2007/7/4

女子マラソン五輪メダリスト  ひとりごと

有森裕子さんはオリンピックのマラソンでニ大会連続でメダルを獲得しています。

日経に載っていたコラムで
「マラソンはスタートラインまでが勝負。」に反応してしまいました。

以下引用です。

---------
そこにいたるまでにしてきたことがすべて。
やっただけの結果しかでない。
さぼったけど不思議と速く走れたなんて軌跡は。決して起きない。
人生と同じです。
-----------

結果だけがすべてじゃないなんて言われますが、「結果はプロセスの延長」にあると思います。

アスリートだって、経営者だって誰だって「ヤル気」なんて十分にあります。
だから「ヤル気だけはあります!」なんてぜんぜん信用できません。
ましてや「今やろうと思っていました〜。」あるいは「これからやる“つもり”です。」なんてそれ以上にあてになりません。

結果を出しましょうよ。
でもそれが100点満点だなんて自分に期待し過ぎなくてもいいんです。
0点でも受け止めて次回はそれ以上の点数を取ろうとして努力をして結果を出すことです。

30点なら次は50点、50点なら70点・・・、とどんどんレベルアップしていくように行動するのです。

でも結局はいつになっても100点満点にたどり着けなくて・・。
それが自然とレベルアップしている証拠になりますよ。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ