こだわりのメイクアップスタジオフラウ

高橋 繭衣(MAI TAKAHASHI)主宰
メイクアップ・ヘアメイク・アートメイク・フェイシャルエステ・まつげパーマ・カラーコーディネイト・スクールとトータルビューティをプロデュースいたします。(At 横浜)

 
アートメイク・メイクアップ・エステ・ネイル・カラーのトータルビューティサロン「メイクアップスタジオフラウ」横浜市都筑区茅ヶ崎中央11-3-3F メイクアップスタジオフラウ 横浜市営地下鉄「センター南」より徒歩6分 「きれいになりたい!」「若返りたい!」「ヘルシーで!」 皆様のご希望を叶えられるサロンでありたいと思っています。 FRAUにある商品・施術はすべて私「高橋 繭衣」自身が 体験し、効果と安全性を感じられるもののみをおいてあります。 どうぞいろいろな美容情報の宝庫であるFRAUをご利用ください。

最近の投稿画像

最近の投稿画像
7/23 夏休みしかできない…

最近の投稿画像
7/22 NU-MAKEの施術例

最近の投稿画像
7/7 薄毛のカモフラージ…

掲示板

掲示板の設定が行われていません

フラウよりお知らせ

メイクアップスタジオフラウ 最新情報  脱毛キャンペーン開催中 8月末までのご予約に限り 3ヶ所選択→30%OFF 両脇 1回6000円 → 4200円 ひげ脱毛もおすすめです!

QRコード

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

初めてアートメイクをする方に

はじめてのブログです。

ここではなかなか
ホームページにUPできないことを書いていきますのでぜひ、ご意見お聞かせください。

まず皆様の思うアートメイクの欠点はなんでしょうか?

「べたっとした感じ」
「いかにもアートメイクっぽい」
「黒々としている」
「眉頭のボカシがない」
私が思うアートメイクは
メイクアップの延長であってほしいということ

メイクアップで行わないデザイン・描き方は一切行わないということです。

眉メイクの際に
周囲を囲ってから中を塗りつぶすような眉メイクは絶対に行いません。
これをアートメイクでおこなうから「マジックで描いたような眉」になるのです。

また異国の人のようになってしまうアイライン。
これはなぜか?
これもやはりメイクアップで行わないデザインを
アートメイクでつくってしまうことが原因です。

アイラインは眉に比べて濃い色素ですから眉ほど薄くはなりません。
だからこそ流行のアイラインは避けるほうが賢明です。

流行は変わります。
お肌は老化します。
目じりの位置は25歳くらいから徐々にたるみ始め目を囲ったデザインのアイラインは
歳を重ねるごとにふけて見えるラインに変わります。

どうぞ失敗のないサロン選びアーティスト選びをなさってくださいね。

メイクアップスタジオフラウ
http://www.makeupfrau.com






0
投稿者:MAI TAKAHASHI
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ