2007/8/28

トルコ  F1GP

何とも言えないレースでした。何と、リタイヤしたのは、M・ウエーバー1台だけ。しかも、抜きやすいと言われるコースでバトルによる追い抜きはほとんど無し。簡単に言えば退屈だった。
以前不評だった1発予選。この時の方が順位は結構混ざっていたかなぁ〜と今になって思います。補給無しの1発予選。これも結構いけるののではないでしょうか。燃料量の差で中位のチームも予選では上位に食い込んだり、予選はダメでも決勝は自信があるなども出来るのと思うのですが。

チャンピオン争いは上下が縮まったので次戦以降面白くなりましたね。
0

2007/8/20

狭くなって来ました。  らんちゅう

先週は、お盆で宿の方が忙しく更新する事が出来ませんでした。ごめんなさい。

写真は今年の夏、安乗の浜を撮ったものです。太平洋側です。いい感じで撮れたので載せてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

らんちゅうの方もかなり放って置かれたので水もずいぶん青水化していました。4個有る水槽の水を順次換え当歳の稚魚を見るとやや大きくなって目先、コブの出てきてるのもいくらか見えました。大きくなったせいで水槽が狭くなって来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

見にくいと思いますが網がないと水が反射してらんちゅうの方が白く写ってしまうのでお許し下さい。
0

2007/8/9

ハンガリーGP  F1GP

今週のハンガリーでは、微妙な2人の関係が大きく取りざたされていました。ここでよく出てくるのが89年のセナ、プロストの話です。当時の両ドライバーは共にワールドチャンピオンでした。その前年、88年、プロストとの関係はそんなに悪くなかったように記憶しています(88年は移籍1年目のセナがチャンピオンになりました)。その時(89年)は2人の偉大なトップドライバーの負けられない争いと言う事でわくわくしていましたが、何か、自分が年を取ったせいか、2人の争いが薄く(?)感じてしまいます。結果、ハミルトンがチャンピオンになったら他のドライバー、他のチームは何やってんだ〜。と思う事でしょう。個人的には、ハミルトンが嫌いなのでは有りません。他のドライバーが情けないと思うのです。例えば、野球でも、新人が最多勝、ホームランキングなどになったら今まで居た人達に何やってんだ〜と思うのと一緒です。批判的な話ばかりになって終って済みませんでした。そう言えば、前戦のヨーロッパGPは面白かったですね。1週目の大雨で大混乱。応援するクルサードも久々に入賞しました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ