2005/8/15

ウミガメ  宿情報

先月産卵したウミガメの卵を移動させるというので3人で行って来ました。現在、浦の浜は半分ぐらい完成していて今も工事は続いています。残りの所に今ある砂を取って入れ、全体にもう一度砂を入れるそうです。そうなると、せっかく産んだカメの卵が孵化できなくなる可能性が出てきます。県の方、工事関係者など来てくれてこの場所なら大丈夫と言うところに移動させました。あんなに大きなカメなのに卵のある場所は以外に深く、しかも穴はほぼ垂直で筒状に掘られていました。この時、卵を触らせて頂いたのですが、卵と言うより皮を触っているような感じで弾力があるように思いました。
孵化するときにまた行けたら良いと思うのですが、なかなか巡り会えないと言う事(早い時間なのか、夜遅くなのか、満潮、干潮どちらが良いかわかっていない)なので出会えたらラッキーという事にしておきます。
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ