2010/2/22

22年2月22日  リフォーム・DIY

本日は2のぞろ目の日です。
朝、テレビを見ていて気づきました。
私の様に気にしていない人ばかりではなく、
この偶然を商売にする人、楽しみに待ち望んでいた人は
たくさんいる様で、今日大阪駅はJRが売り出す記念切符を
求める人ですごい行列ができていた様です。
息子がたまたま大阪駅に行った時、混雑に遭遇して困ったそうです。

また、今日たまたまお客様のご契約がありまして、
契約書に22222の日付を書き込みました。
偶然なんですが、ぞろ目って何となくめでたい様な、
嬉しい様な気持ちになりますね。
0

2009/6/14

柿渋塗装  リフォーム・DIY

クリックすると元のサイズで表示します

伏見桃山で行っている辻邸リフォーム工事も仕上げの工程になりました。
今回改装した部屋で、柿渋の塗装仕上げをします。
既存の梁を現した天井は、柿渋の希釈液を塗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

床は杉板を張った後、柿渋に松煙を混ぜたものを塗ります。
壁は同じく杉の羽目板を張った後、柿渋にベンガラを混ぜたもので塗装します。

柿渋は、1L当たり2,000円前後で購入できます。
安くて施工性も良いので、その気になれば、ご自身でも塗れる材料です。
DIYリフォームの塗装には、非常に便利です。一度試してみてください。

0

2009/1/23

蔵・改修  リフォーム・DIY


K邸蔵改修工事

ようやく、壁土の補修ができました。ですが・・・この所の雨模様と寒さで
なかなか、乾燥しません。土が乾燥しないことには、仕上げの焼板を張れませんのでまだ、相当時間が掛かりそうです。
0

2009/1/13

蔵・改修  リフォーム・DIY

クリックすると元のサイズで表示します

交野市K邸改修工事
蔵の外壁焼杉張りの部分が雨水の侵入により腐ってボロボロになっていました。
板を剥がした状態の写真です。雨水の侵入の激しいところは、壁土がはがれ落ちて竹小舞がシロアリに食われてなくなっていました。幸い柱など主要な構造部には被害は及んでいませんでしたので、一部壁土をつけ直して、焼杉を張り直す工事になります。

壁土の落ちている上の部分と下の部分と土の付き方が違うと思いませんか??ちょうど土の落ちているあたりが地面から2メートルぐらいの高さになるのですが、下の部分は、土の塗り厚が25センチほどあります。それに対して上の部分は、15センチぐらいの塗り厚です。土の状態も、下はスサ(土に混ぜるわら)が充分入れられていまして、粘りがあります。対して上はスサも少なくサラサラとしています。防火の目的で付けられる土も下の部分は、泥棒を警戒してより防犯性が増す様な仕様と造りになっているのです。昔の人の素晴らしい知恵ですね。
0
タグ: リフォーム

2008/11/23

銅板一文字葺き  リフォーム・DIY

クリックすると元のサイズで表示します

K様邸の銅板一文字葺きの場合、既存の銅板との取り合いに違和感を出したくないというお施主様の意向がありましたので、他金属を使わず、通常よく使用される厚さ0.3ミリや0.35ミリより一段厚い0.4ミリのコイル巻き銅板から切り出した平板を使用しています。そして、切り出した銅板を、はぜ折りしたのち常盤の上で拍子木を使ってたたいて二枚の銅板を一枚に加工します。
銅板の特徴でほかの金属屋根にない特徴のひとつが、緑青という銅の錆の一種で、この緑青が、銅板屋根に発生すると、表面をおおい錆を中まで浸透させないように銅板自体を守る働きがあります。
銅板は、やわらかく、たいへん加工しやすい材料なのですが、注意しなければいけないのは、電位差のある金属とひっついた場合、雨などでぬれると腐食する性質があるのです。例えば、銅板とガルバリウム鋼板、亜鉛メッキ鋼板などを並べて使用すると腐食が起こりますので、この様な組み合わせは避けなければなりません。
今回、K様邸でもあちこちでおきています酸性雨の影響による穴あきは、和瓦等から、ポタポタとしずくが集中的に落ちる場所でどうしても発生しやすくなります。
そのような場所では、捨て水切り等などを付けたり、厚い銅板を使用するなどの対策をとった方がより長持ちします。



1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ