【 令和四年 弥生  2022年 3月の朔望 ☆ 満月= 18日  *           

2012/4/25

韓国桜紀行 二日目後半  韓国編

  クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します



  仏国寺を後に、
  昼食地となる普門湖畔に戻り、頂いたお弁当で各自昼食です。

   少し早かった慶州の桜ですが、梅も見事に咲き桜もチラホラ♪
  人口的に造られた湖ですが、湖を囲んでホテルや遊園地、公園があり
  静かでとても美しい町でした。

クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します





  慶州を後にいよいよ鎮海の桜を堪能することとなります^-^

<旅メモ>
鎮海の桜
釜山近郊でまず一番に名前が挙がるのが鎮海市(チネ)。
鎮海の軍港祭りは日本でも多くの韓国ファンに知られていますが
鎮海はその昔、旧日本軍の海軍基地として栄えた街で、当時
鎮海港は日本人によって多くの桜が植えられ、観光休息処となっていました。
終戦後、
日本の国花とされる桜をタブーとする風潮から
ほとんどの桜が切り倒されました。
その後、1962年、韓国の植物学者により、
鎮海に植えられた桜のうちもっとも多かった
王桜(ワンボッコ)の原生地が、
日本ではなく済州島だったと明らかにされると人々の認識も変わり、
再び植樹する運動が始まりました。
今では鎮海市全体で約19〜20万本の桜が植えられています。


 行く前にYOU TUBE で見ていた画像でしたが、そのとおりでした♪

 1日〜10日まで軍港祭が開催されています。
 私たちが出向いたのが9日、
 平日にも関わらず、溢れんばかりの人々です。
 ガイドさん曰く、
 このお祭り期間は職場も学校も、お休みしても無礼講なのですよ〜
 と、やっぱり韓国の方はお祭り好きです♪

 
 慶和駅あたりの雰囲気を少し〜


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


さあ、これから 余左川 ロマンス橋へ



クリックすると元のサイズで表示します

 人、人、人!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 川の両サイドの道路にはいろんな露店が出ています。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

 韓流ドラマ「ロマンス」というドラマがあったそうで
 ここでも撮影されたとか(私はドラマを観ていないのですが)
 で、ロマンス橋と名づけられているらしいです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 鎮海も釜山も桜、さくら〜 あいにく、
 慶州では満開の桜を見ることはできませんでしたが、
 他国でこんなに桜を堪能できたことは思い出深いものとなりました^^

クリックすると元のサイズで表示します


 濃密な時間を過ごしたものの、釜山の街(繁華街)を見れたのは
 移動のバスの中とわずかな免税店での買い物ツアーのときのみ(笑

 ソウルに劣らず、釜山も都会でした。
 車中よりウォーターフロントの高層ビルに驚く^^
  こんなに水際で津波がきたら・・地震がきたら、と思ってしまいます。

 日本と違い、
 韓国は地盤が固いので高層ビルの建設の安全可能だそうで、津波もOKなのでしょう。

 
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


 さて〜
 夕方になり釜山の宿泊地へ移動です。
 夕食と免税店&カジノツアーを残し、部屋に荷物を入れ再集合です。

 最後の晩餐となる、唯一の食事らしい「焼肉屋」さんで(笑)
 ツアー用のお安い焼肉を頂きました。

 その後、免税店とカジノ体験で90分〜
 そんなこんなで最終日が終了し、充実の2日間を過ごしました。


 翌朝、7時出発で空港へ向かい正午には自宅へ帰還!
 さあ〜 さっそくお仕事開始です☆

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

  

 
 
0
タグ: 釜山

2012/4/24

信貴山  十三屋にて   日々の出来事

  今年、年度代わりより当たってしましった自治会の役員。
  我が家の町は、昔から村なので古い慣習により行われています。
  
  バリ島のバンジャールほどではないにしろ(笑)
  水利のことももちろん、お祭りや子ども会、
  各種ボランティアのことまでいろんな行事が盛りだくさん・・・・
  会議はもちろん神社や地域公園のお掃除まで、
  いろんなことがあることを初めてしりました。

  そして、何よりも会長さんになれば(主人は副会長)
  役員さんに協力を請うもてなしを行わねばならないそうです。

  役員に選任された時にも接待をして頂き・・・
  会長になる方はお金持ちしか絶対なれませーん。。
  (現会長さんも 村で一、二を競うお金持ちですが(笑))


  ということで、

  22日の日曜日、小雨の中
  三役は奥方同伴ということでおもてなしをして頂きました。


  大変、ごちそうさまでした。
  これから二年間、よろしくお願いいたします。


  


  生駒山は近いけれど、信貴山となると奈良よりになり
  しばらくの間、送迎バスに揺られながら
  初顔合わせの会長婦人とご挨拶です。


  着いたところは、静かな料理旅館のようなところ〜
  静かなとても良い感じのところでした。

クリックすると元のサイズで表示します

  信貴山というところは、
  その昔、物部守屋を討伐するため聖徳太子が戦勝の祈願をするや
  毘沙門天王が現れ、必勝法をさずけられたとか。
  敵を滅ぼした太子は
  「この山は、信ずべき貴ぶべき山だ」として信貴山と名づけ、
  自らご本尊像を刻まれたそうな〜

  毘沙門天王の降臨が、寅の年寅の日寅の刻であったことから
  「毘沙門天王は虎に緑のある福の神」として信仰されているそうです。


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

  役員さん方14名とは別に、奥方(笑)4名は別室にて談笑会〜
  部屋から眺めもこじんまりしていていい感じ☆
クリックすると元のサイズで表示します

  この後も次々とお料理が運ばれて〜
  久しぶりに美味しい和食をいただけました。
クリックすると元のサイズで表示します

  とにかく、大勢事は難しい・・・
  家業の役員での前回の失敗に懲りて
  どうか無難に過ごしてほしいものです(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 自治会

2012/4/22

韓国桜紀行 二日目 前半  韓国編

 
 旅の二日目は、仏国寺から南下?満開の桜を求めて鎮海へ向かいます。

 慶州のホテルは、普門湖という湖の湖畔に建っていて
 付近には遊園地や公園、前日訪れた古墳を含め多くの遺跡が点在し、
 韓国の人達の観光地になっているようです。

 交通停滞を考慮し、六時半モーニングコール♪
 7時半にロビーへ集合です。

 バスにて、隣りにある韓式朝食が食べれるお店に移動です。


 
 
 早朝にも関わらず、
 朝食屋さんには大勢のツアーのお客さんが来ていました。
   
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 
 パン好きな私には、韓朝食は口には合わず早々に付近を散策〜
 このお店、ハングル文字ばかりなのであまり把握できませんが
 焼肉や料理屋さんカラオケなど、たくさんのお店が複合されて
 とても広い敷地には野外舞台も設置されていました。
 思わず、ここでバリ舞踊♪カッコ良さそう^^と
 バリ舞踊をしているお友達を思い出しました。 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 


 お店のいたるところに、お庭のヒントがあり^^それだけで楽しめます☆

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


 朝食を済ませ、仏国寺へと向かいます。

 クリックすると元のサイズで表示します
 日本の四十八箇所参りのように韓国でもあるそうで
  ここは23番札所となっているようです。

 世界文化遺産の仏国寺

 仏様の世界である仏国土を現世に再現することを目的として
 建設されたと言われています。
 創建の時期はさまざまだそうですが、
 増築、改修を繰り返しつつ約1000年に渡って繁栄を続けます。
 しかし、
 16世紀末に起こった文禄・慶長の役で大半の建物が焼失してしまいます。
  
 戦国時代とはいえ、
 惜しくもあり又今に至る反日感情(最近は薄れているらしい)も
 悲しい歴史の傷あとだなあとふと感じます。。


 
 
 木造部分は消失するも石造部分は当時の姿を残し、
 千年以上の歳月を過ごしてきているのです。
 
クリックすると元のサイズで表示します
 
 600年、700年時代にこんなに精密に組まれた石には驚きです。
 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 
 
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 一気に書くつもりが・・・・
 復習しながら書いていたら
 この性格〜(笑)脱線気味です^^

 進み具合が悪いので最終章は後半で〜☆
 
 

0
タグ: 釜山

2012/4/18

聞称寺 第27回 観ぼたん会のお知らせ  聞称寺 ぼたん会


  
   我が家に咲いた海棠さくら (4月11日撮影)
   クリックすると元のサイズで表示します

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   今年も聞称寺さんの観ぼたん会の季節となりました。
   
   春の訪れが遅いため、牡丹の開花予想が立たないとのことで
   坊守様はじめ婦人会の皆様方は気をもんでおられることでしょう。

   しかし〜 
   頂いた案内状に書かれているように
   期待を込めて!開催されるようです。


   いつも笑顔でお出迎え下さる皆様方のパワーで
   今年も美しい牡丹花を観賞させて頂けると思います^^ 

   クリックすると元のサイズで表示します

   所在地  東大阪市箕輪1−7−25
         真宗大谷派 宝樹山 聞称寺


0

2012/4/17

韓国桜紀行 一日目後半  韓国編

 
 ホテルに着き、キーを貰い自前で荷物を運びます。
 古びたホテルですが、以前はカジノもあったとかできっとその昔は
 日本のおじ様達が王様気分を味わいに来ていたのでしょう。。。
 部屋にはベッドが三台普通に置かれていました。

 当時の面影は残っていて、タイムスリップした感じです。


 サッと着替えを済ませロビーへ向かう。

 市内に出て、団体さん向け食堂にてお粗末な(笑)ビビンバを頂く。

 食事を済ませ集合時間、
 OPで「慶州の市場でマッコリと惣菜食べ放題と離宮の夜桜観賞」があるとこと。
 街中まで送ってもらうつもりだったが、
 「みんなでワイワイ盛り上がりましょう〜」とのガイドさんの言葉に促され(笑)
 男性団体&再来のグループ4人は別行動となり、10名での旅の続きとなりました。


 

 慶州駅 駅の中に入ると中庭のようになっています。
 クリックすると元のサイズで表示します 

 中には日本語で書かれた看板が残されています。
 これも日本の統治時代を偲ばせるものでしょうか。

 歴史のことはよく分かりませんが、
 昔から続いた戦争の爪あとは、
 私達が子供頃には詳細に教わらなかった歴史ですが、
 人々の心の奥底にずっと残っているような気がして・・・・
 文禄や慶長の役と言った言葉がガイドブックでもよく目に留まります。
 多くの遺産が焼き払われたことは惜しいことです。

 クリックすると元のサイズで表示します


 さあ、慶州駅から歩いて庶民の市場へと出発です。
 みんなでぞろぞろと市場を散策〜 
 安くてきれいだと、するめを買っておられる方もいました。

  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 
 そして、食べ放題、飲み放題はここのお店。
 海苔巻きや天ぷら、チジミ、トッポギ、等など・・・
 ガイドさんの言葉通りに、
 自己紹介はないもののみんなで楽しくおしゃべりが出来、
 一組のご夫婦は、我が家の最寄駅二つ向うと判明です(笑)
 クリックすると元のサイズで表示します

 そうこうするうちに市場から出たらもう真っ暗に〜
 午後8時です。
 ガイドさんは女性の40代位の方でしたが、長時間の添乗にも関わらず
 明るく穏やかで上手にサポートされてます。

 再びバスに乗り、


 雁鴨池・臨海殿址

  クリックすると元のサイズで表示します


 雁鴨池は、新羅の文武大王が三国統一を達成した後、宮城内に造成した池。
 当時は月池と呼ばれましたが朝鮮時代以降雁鴨池と呼ばれ、
 統一新羅時代
 新羅文武王 14年(674)の王族たちの宴会や会議、貴賓の離宮として使われた所。

 1975年の発掘調査の結果、原形どおり復元されたものです。
 今後も復元工事が続くらしく、いたるところで建設が進んでいました。


 途中でバスを降りて移動するほど、この夜も大勢の人出でした。
 真っ暗な中の散策は幻想的でしたが、
 日中にも全貌を見たいものだと思わせます。

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

   
 ガイドさんは、とても優しい方で
 「波の静かな水面に建物が映る美しさを観てもらいたくて〜」と、
 そんな言葉に〜82歳のお年寄りも暗い中離宮をぐるっと一周しました^^

 クリックすると元のサイズで表示します 

 おかげで美しいライトアップされた離宮を観賞することが出来ました。
 クリックすると元のサイズで表示します

 宮内の桜の木はとても大きく&ライトの明るさが半端じゃなく(笑)
 親子連れが写真を撮っています。
 クリックすると元のサイズで表示します


 部屋に戻ったのは午後10時前、
 明日は釜山の方へ戻るので、渋滞を避けるため早めの集合です。


 こうして長い一日目が終了しました・・・

1

2012/4/16

韓国桜紀行 一日目  韓国編

  二度目の韓国 行き先は 釜山 です。

  今回見つけたのは、阪急トラピックスのツアーです。
  全食事&二泊&観光付き、
  ホテルランクはワンランクアップという触れ込みで
  二人で10万円でお釣りがきました。

  観光目的なら、
  こうしたツアーが安くて便利でいいなあ〜というのが感想です。


  KE 0732 便  11:25 発 
  わずか一時間ちょっとのフライトにも軽食を頂けます。
  そして、これがまた〜普通に食べれるお味です(笑)


  そうそう・・・
  早めの集合でしたが、
  空港は入国審査までの行列の長さは過去最高の長さでした。

  近安ということも有り、釜山便も飛行機は超満席でした。
    
  右端は、釜山上空画像です。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


  空港でガイドさん共々全員が顔合わせ〜
  さあ、慶州に向けて出発です。


   慶州について

  釜山からバスで一時間余り  
  慶尚北道の南東部に位置する慶州(キョンジュ)。
  かつては古代王朝新羅の王都として栄えました。
  多くの遺跡や文化財が集まり、見どころたっぷりの街です。

  さすが桜繋がり?・・奈良県奈良市と姉妹都市だそうです。

  ちなみに新羅とは1千年も続いた都なのです。
  

  21年前から慶州マラソンも行われるようになり
  観光地としても人気のエリアになってきているようです。
  今年は日本人参加者1400名余りで過去最高、
  ハーフマラソンで日本人女性が優勝したとか〜
  

  慶州の桜は満開ではなく、まだ少し早そうかな・・・・
  それでも前日のマラソン大会と日曜日とあってたくさんの人出です。

クリックすると元のサイズで表示します 

  右端の画像は公園のあちこちにある古墳、
  豪族のお墓で(入り口がない為か?)
  まったく盗掘されてなくそなまま保存されているらしい。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



  瞻星台[チョムソンデ]
  東洋一古い天文台。7世紀につくられました。
  単純に石を組み上げただけのようにも見えますが、
  361個半の石を使い緻密な計算に基づいて作られているそうです。
  クリックすると元のサイズで表示します

  なんか浪漫ですねえ♪
  1300年前にどんな思いで星を観測していたのでしょう〜
  エジプトやローマも然り、古代人はスゴイですね。


  散策が続きます。
  例年なら、この風景は緑の部分が菜の花畑で山面は桜色になっているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

  菜の花畑を横断し半月城跡へと斜面を登ります。
  道にもなっていないただ岩でゴツゴツした斜面を無造作に登るところが
  韓国らしいのでしょうか(裏道なのでしょうか)

韓国では城跡とはこの岩の地面だそうです^^
クリックすると元のサイズで表示します

かささぎの巣(中央の丸い形)
クリックすると元のサイズで表示します

  なんでも、秀吉が持ち帰ったとかで日本では天然記念物になっているそうです。
  朝鮮半島ではしあわせを運ぶ鳥だと聞きました。
クリックすると元のサイズで表示します

  半月城跡に残る氷室         内部
   クリックすると元のサイズで表示します     クリックすると元のサイズで表示します

  城跡を表側から降りると(ちゃんと道はありました(笑))
  チャングムのロケの一部が行われたとかで看板が〜
  韓国はいたるところにロケ地マップが有り楽しい♪
  クリックすると元のサイズで表示します


  朝7時起床で8時過ぎに我が家を出発、
  9時半集合でお昼は機内食のみ、皆さんドライブインでお菓子などを買い食い^^
    ここまでで今日の前半は終わり、一旦ホテルにチェックインです。

  この時すでに夕方5時ごろだったでしょうか、長丁場です。
  そして、平均年齢は65歳位?それ以上??
  皆さんかなりお元気です(笑)


  荷物を置いてから再度集合で、夕食と慶州夜桜見学が始まります。


  *******
  
           ちょっと休憩です〜(笑)
  

0
タグ: 釜山

2012/4/14

韓国桜紀行3日間 Prologue  韓国編

  

   2012年 4月8日〜10日 (快晴の旅となりました)

   釜山 慶州 鎮海 と 桜を追っての旅に参加しました。

   参加者 総勢20名、
   3日間をすべて共にする団体ツアーは初めての体験でしたが
   これもまた、中々楽しい経験となりました。   


   今年の春到来は少し遅かったので、
   咲いているかとヤキモキしていましたが、期待を裏切ることなく
   美しい桜に出会えました。

   遺跡など観光地も少し巡ったので画像を整理し
   旅の想い出も残したいと思っています。

      
   私の中で
   「行ってみたい国」の候補にはなかった(笑)韓国ですが
   韓紙工芸を始め、歴史ドラマを観始めてから、
   韓国は、とても興味深く近い外国となりました。

   好きかと聞かれれば??(笑)
   
   ともあれ〜
   見知らぬところへ出掛けることは楽しいものです♪



   回顧録の始まりです^-^

   ゆっくりのアップとなりますが、宜しければ〜また覗いて下さいね。



   
   *鎮海の桜*
   クリックすると元のサイズで表示します

0
タグ: 釜山 鎮海 韓ドラ

2012/4/4

桜が咲いてきました♪  趣味の教室 韓紙工芸


  いよいよ4月!

  桜の咲くのを心待ちに過ごす日々です♪

  先月、そして、昨日の猛風で二度もトレリスが横転・・・・
  今日はまたまた少し位置を変えました。

クリックすると元のサイズで表示します

  近頃、動きが悪いのか?体重が増加気味です。。
  なので、午前中の一時間ほど散歩がてらにウォーキングを始めました。
  近くの遊歩道、桜も桃も木蓮も
  日々観察すれば〜 とても心地良い気分です^^

今日の景色(携帯画像)満開のもも&桜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

  そして〜
  今日の寄り道は近くのスパーの花屋さん

  薔薇がお買い得!20本で500円♪

  さっそく無造作に投入れです〜
  横にある小さな引き出し箪笥は、今回の韓紙工芸課題です。
  三週間空いていたのでゆっくり出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します


  課題作品の先生の作品といつも早い仕上がりのHさんの作品。
  かなりイメージがかけ離れましたが、いつもの事?(笑)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

  二月、お伊勢参りで知った「伊勢型紙」というもの。
  偶然、いつも買っている月刊ファッション誌に伊勢型紙のことが
  掲載されていて、その写真を引き伸ばし型紙にしました。
  蔦から草模様だそうです。

  茶色地に黒で型紙を切り抜き、天とサイドを囲ってみました。
  取っ手は、自前で真珠を仮付けしてみました。

  今回は「伊勢の想い出」なんて題を付けてみました(笑)
クリックすると元のサイズで表示します


  いよいよ〜8日は慶州の桜祭りに出かけます。
  咲いているかと心配でしたが、咲いていそうで〜
  お天気も行ってる間は晴れ模様♪

  なんだかわくわくする春到来です^-^

0
タグ: 韓紙工芸 陶芸



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ