2007/1/22

珍しいものを見つけました。  里山保全管理

さてさて、下の写真をよ〜くご覧下さい。???
水面の反射でちょっと解り図らいですが・・・上の方の黒っぽいブツブツのかたまり→なんだか解りますか???とある池で見つけた物体です。???

クリックすると元のサイズで表示します

→→→答えは最後のお楽しみ。すみません、もう少し読んで下さい。

という訳で、改めて皆さん今晩は。一昨日の20日に里山管理のボランティアに行って来ました。以前にも紹介しました「ゆうゆう会」の活動です。
私は今年最初の参加でしたので、今年一年の活動の安全を祈願するために地元倉治地区と交野山の守護神社である「糸吉神社」に参拝しました。その後、登山道の手すり(竹製の柵なんですが・・)が痛んでいる所を取り替えたり        
クリックすると元のサイズで表示します


トンボ池周辺の落ち葉や雑草の清掃を行いました。
          
クリックすると元のサイズで表示します


このトンボ池は、ゆうゆう会が、悪化した水質の浄化を行っている池です。本来ここに棲みついていたであろう生物をもう一度取り戻す為に、清掃管理と生物の繁殖保全を行っているビオトープ的な池です。


ここで最初の問題の答えですが、皆さんお解かりになりましたか??

実はこのトンボ池でゆうゆう会が、繁殖させましたとある生物の卵が答えです。その生物とは、にほんあかがえるです。卵はグロテスクですが、親ガエルは目のクリっとしたかわいい蛙です。この蛙は、本州より南の森や草原の水辺に棲んでいます。冬に卵を産みそのまま越冬します。

今は水温が低いので、水底の土の中に潜んでいる動物も、春先になると元気に泳ぎ出してくると思います。この池の水が温むころに、そんな生物の紹介もして行きますのでどうぞお楽しみに!!!
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ