2006/1/8

ピコの助誕生!(2)  セラヴィ(出産・育児)

今日はお友達がたーくさん午後から面会に来てくれました。子供たちも入れて総勢15名。。まぁおにいコタとその母、なつみさん、デニ夫妻にゃんこ夫妻てるちゃん&3kids&my家族・・あっという間に今日は過ぎていきました。お土産、お祝い等もありがとうございました♪
さて、昨日の続きです。
10:30 陣痛室から分娩台に移動している声が聞こえる。同時に入院した彼女だ。。もう陣痛はピークに達している様子。。これから分娩を始めるらしい。。
11:00 分娩開始。「はい、ここからいきんでいきんでー!!」と3,4回続き、「はい。もういきまなくていいですよ。ハッハッハーと吐いて!」と聞こえたかと思ったら元気な赤ちゃんの声。。カーテン越しにmikoは一人で感動して涙しておりました。。。と思ったら、、「2500gの元気な女の子ですよ」「えっ!?」とご主人も彼女も絶句。。「男の子だと聞いてました。。」だって。おやおや、、大変だ。。mikoなんてもうどっちでも元気ならいいよって途中で割り切っていたから隣の驚きを哀れんでたよ。。笑い事で済めばいいけどなー。。
それから2時間ベッドで安静にし、彼女はあっという間に分娩台から病室に移ってしまった。。この時点でmikoの子宮口はまだ4cm位しか開いてなかった。ここからひたすら子宮口が開くのを待つ。途中みえちゃんやらピコパパが入れ替わり立ち代りmikoの横に来ていたけれどやっぱり意識は朦朧。。お腹が張るので痛くて右にも左にも向けず、ただじーっと仰向けで足がしびれてきていた。。  明日へ続く。。
今日の写真: 赤ちゃんにはママのおっぱいの補強として糖水という砂糖水を飲ませます。これは単に水分補給らしいのでおっぱいが出ればそれにこしたことはないそう。ボールにはお湯が張ってあってあっためて飲ませます。
☆miko☆
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ