2008/5/19

60年に一度の出来事  神事


クリックすると元のサイズで表示します


平成20年より出雲大社の御遷宮祭が始まっています。
25年完成予定の御本殿修造のため御祭りされている「大国主大神」が今、仮のお住まいである「御仮殿」にお遷りされています。

そして、普段は絶対拝観することができない国宝の本殿内部が公開されています。
今年のこの機会を逃してしまえば、次回の遷宮の時まで60年間拝見する事ができません。と言う訳で昨日、出雲大社に行ってきました。

御遷宮に伴う社殿の特別公開は、新聞やテレビなどでかなり報道されていましたので、非常にたくさんの方がお参りされていました。本殿を拝観するのに、3時間待ちと言うとんでもない状況になっていました。幸い私たちは正式参拝と言う事で、大社さんに事前に予約を入れていましたので、待ち時間なく、ご祈祷の後そのまま本殿に入らせていただくことができました。これも、神様のご加護でしょうか??


出雲大社は1744年に造営された古式様式である「大社造り」の代表的建築です。
写真の「拝観之証」は、平たく言えば入場のチケットなんですが、このチケットに描かれている図案が「八雲」と言われる本殿の鏡天井に描かれている極彩色の雲の絵です。
小さなチケットではその迫力は解りませんが、実物は想像以上にスケールが大きく、二百数十年前に描かれたものとは思えないほど、色鮮やかで迫力に圧倒されます。

八雲なのに、描かれている雲は七つしかなく、ひとつだけ逆方向に描かれている等、その真意が解明されていない謎を秘めた天井画です。

春の公開は終わりましたが、今年の夏休みにまた、期間限定で公開があります。まだご覧になっていない方は、是非、足をお運び下さい。感動は、保証します。












0

2008/5/17

N邸リフォーム完成  リフォーム・DIY



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

N島邸リフォーム工事が完成しました。
今回の工事は、狭いお風呂を広くしたい!
       収納力のないゴチャゴチャのキッチンを
       すっきり使いやすくしたい!

       という施主様のお悩みを解決するのが目的です。

今まで0.54坪で、しかも浴槽の上に階段があり天井が斜めになっている狭い狭いお風呂で我慢されていました。お風呂の配置を変更して0.75坪のお風呂を確保しました。
家電・キッチン収納と冷蔵庫のスペースを造り付けですっきりまとめました。
クリックすると元のサイズで表示します





床材は京都府美山産桧のフローリングを使用。壁と天井は、栃木県産の漆喰クリームを塗りました。

施主様の感想・・・「以前のジメジメした感じがなくなりました。部屋の空気が乾燥していて爽やかな感じがします。」私もそれは感じました。食品で例えるなら「無味無臭のミネラルウオーター」を飲んでいる様な爽快感があります。

これは、桧という無垢材と漆喰の調湿効果です。




0

2008/5/5

エンジョイズ合宿  草ラグビー

クリックすると元のサイズで表示します

5月3日〜4日、私がやっております草ラグビーチームエンジョイズの合宿がありました。


クリックすると元のサイズで表示します

連休後半の初日という事もありまして、現地に向かう道中
高速道路は大渋滞でしたが、爽やかな快晴のお天気に恵まれ、心地好い汗をかきました。

今回の合宿地は、淡路島の北部にあります東浦・佐野というのどかな漁村です。→→→クリックすると元のサイズで表示します
この佐野漁港の沖合いに広大な埋立地が運動公園として整備されていまして、テニス場やサッカー・野球のグランド等があります。

汗かいた夜は、水分を補給しなければいけません。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

という事で元気な中年ラガーマンの愉快な夜が過ぎて行きました。



0

2008/5/2

一閑張り  JMRA

クリックすると元のサイズで表示します

JMRAの11月に行われるフォーラムの準備のため、今日、奈良県宇陀市室生地区を取材しました。6年前少子化のあおりを受けて、廃校になってしまった小学校を文化芸術活動と体験型交流施設としてリニューアルされた「ふるさと元気村」を訪問しました。
 
室生地区という自然豊かな環境や特性を活かして、自然体験や文化芸術活動を通じて、地域やそこに住む人々が元気になってほしいという思いからこの施設が誕生したそうです。この施設では、芸術家の方が滞在しながら創作活動をしたり、元気村を訪れた方々に作品作りの体験を指導しながら、交流を深めています。

何人かの芸術家の方とお話をしましたが、私個人的に「一閑張り」の作品が非常に気に入りまして、自分でも作ってみたくなりまして、ついつい根掘り葉掘り質問してしまいました。

その先生が和紙に描いた絵や書もすばらしい作品があり、ちょうど「一閑張りとは何ぞや?」ということを書かれた書の作品がありましたので撮影しました。


ご存知ない方は、下の写真をクリックしてみてお読みください。

クリックすると元のサイズで表示します





0

2008/5/1

耐震診断  建築

クリックすると元のサイズで表示します


先日、N島様邸の耐震診断を行いました。
耐震診断は、建物の外部と内部(各部屋、小屋裏、床下)をすべて目視と診断機材を使って調べて行き、構造体の状況、筋交いの有無、腐食や劣化をチェックして行く作業です。
その現地データを元に耐震診断を行い、補強プランを提案する仕事です。

詳しくは、私が耐震技術認定者の登録をしている「住まいの構造改革推進協会」の耐震診断の流れをご覧下さい。




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ