御奉仕冥途教団の団員たちによる、日々ののんびり記録置き場。
主に、PSO2というオンラインゲームのShip9-ハガルにて活動しております。

【週刊・冥途論】03号・「体」

2014/5/15  1:55 | 投稿者: 慧琉

冥途論とは、御奉仕冥途教の皆様と共有したい考え方を、
一応の冥途長である慧琉が好き勝手のたまうという、
週間更新できたらいいな! というコーナーです。
とか言いつつ二週間ぶりです!(ごめんなさい)

それでは、第三回冥途論をお届けします。

今回のテーマは「体」!
続きは右下の「第三回冥途論」からどうぞー。



「体」がテーマって。
「変のあとに体って、へんたいとでも言いたいのですか!」
などと言われそうですけれども……。
いえいえ、そんな意図は御座いません。たまたまです。

さて、私の言うことは何かと精神論の方へ寄りがちですが、
もちろん身体をおろそかにしているわけではないのです。

むしろ、身体は大事。
精神を支えるのは身体に他なりません。

いくら美辞麗句を並べたところで、大言壮語を唱えたところで、
気持ちや気力をコントロールするのは難しいものです。
はたして、反省して悔い改めるだけで、心がいつでも穏やかになるものでしょうか。
どんな時でも、同じような冷静さで物事に挑めるものでしょうか。

口ばかりの理想を求めるのは、非現実的でしょう。

そこで、身体をコントロールするのです。
例えば。
生活サイクルの順守、充分な睡眠と、バランスのとれた食事、適度な運動。
なんて、もしこんな健全な生活が出来れば、自然と精神も落ち着きます。

たったそれだけで。
それだけのことが難しい現代社会ですけれども。

先ほども触れたように、精神や脳の活動を支えるものは、
身体の機能……消化器官や循環系、ホルモンバランスなどです。

心が弱っている、と感じる時、原因は何かしらの悩み事にあるかもしれませんが、
そこで過度に落ち込んだり苛立ったりしまうのなら、
同時に、身体もどこか悪いのかもしれないのです。

健康ならば、必ず心も健康になるわけでありません。
けれど、身体が不健康なまま心を健康に保つのは、至難の業です。

だからこそ、身体を大事にいたしましょう。
自分の肉体を大事にいたしましょう。
それが、心を大事にし、ひいては周囲へ無闇に当たり散らすことなく、
大切な人達をも大事にすることに繋がります。

単純に、睡眠を確保するとか、食事に気を付けるとか、
たまには運動してみるとか、姿勢や呼吸を整えるとか。
健康に近づける習慣を、ちょっとずつ生活に組み込んでみたいところ。

継続は力なり。
精神が住まうのは身体なり。
身体は日々の生活が作るなり。

そんな感じで。

次回のテーマは暫定で「信」。
隔週になっちゃってますが、何とかペースを上げたいものです!
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ