2006/9/11

名前の意味  ひとりごと

「MORE研究所」と言われることがある。
よく似ているが違う。「MORE経営研究所」でもない。
正確には「株式会社MORE経営研究所」である。長くなるがどれが一字欠けても意味が違う。
個人の名前で当てはめて考えてみればよくわかるはずだ。

名前は何よりも差別化できるアイデンティティです。省略して言うこともあるが「名付け」にはその時々の思いがたっぷりこめられているはずである。名前がつくことでそこには「息吹」が吹き込まれる感じがする。
自分の子供に名前をつけた経験があれば理解できるでしょう。子供がペットに名前をつけた時はしっかりと世話をしたりするようになるのも納得がいきます。

商品名や店舗名も同じことです。
イメージを形にしたものが名前となって表現され、情報として伝わっていきます。その思いを伝えることとその意味を理解することは良好なコミュニケーション(=ビジネスも含めて)を実現する時にはとても大事なことです。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ