2006/6/28

福井・富山研修旅行  暮らしと住まい

クリックすると元のサイズで表示します


6月16〜17日に富山・鯖江に研修旅行に行って来ました。

一日目は、国産の木製サッシメーカーのキマドさんを訪問して工場を見学しました。
ひとつのサッシで、内倒しと内開きの両方に使用できるように工夫されたサッシがあったり、製作納期の短縮のため水性塗料で塗装し、乾燥時間を短くする工夫をしていたり、廃材となるおがくずを固めてマキを作り、工場内の暖房燃料にリサイクルしていたりと環境に配慮した工場運営をされていました。


二日目は彫刻で有名な井波の「木彫りの里」と瑞泉寺の山門に残る見事な彫刻を見学の後、福井の鯖江へ向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します






鯖江では、越前漆と和紙の工房を見学しました。クリックすると元のサイズで表示します



漆塗りの器や作品を見学しまして、改めてその美しさと、日本の美意識のすばらしさに感動しました。

0

2006/6/27

S邸内部造作完了  建築

クリックすると元のサイズで表示します


大阪市住之江区で進めています「S邸」の内部の造作工事が終わりました。
この現場は、構造材の柱や梁と、内装材の床板や内法材などに宮崎産の「飫肥(オビ)杉」を使用しています。飫肥杉は、赤みの範囲が比較的多く、油分が多いのが特徴です。そのため、杉材の割りに湿気に強く、シロアリを寄付けにくい効果があります。そして宮崎県が、今、県産材の普及に力を入れている事もあって、比較的安価で入手できます。


施主の奥様お気に入りのキッチンも設置完了しましてだんだんと夢が形になっていく現場に感激されていました。クリックすると元のサイズで表示します





0

2006/6/26

京町屋の現場調査  建築

クリックすると元のサイズで表示します

先日、京都西陣にあります築110年余りの京町屋を現況調査して来ました。目的は、もちろん再生リフォームなんですが。


京町屋を専門に、数多く再生されている大工棟梁のT氏にもご同行頂きまして、約4時間ほど調査いたしました。施主とともに、この家の履歴を解明しながら、詳細に観察しました。

長年にわたる増改築による複雑な間取りにくわえて、建物の傾き、シロアリによる被害などもあり、再生範囲の見極めが難しそうです。

とりあえず、現況報告を出して、再生プランの検討と言う事になります。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/6/25

カブト虫のさなぎ  暮らしとファミリー

ずいぶんと久しぶりのブログとなります。
「ブログ」って、ウェブ上の日記ですが、どっか他人に読んでもらう事を前提に書いてしまう所ありますよね。

本来の日記ならば、他人に読んでほしくないものなのに???

だから、なんか特別な出来事がなければ、書かないみたいなところがありますが、「日記」なんだから、日々の些細な出来事を記録していくだけででいいんだ・・・と気持ちを新たにして、ほぼ毎日書いていこうと思います。(こんな宣言してしまっていいの??


ほぼですから、ほぼ・・・!と言い訳をしつつ、今日の話題に入ります。


昨年、リフォームをさせて頂いたTさんから頂きました「カブト虫」が、
順調に成長して、今日の深夜2時過ぎに幼虫からさなぎへと変身??しました。(Tさん、ありがとう
さあ〜寝よかと思って、歯ブラシをくわえながら、何気なく飼育ケースをのぞいてみると幼虫の背中がパックリ割れて、身をよじりながら、さなぎとして生まれ変わる様子を、運よく偶然に目撃しました。


クリックすると元のサイズで表示します

全身、まっ白で、今風に言うと、「グロかわいい」っか??
とにかく、夜中に、一人で見るものではありません。

かぶとむしの成長日記でした。
1

2006/6/7

「福嶋屋」が雑誌に紹介されました  暮らしと住まい

クリックすると元のサイズで表示します


昨年、再生工事を行いました茨木市の骨董「福嶋屋」が、北摂地区の建築・インテリアを紹介する情報誌に掲載されました。


大正レトロ風の落ち着いた感じのカフェでは手作りケーキと自家焙煎のコーヒーが頂けます。古伊万里を中心とした骨董品も、時代家具、陶器や
古着など、品揃えは豊富です。

写真の女将さん自ら、古着物のリメイクをされていまして、お洒落な作品も販売されています。

是非、一度お立ち寄り下さい。


人気ブログランキングにクリックをお願いします
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ