これまでの検査・治療経過はこちら

2006/7/27  1:21

「夫リンパ球免疫療法(第2回)」  病院

基礎体温【36.51】度 周期7日目

今日はリンパ球注射の日でした

待ち時間の友、今回はこの本です。

村山 由佳さんの、直木賞を受賞した「星々の舟」という作品が結構よかった記憶があるので、図書館から借りてきました。

やはり、予約時間を1時間ちょっと過ぎた頃に呼ばれ診察室へ。
2回目なのでそんなに痛くないだろうと思いつつも
緊張で少し体がこわばる・・・
前回と同じ右腕を出したら
医者「右腕がいいの?」
私「いえ、どちらでもいいんですけど、換えたほうがいいですか?」
医者「そうだね〜」
ということで、今回は左腕。
ハッキリ言って、
前回よりも痛かったような気がする。
1発目からすごく痛くて、
頼むから5回に分けずチャッチャとうってくれ〜 
って感じでしたよ。
しかもラストの1発
医者「う〜ん、どこがいいかな」って・・・。
迷うな〜!早く終わらせてくれ〜!
でも、前回「そんなに痛い?」と言われたので、
声を出さないように堪えました 負けず嫌い・・・

今日も5460円でした。

クリックすると元のサイズで表示します
7/28 注射痕です
 かゆいよぅ

___________________________

旦那の実家の感想を少し。
かなり、姪っ子に助けられました〜 
めちゃめちゃかわいくて、しっかりした3歳の女の子で、
お義姉さんが仕事に行っている間、実家に預けているみたいです。
初めはおばあちゃんの陰から様子を窺っていましたが、
一緒に遊んであげたらもうベッタリで
旦那と間に挟んで手をつなぎ、散歩に出掛けたりしました。
「早くこんな女の子欲しいなぁ〜」と、ちょっと 
おままごと、ぬり絵、カルタ、かくれんぼ・・・
楽しいと、同じ事を何度も繰り返すんですよね〜。
なかなか体力が必要です 

お義母さんとは、姪と3人で散歩・買い物・昼寝をしたりと、
以前より緊張が解け、普通に会話できました。
あとは、
 ・出来ることは手伝う。でも出しゃばり過ぎない。
 ・話は聞き役に。余計な事をベラベラ喋り過ぎない。口は災いの元なので・・・。

だけ気を付けてきましたよ〜。
自分では大きな失敗はしていないと思うけど・・・、
帰ったあと、どんな風に思われたか少し心配です 
これからも仲良くしていけたらいいなぁ〜。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ