2010/3/30

オーストラリアGP  F1GP

前回とはうって変わってめまぐるしい展開のレースでした。
ビデオで3回も見直してしまいました。
特に盛り上げてくれたのは、マクラーレンのハミルトン、レッドブルのウェーバーだったと思います。ミスもありましたが「前のマシーンを抜く」と言う姿勢がよく見えました。フェラーリ・アロンソも「抜く」と言う事に関してはほぼ最後尾から4位なので良いのですが、チームメートのマッサを抜けなかったのが残念でした。マッサと言えば抜かれるシーンが多く微妙でした。
今回のレース、楽しませてくれた2人は6位と9位と言う残念な結果(接触するまでは5・6位)でした。前を抜けなかったマッサが3位(スタートは素晴らしかった)。どちらが良かったのでしょうか?

次戦は連戦で今週末です。また楽しませてほしいです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ