【 令和四年 弥生  2022年 3月の朔望 ☆ 満月= 18日  *           

2022/1/19

先生、ありがとうございました✝合掌  ガンと共存

2017年 6月

親戚の叔母に連れられて
初めて受診をし
大阪国際がんセンターを紹介して頂いた先生。

おかげで、
翌月には手術、
余命宣告の命が今に至っています。


医者の不養生とおっしゃってましたが

先週荼毘に付され
天に召され、られました。。

夫の病気のことをずっと相談にのって下さり
若い父?
年の離れた兄?
優しい先生でした。


今ある 夫の命は、
先生に道を付けて頂いたようなものでした。

先生、
お世話になりありがとうございました。

どうぞ安らかにおやすみ下さい。

アーメン🙏


0
タグ: 森ノ宮



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ