2007/1/10

十日戎  スローライフ

クリックすると元のサイズで表示します

大阪では、十日戎が終わらないと正月気分が抜けないという人も多いと思いますが、私も、会社の氏神様でもあります「住吉神社」(交野市)の十日戎に参らないと、落ち着きません。ここ交野戎は、大阪の今宮戎の人手とは比になりませんが、それでも地元の商売人をはじめとして老若男女で賑わいます。

皆さんお気づきでしょうが、戎さんの本殿の傍には、必ず銅鑼(どら)がおいてあります。あれは、戎さんは耳が遠いから、「お参りに来てまっせ。よろしゅう頼みまっせ。」という催促を銅鑼をガンガン鳴らして、知らせているのやそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

福娘もいますし出店もちゃんとあります。
えびっさん、交野の景気上昇商売繁盛頼みまっせ!!
0

2007/1/7

年賀状  スローライフ

今年も、皆さんから想いのこもった年賀状を沢山頂きまして
ありがとうございました。
その中でも、特に、印象に残った賀状を紹介致します。


クリックすると元のサイズで表示します

まず上の賀状は交野市にお住まいのKさんから頂いたものです。
Kさんは、古い町並みや建物に興味を持っておられまして、全国各地に
スケッチ旅行をされています。作品も数多く、すばらしいです。
Kさんのブログは、ほぼ毎日の様にすばらしいスケッチが更新されています。是非、ご覧下さい。
Kさんとは、以前私が個展にお邪魔した時に、古民家再生やスケッチの
お話をして知り合いになり、賀状のやりとりをしております。
今年は、JMRA関係でもコラボできればと考えております。

クリックすると元のサイズで表示します

次の賀状は大阪市にお住まいのIさんから頂いたものです。
この風景は昨年、大峰山に参拝登山した時に、登山途中の悪天候にもかかわらず、山頂近くに着いた時に、上空の雲がちょうど画面奥の方から手前方向にものすごい勢いで流れ出しその雲の切れ間から、神々しい御来光が拝めた時のシーンです。

私も一緒に登っていましたので、その時の感動と、大自然の偉大さというか、一種脅威のようなものを感じ、全身鳥肌がたったのを思い出しました。


また、今年も皆さんと共に楽しい一年を過ごしたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いします。
0

2006/12/26

忘年会  スローライフ

クリックすると元のサイズで表示します

12月23日に今年最後の忘年会を行いました。
弊社の大工さんやら、業者さんとの親睦を図るものです。
会場は、毎年恒例のお寿司屋さん「宝寿司」(交野市私市)です。


飲んで食べてワイワイと語って、おおいに楽しみました。

今年一年皆さん、色々と御世話になりました。
また来年もよろしくお願いします。
0

2006/12/21

正月飾り  スローライフ

クリックすると元のサイズで表示します

皆さん、こんばんは。今年の冬は暖冬で過ごしやすい日が続いておりますが、みなさんの地域ではどうですか??

巷には、クリスマスのイルミネーションが煌めき、なんとなくウキウキしてしまう今日この頃ですが、おかしなもので、25日を過ぎると、その風景も迎春モードに一変してしまいます。そして、数日でバタバタと、大掃除をし、おせちや正月飾りの準備をして、大晦日。一夜明ければ、心静かに初詣。・・・日本人ってほんとに面白いですね。


そんな中、いち早く正月用のディスプレーでお客様を迎えているお店がありました。

蒔絵を施した重箱、赤漆の椀とお膳、祝い箸。ピカピカの派手さではない、上品な華やかさが、日本人の美意識にピッタリと合う飾りつけです。

店主のセンスの良さが、にじみ出ています。いかがですか???



0

2006/10/22

語り芝居  スローライフ

クリックすると元のサイズで表示します


先日、大阪天満宮で公演されました「日本神話への誘い」と題する浅野温子さんの語り芝居を見に行って来ました。皆さん、ご存知ですよね??女優の浅野さん!!
トレンディ女優で、一世を風靡したあの浅野さんです。
古事記の中の神話を題材にした語り芝居で、浅野さんが、語りべとして一人で何役もこなすと言うものでした。舞台には、50センチ程に伐ったいす代わりの丸太が二つ置かれているだけ。あとは、簡単な照明と音響効果のみの演出です。

ところが、さすが大女優ですね〜、2時間近い公演で最後まで声量が衰えることなく、千人近い観客を釘付けにしていました。みんな、鬼気迫る浅野さんの迫力に圧倒されていたのかシ〜ンとして聞き入っていました。不思議な事に、大阪のどまん中で交通量の多い1号線の近所なのに、しかも屋外にも拘らず、まったく車などの騒音が聞こえなかったのは、神がかりなのか?浅野さんの威力なのか??摩訶不思議です。

天孫降臨や、父子や男女の愛憎が現代風に脚色されていて、まさしく「日本神話への誘い」としては、「古事記」の原文を読んだ事のない私のような者にも入りやすい内容でした。




クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します に クリックをお願いします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ