これまでの検査・治療経過はこちら

2006/7/13  21:39

夫リンパ球免疫療法(第1回)  病院

基礎体温【36.91】度 周期21日目

いよいよリンパ球注射の日がやってきました
噂では相当痛いそうなので、気合を入れて病院へ

予約の時間より10分早く着いたので、
図書館で借りておいた
川上弘美さんの「なんとなくな日々」というエッセイを読む。
普段はエッセイをあまり読まないのですが、
現実と妄想の境界みたいな雰囲気が気に入って借りました。

40分待ち、自分の番号が表示されたので診察室へ。
「あれ、今日リンパ球だっけ?」と担当医。
「はい、そうです。」
「看護婦さ〜ん。neko_mamaさんのリンパ球用意できてる?」
「すみません、予約がもれていたみたいで、これからリンパ球取り出すので30分位待っていただけますか?」
(な〜に〜〜〜!?
また待合室へ戻り、本を読み終え少しイラっとしていると
 ピンポ〜ンと私の番号が表示され診察室へ。

「お待たせしてごめんなさいね。これがリンパ球ね。旦那さんの感染症も問題なしでしたから。」
細い注射器に透明の液体が入っている。
「皮膚の下の1番痛いところに5回くらいに分けて注射しますからね〜。腕を出してください。」
 チク  (あ、そんなでもないな)
 チク  (あ、ちょっと痛い)
 チク  うぅっ 「あと2回ね〜」
 チク  うぅ〜 「そんなに痛い〜?」
 チク  はぁ〜。「はい終わり」
思ったほどではありませんでしたが、それなりに痛かったです。
処置室でやるのかと思ったら、
診察室のデスク前でチャッチャと注射。
やっつけ仕事だな・・・。
2・3回目の予約はしっかり入れてもらい終了。

別に具合も悪くならなかったのでサッサと帰宅。
今日は5460円でした。(万いかなくて良かった〜)
とりあえず、あと2回注射して再検査だそうです。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ