2007/4/30

いよいよ後半戦突入!  移動の達人

本当に偶然、かつての創業メンバーを発見。女性メンバーに両脇を抱えられ合流(^^ゞ。 セッション3始まりました!
クリックすると元のサイズで表示します

2007/4/30

in豊橋  移動の達人

セッション2が始まりました!アルコールも入りますます、みなさん絶好調!
クリックすると元のサイズで表示します

2007/4/30

ホテルでミーティング!  移動の達人

本音炸裂の「奇跡の出会い」が始まっています。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/4/30

サクッと奇跡の出会いinあいち@豊橋  ひとりごと

開催時間中何時に来ても、何時に帰っても構いません。
ドタ参歓迎(^o^)丿
詳細は・・・・クリック

本日のみの連絡電話
0☆0−☆0☆9−☆8☆8
もちろんmore携帯をご存知の方はそちらでも構いません。
電話で参加」も大歓迎です。
リアルタイムで参加者と「奇跡の出会い」ができます。

また、ブログにコメントいただければ(ほぼ)リアルタイムで参加者とそのコメントを見て共有することができますので、どんどんメッセージをくださいね(^o^)丿

2007/4/30

毎日が瀬戸際  鈴木敏文

月末なので一ヶ月続いた連載も今日が最後である。
多くのことばを拾っておく。それぞれがそれぞれで考えていただければ良いと思う。

-------------
1.やるべき価値があると思ったら中途半端にできない。
2.「消費は経済学ではなく心理学」
3.「心理学的にどのように顧客の購買意欲を刺激するのか」
4.「出店政策に心理学がどう役立つのか」
5.「(母校中央大学の理事長を引き受け)少子化時代を勝ち抜くための学校経営の改革が民間企業から参画するわ足の役割だろう。
6.過去の延長ではなく、未来から顧みて何をすべきか考え、挑戦する。
7.成功する保証はなくても七割方可能性が見えたら挑戦してみることだ。
8.運もある。
9.仕事から手を引くまであと何段上ればいいなどと計算ずくで考えたことはない。
10.1日一日を精一杯生きる。
11.当たり前のことを当たり前に、ただし徹底してやり通す。

--------------

月刊「商業界」2006年2月号に「言われてみれば当たり前」のタイトルで数ページにわたって「イトーヨーカ堂出身の経営コンサルタント、元部下から見た鈴木敏文」という特集を書いています。
(書店にはもうありませんが数部なら手元にあります。ご希望ならプレゼントします(^_-)-☆)

さて、上記の11個(タイトルも入れれば12)から
何番のコメントを自分に置き換えますか?
コメントに書き込んで「ブログmoreディスカッション」でもして、商売繁盛に活かしましょ。

2007/4/29

ある社長のGW  ひとりごと

ゴールデンウィークはもともと映画の世界から来たと聞いています。でも、こんな時は映画を観にいきません(^^ゞ。

お仕事の方もいれば長期お休みの方もいて、いろいろな過ごし方があると思います。
20年以上、会社の業績が増収の社長はこんな過ごし方をするそうです。
-------
4月29日  家の掃除や片付けなど
     (子守もありそうですが・・)

4月30日  新緑を見に近場にドライブ、読書

5月3日  何もしない1日(今後の戦略と戦術を考える)

5月4日  午前中は読書
     午後からナゴヤドームにて横浜戦の応援
     (プライムシート席のチケットを頂きました)

5月5日  会社で書類などの整理と読書

5月6日  自宅の整理と休養と読書

少し長めのお休みですので有効に使いたいと思っています。
-----------

50代ですが、決して無理をせずご自身のメンテナンスをしながらしっかりとリフレッシュして言う感じがしますね。
日ごろから読書をよくされて、講演会などの勉強会にも積極的に出席している社長ですが「何もしない日」の設定が良いですね。
実質的には「戦略(戦術)を考える」とのことですが日常業務の慌しさから開放された中で今後のことを考えるのも一考です。

毎年この時期はアポイントが多くないのでOfficeでの仕事が中心になります。
だから大好きでも日頃食べるのを控えている“餃子”をいろいろなお店から買って来て食べます。思いっきりニンニクを堪能します(^_^;)。

お天気もまずまず・・・、充実した時間を過ごしましょ。

未来を見据えたくなったら
30日に(豊橋で)待ってます(^_-)-☆よ

2007/4/29

新しい携帯から。  移動の達人

12年近く使っていたドコモからソフトバンクに変えました。番号はもちろん変わっていませんがシェアが代わる瞬間とは、こんな感じなんだろぅ、と思いました。

2007/4/28

決断する!  鈴木敏文

日々刻々と変化するのは、お天気ばかりでもなく経営も同じです。

雨が降りそうなら傘を持って出かけるだろうし、台風が接近していれば外出を控え強風や大雨に備えるでしょう。そこを怠ってしまえばびしょ濡れになるし大きな被害が出てしまいます。

その判断とタイミングは自分の意思決定です。
-----------

気の短いトップを持つとスタッフは大変だが、経営は決断したらすぐに実行することだ。

-------------

先送りすれば、解決できるわけでもありません。


2007/4/27

サクッと出会いましょ。  ひとりごと

ゴールデンウィークスペシャル・イベント:4月30日(月)開催。

サクッ奇跡の出会いinあいち豊橋

・ビジネスプラン個別“無料”相談
・プレゼンによるブラッシュアップ
・参加者同士のディスカッション
・ビジネスマッチング
・ビジネスチャンス閃き
・アイディア出し無制限
・真剣アドバイス
・今回だけのスペシャルコンサルティング(「戦略シート」持参してくださいね(^_-)-☆

集合:豊橋駅(東口)改札、PM4:00
スケジュール:
PM4:00〜ビジネスチャンス拡大、ブラッシュアップpart1
PM6:00〜「課外講義」、ブラッシュアップpart2
PM9:00〜スペシャルコンサルティング
PM11:00〜ここだけの話、ブラッシュアップpart3
エンドレス〜それは言えない・・・

参加者数によって内容の変動あり。
・PMWさんは最初から参加表明済み
この内容でどんなリアクションがあるか!?

2007/4/27

最も成功した外資  鈴木敏文

セブンイレブン中国展開の責任者の一人、麦倉弘氏は、IY時代に自費で「アメリカ流通視察」へ行った時に優秀店長(確か当時の船橋店)の一人として参加していた方だ。

先方はご存じないと思うがこっちは若造で、「すごい店長がいるんだなー」と名前はしっかり覚えている。アメリカ視察中も何度かお話をさせていただいた。

---------
・最も苦労したのは取引先の開拓だ。
→それでも困難であればあるほど乗り越える意欲を燃やした。

・接客サービスでは文化のが立ちはだかった。
→地道な努力は開店後に大きくを結んでいった。

・「牛島君分かっているな。」
「ハイわかっています。やり変えます。」
→話はそれだけだったが、その日、責任者自ら徹夜でレイアウトをすべて変えた。(手直しされた売り場は北京の人々にセブン-イレブンがどんなお店か一目でわかるような陳列に大きく変わっていた。)

・トップと社員が一言で了解する。
→企業のDNAを共有しているからで、私がダイレクトコミュニケーションを重視する理由もここにある。

(セブンイレブン)直営店50店舗、ヨーカ堂は北京6店舗、成都2店舗。

-------------

直接,人に会って話をすることや企業のDNA=価値観を共有することはmoreのスタイルとまったく同じ。

「奇跡の出会い」を繰り返して“会って話をする”ことがどれほど価値があるかも実感できる。


2007/4/26

自分ではわからない  ひとりごと

様々なビジネスキャリアを持つ方がいます。

とんでもない発想をする人もいます。

限られたお付き合いの中では到底及びませんが、実際にいろいろな人の話を聞いたり見たり読んだりするのは刺激的です。

そしてじっくりと(飲みながら(^^ゞ)話をしているとそこで意見交換ができて全く新しいアイディアが化学反応のように生まれてきます。それをさらに進めていくともっと発想が膨らんできます。
でもここまではよくある話で“一晩”で消えてしまいます。

それを実現するためのトリガーをどれだけ早くするかがポイントでしょうね。

そしてその意見交換した相手と自分がいかに「ウマが合うか」が最も重要な要素でしょう。
いくら売れそうな商品があっても一緒にビジネスをする人間が信頼できなければ売れなくなったときに悲惨です。
売れない状況になったときこそ「よーし、一緒に頑張ろう!」と言い合えることが一番心地よい関係だと思います。

もちろんお互いの努力があってこその話です。
自分ひとりでは解決できない、あるいは打破できないことも助けてくれる人は結構身近にいたりします。でもどんな人がいるかやっぱりどんどん「会う」コトが自己発見には効果がありますね。

30日(月)、「サクッと奇跡の出会いinあいち」やりましょうかね。(詳細は順次ここに“掲載かも”・・・)
!(^^)!
今のところPMWさんの参加のみ決定!?

2007/4/25

新幹線を待たせる  移動の達人

出張は事前準備がモノを言う。行きあたりばったりは「臨機応変」とは全く違う。ダイヤの乱れがなければ予定した通りに移動できます。移動中を充実するために必ず指定席も確保しておきます。ホームには乗車予定の新幹線がちょうど入線して、悠々と乗車。曇り@富士山見えず。

2007/4/25

勉強の余地なんてたくさんある。  ひとりごと

見た目は冷静の雰囲気と落ち着いた感じなんですが、

「どうすればいいのかわからない。」とか
から手をつければいいのか・・」とか
「わかっているんだけどねー・・・」とか
「それは苦手じゃないですかぁー・・・」とか
検討してます。」とか

最後には
「(なかなか)難しいんですよね。」で締めくくる人って、結局「なーんもしていない」じゃん。
正確に言えば「結果出していない」のです。
でもそれは当然で、バットも振らないでヒットなんて出るわけないのです。
「打てるボールを検討してます!」って言っているようなもんです。
さらに打席に立たなければバットすら振ることもできません。
ベンチ入りできなければ打席すら立てません。

どうすればいいかって?
簡単です、「勉強せよ!
勉強のためにいくら自分に投資していますか?
姑息に目の前のお金で「安いだの高いだの」言っていませんか?

1回飲みにいっちゃえば1万円ぐらい、すぐ使っちゃうのに「セミナー1万円が高い。」感覚は早く正すことです。
(飲みに行く事は大いに賛成(^_-)-☆、「課外講義」は楽しいし有益だね)
ジュニアの塾やお稽古事でも毎月いくらかはかかります。

自分のビジネスの年商と自分への投資を考えてみてください。
いつも講演や「課外講義」でもお話しているように「勉強は投資ではなく実は“仕入れ”」です。

商品仕入れなくっちゃ売上が立つわけもありませんよね。
仕入れた商品が必ずしも売れすぎちゃうとも限りませんよね。売れ残るコトだってありますよね。
そんな時にどうするかが商売でしょ?

「どんな商品が売れますか?」なんて聞くんじゃなくて「こんな商品を見つけました。そしてこれをこうやって、ああやって、いくらぐらい売ろうと思いますが、もっと売れる方法はないですか?」
なら、どんどんアイディアでますよ。

今月(今年)・・・。
何冊の本を読みましたか?
何冊の本を買いましたか?
本屋(図書館)へ何回行きましたか?
何人の新しい人と出会いましたか?
勉強会(セミナー)へ何回出席しましたか?
自分が知った良い情報を何人の人に伝えましたか?
新しいスポット、お店に何箇所行きましたか?

moreに何回会いましたか?

2007/4/24

そろそろ・・・。  222,222突破

累計の総アクセス数が「95,000」を超えてきました。
アクセスカウンターが正常に動かなかった時期もありますから正確ではありませんが、たくさんの方が見ていただいた事実は残ります。

まさに「チリも積もれば」です。

ちょっとして一言で自分の気持ちが切り替わったり、新しい関心や興味が膨らんだりすることはよくあります。
自分自身を励ます方法は様々ですが、“知らない間”に「役に立ちたい」と思いで毎日毎日更新しています。

さぁて、「100,000アクセス」が見えてきました。
しばらくしたらまた、「100,000アクセス突破クイズ」を企画しますね(^^♪。

今まで以上にごひいきに・・・。

2007/4/23

NeverGiveUP  ひとりごと

「三つ子の魂、百まで」じゃないけれど、青春時代に経験したことは人生の中で大きな影響力を持つ。

同じようにその時期に感動したことは人生において、人間の肥やしになっていく。

中学時代に聴いた音楽はフルコーラスで歌詞を覚えている。
感動した映画は今でも鮮明に映像が思い浮かぶ。

ロッキー」もそのひとつ。
3人いる好きなハリウッド男優の一人であるシルベスタスタローンの大出世作。
ストーリーはシンプルだけれど、映画好きでもなかった学生時代に確実に衝撃を与えてくれた作品のひとつ。

それが5作のシリーズを経て、いよいよ「ファイナル」。

----------

「どんなに打ちのめされても、前に進み続ける。決して自分を諦めない」

「自分を信じなきゃ人生じゃない。叶わない夢はない。」

「何のために闘うのか。誰のために闘うのか。」

---------

しちゃう場面は青春時代のフラッシュバックと“ロッキー”のなせる業でしょうかね。
自分のおかれた状況と重なり合い、迷いや弱気が勇気やヤル気に変わるようにリセットできます。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ