラクレスと言うペリカンの素敵な万年筆を販売した実績があるのです。

このときも今回も
・きちんと売場を作り
・丁寧な接客をし
・万年筆の良さを伝え
・何よりもお客様の喜ぶお顔が見たくて
そして達成された素晴らしい売上です。

これは神風なんかじゃなく「実力」です。
しっかりとタネをまき、そのタネが芽を出し花を咲かせ、その花をちゃんとお客様は見ていてくださったのです。
しっかりと育てたさちよさんの功績でしょうね。

「いろいろなことがって・・・、」とチョッとウルウルしながら話してくれる報告を聞きながら
“やっぱりお客様はお店の味方なんだなー”と強く感じました。

まだまだ、これからのお店作りには課題がいっぱいですが、お客様から「もっともっと、がんばって」と励まされた気分になりました。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ