これまでの検査・治療経過はこちら

2007/3/18  23:26

1泊2日入院  病院

基礎体温【36.83】度 周期1日目
理想的な高温は、やはり単に薬の影響だったらしく、
あっさりリセットです 


先週の金・土と1泊入院してきました。
体調が悪いと言うわけではなく、
首のポッコリ(以前の記事参照)の治療です。
またこんなに大きくなったので・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

何度抜いても溜まるからと手術での除去を勧められましたが、
子作りの事もあり、できれば避けたいなぁと思い
インターネットで見つけた甲状腺専門病院へ行ってみたら、
PEITという「結節性甲状腺腫(のう胞)に対するエタノール注入療法」をやってみようという事になりました。

・内容を吸引してから無水エタノールを注入する。
 エタノールの脱水作用でのう胞が縮小される。
・効果は個人差があり、1回で軽快しない可能性がある。
・注入後、炎症や痛み、発熱、エタノール(アルコール)により、
 酔ったような症状がでる可能性があるので1泊2日の入院が必要。


物心ついてから初めての入院なので、緊張と不安でいっぱいでした。
4人部屋で、私のほかに2人の患者さんがいました。
その2人は甲状腺のしこりの手術で、約2週間の入院みたいでした。
偶然、私と同じ地方出身のおばあちゃんがいて、
昔の思い出話などいろいろ話し込んだり、
売店が無いので差し入れのお菓子を分けてくれたり、
2人ともとても親切にしてくださって、思ったよりリラックスして過ごせました。
9時消灯、6時起床はかなりきつく全く眠れませんでしたが・・・。
普段は2時就寝、9時起床なので 

治療は、エタノールを注入した瞬間
強いお酒を飲んだみたいな、カーっ
焼けるような熱さが襲ってきました。
その後、安静にするように言われたので、ベッドでずっと編み物をしてました。
のどに嫌な感じはありましたが特に体調に変化は無く、
別に入院しなくても良かったなぁ、という感じでした。

晩ごはん
クリックすると元のサイズで表示します魚の南蛮漬け
朝ごはん
クリックすると元のサイズで表示しますパン、エビ団子のトマト煮
病院の食事にパンというイメージが無かったので、ちょっと驚きました。
私は食べませんでしたが、初日のお昼はパスタでした。
色んなメニューがあるんですね〜。

翌日エコーで大きさをチェックして、10時には退院しました。
私はのう胞が大きかったので、1回では縮小できないかもしれないようです。
大きくなるのを防ぐ「チラーヂンS錠25」
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se24/se2431004.html おくすり110番より

というホルモン薬、1カ月分を処方されました。
クロミッドと併用しても影響ないそうで安心しました。
飲み終わったらもう一度で診てもらいます。
このまま小さくなってくれるといいんですが

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ