ロコが行く店

ハワイ地元民がよく利用するお店を体当たりレポートでご紹介してまいります!

 

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2001/12/4

本日はパールシティ界隈の奥様方ご用達の遊び場?The Cellarの突撃肉弾レポートです。刺激が強すぎる今回のレポート、存続の危機を迎えているこのコーナーの起爆剤となるか?はたまた自爆弾となってしまうのか?私も気合を入れ、身体を張って行ってまいりましたっ!同行者は私のお友達のkyoちゃんとHiromiちゃんです。

(注:下ネタがお嫌いな方は、どうかこの先を読まないで下さい!!)

お店の場所はザ・インペリアル・オブ・ワイキキ・ホテルの地下1階です。お店の前を通ると、ズンッズズンッ♪とお腹に響く低音ミュージックが漏れ聞こえてきます。入場料は$10、入り口に立っているゴッツイ感じのセキュリティの兄ちゃんにピクチャーIDを見せ(18歳未満は入れません)$10を支払い、手首にバンドを巻いてもらったらいざ突撃!

クリックすると元のサイズで表示します

入り口で$10を払います


このお店は夜10時からは普通のクラブなんですが、毎日8時からショーをやっています。内容は曜日によって違うようですが、水曜、金曜と土曜は「All Male Revue」すなわち、男性ストリップのショーをやっているのです。ひゃっほぉ〜♪

Hiromiちゃんが「8時(開店時間)に行くとまだお客がいないから、スケベババァみたいで恥ずかしい。」などと言っていたのですが、いざお店に着いたら「早く入っていい席を取ろうぜぇ〜!」となったのでした。我々はそそくさとかぶりつき席をゲットし、ウエイトレスにドリンクをオーダーしました。ビールが$4、ソフトドリンクは$2.50でした。

お店の中はそんなに広くありません。ステージ前にはテーブル席が4〜5卓くらいと、その後ろにカウンター席がありました。
そのうちダンサーとおぼしきお兄ちゃんたちがお店の中をうろつき始め、これはどうやら「獲物」となる女の子を物色しているようでありました。
我々も「お兄ちゃんチェック」を怠らず、あの人がいいとか、あれは絶対にパスだとか、本番に備え心の準備を整えたのでした。

ミラーボールがアヤシゲにグルグル回りながらショーが始まりました。ジョー・ペシに似ている進行役のおっちゃんが出てきて、ショーの楽しみ方を説明しました。どうやらここはお客さんも主役になるようで、1人ずつダンサーが出てきて躍った後、お客さんがステージ上のイスに座ってチップを身体中のあちこちに挟まれ、それをダンサーが口のみで取っていく、ということでした。きゃっ。

クリックすると元のサイズで表示します

司会のニセジョーペシ氏


まず1人めのダンサーがカウボーイの格好で登場!おっ、あれはさっき私が「カッコイイ〜♪」と思ったリッキー系のお兄ちゃんだわっ!「よっしゃ、行ったろ。」心の中で小さくガッツポーズを決め、私はリッキー君の踊りをドキドキワクワク眺めていました。リッキー君は躍りながら1枚ずつ衣装を脱いでいきます。最後に、両脇にヒラヒラのついた皮のカウボーイパンツをバッと脱ぎさると、リッキー君は赤いTバック姿となりました。きゃーっ!ステキな筋肉質だわっ。やっぱりお尻が、日本人の扁平なモノと違って、プリッと持ち上がってるわっ。

ステージにはイスが3つ置かれ、ダンサーが客席へ勧誘に行き、しり込みする女の子を前へ引っ張っていきます。私はすかさず「はいっ!私が行くっ!」と自ら名乗りをあげ、トップバッターとして晴れ舞台のイスに座ったのでした。(おぉ〜ナント勇気ある行動!えらいぞっ私!パチパチパチ。)

ジョー・ペシに1ドル札のチップを5枚渡すと、彼は私の身体のあちこちにお札を挟みました。くぅ〜っ、ドキドキするぅ!私を含めお客さんが3人揃い、リッキー君はまず私のところへやって来ました。いきなり私の両手を取ってバッと広げ、ひぇ〜っ!(ピーーーッ♪)が(ピーーーッ♪)ってなるからアカンて、そんなんしたら!お次は私のシャツの胸元のヒモを引っ張ってほどき、シャツの下から(ピーーーッ♪)して(ピーーーッ♪)なんてことをして、あぁ〜お願いやめてぇ〜!って言ってるのに(ピーーーッ♪)、お口で(ピーーーッ♪)でもってリッキー君の頭がお札の挟まっている私の(ピーーーッ♪)へ(ピーーーッ♪)って(ピーーーーーーーーーーッ♪)。ゼェゼェ…。

チップを全部取り終えたリッキー君は、私の手を取ってイスから立たせ、腰砕けヘナヘナ状態になっている私の手にチュッ♪としました。客席ではみんなして大笑いしてるし。うぅっ。たまらんわぁ、もぉ…。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ふぎゃ〜あ!           ほげぇ〜!


次に登場したのはポニーテールのローカルボーイ。アムロちゃんのダンナさんに似た感じの人だったんですが、私のタイプじゃないので以後省略。(おぃおぃ!)

その次はマイケル・ジャクソンをごっつくしたような宇宙人系のお兄ちゃんでした。これも私のタイプでないので同じく省略。(なんっちゅーレポートや…)

4人めはもうひとりのローカルボーイで、ジム・キャリーの映画「マスク」の格好で登場したんですが、どうも身体の線が太いし、ダンスもあまりうまくない…。そして衣装とマスクを取ったとたんに「なんだよ、コイツー!」とHiromiちゃんの罵声が飛びました。なんかお腹はタポタポしてるし、その辺にいるハワイアンのお兄ちゃんって感じです。「こんな人を使っていいわけぇ?」「誰も前に出て行かないんじゃないの?」「汚いよぉー。」などと私たちが好き勝手なことを言っていると、ジョー・ペシが来てkyoちゃんを前へ連れて行こうとしました。「ダメダメ!私は最後の人のに行くの!」kyoちゃんが断ると、ジョー・ペシは「ハァ〜ン、ビ〜ッグなのが好きなのか?」とニヤリと意味深に笑ったのでした。

「あれー?あと1人で終わりじゃないの?私のお目当てがいないじゃーん!」Hiromiちゃんが不満気に言いました。どうもダンサーは全部で5人、そしてトリをつとめるのはkyoちゃんがお気に入りの、色の白い彼なのでした。「ねっ?ねっ?彼、カッコイイでしょ?あの人いい匂いがするのよぉ〜。」kyoちゃんは早くもコーフン気味!その彼のダンスが始まり、同じように1枚ずつ衣装を脱ぎ捨て、イスの上に乗っかって最後のTバック姿になると… ひぇーっ!異様に(ピーーーッ♪)が大きいぞぉー!どうも彼はソレで売っているようでした。

kyoちゃんはニコニコうれしそうにステージのイスに座り、客席の私たちに向かっておいでおいでをしました。でもHiromiちゃんはお目当てがいなくて怒ってるし、私もリッキー君の余韻に浸っていたので前には出ず、客席からkyoちゃんのショーを拝見することに。すると、あぁ〜っ、ダンサーがkyoちゃんに後ろ向きに跨って(ピーーーッ♪)なんてことを!kyoちゃんはうれしそうにダンサーのお尻を (ピーーーッ♪)して、あっ(ピーーーッ♪)が(ピーーーッ♪)と思ったら次は(ピーーーッ♪)って、そんなことをしてもいいのぉ?!ぎゃははははーっ!!観客一同バカ受け。他の人がヤラレてるのを見るのはなんて楽しいのでしょうか♪

クリックすると元のサイズで表示します

・・・絶句・・・


その後はダンサーがそれぞれ客席を回り、お客さんに絡みながらTバックにトドメのチップを挟んでもらっていました。トリのダンサーが私の膝に乗って「カモ〜ン!」と言いながらアヤシイ動きをしました。ひゃぁ〜、(ピーーーッ♪)が(ピーーーッ♪)でキャーーーっ。うーん、アレはホンモノなのかウソモノなのか??

ふと後ろを見ると私のリッキー君がTバックをずり下ろし、お尻を丸出しにしていました…。でもTバックだから下ろしても下ろさなくても、あまり変わりはないのでした。最後は5人のダンサーがステージに並んで客席に向かって挨拶し、それでショーは終了しました。はぁ〜。

クリックすると元のサイズで表示します

きゃ〜あ!(うっとり)


司会のジョー・ペシが「希望者は1枚$8でダンサーたちに囲まれた写真が撮れるよ!」と言うと、kyoちゃんが「行こう行こう!」と言うので取りあえずどんなもんか、一緒に別室へ覗きに行きました。なるほどぉ、お客さんは5人のダンサーに囲まれてパチリと撮ってもらっています。kyoちゃんは「私はあの人とのツーショットがいいんだけどな。」と言いながら5人に囲まれ、はいパチリ。私はその光景を自分のカメラで撮りに来ただけなのに、kyoちゃんに無理矢理背中を押され、嗚呼パチリ。

ポラロイドが出来上がるとジョー・ペシが写真を台紙に糊付けながら「ダンサーにサインをしてもらいなー!」と言うので、素直に私はリッキー君にサインを求めました♪「名前はなんていうの?」彼は私の名前を書き、そしてメッセージ「たくさんのハグとキスをキミの全ての(ピーーーッ♪)に。」ハァ〜…。

$10プラス飲み物代でこれだけ楽しめたらスバラシイと思いませんかぁ〜?とにかく皆さん!行ったら思いっきり楽しまなきゃダメですよーっ!うふふっ♪

The Cellar
205 Lewers St.
Waikiki

http://www.firsthand.co.jp/
0

2001/11/19

前回、第2回めにして早くも存続の危機を迎えてしまったこのコーナー。しし座流星群とともにこのまま流れ消え去ってしまうのか?そしてサーファーJunちゃんは「役立たずコメンテーター」の汚名返上ができるのか?第3回めの今回は、そのJunちゃんご推奨のチャイニーズレストラン「Pineland」です。掲示板でおなじみのこうさんが、愛妻ざるこさんとハワイに来ているので、ゲストコメンテーターとしてご一緒にお連れいたしました!えっ、ナゼ奥さまの名前が「ざるこ」かって?それはね、ふふふっ…。

お店はケアモクとキナウの角にあります。外からパッと見ただけでは、そこが中華料理店とはきっと誰も思わないような店構えです。

Pineland=漢字では松林(なんでや?)、ここにはアルコール類は置いていません。飲みたい人は持ち込みになります。車の中でこうさんに「ビールを買っていく?」と聞くと「昼間っからは飲まんで!」とのお返事。ところが、Pinelandのお隣のお店でビールが並んでいる冷蔵庫をチラッと見てしまったざるこさんの足が、その雑貨店の前でピタッと止まってしまいました。
「なぁ、買っていこうや。」と、ざるこさん。こうさんはなんやかんや言いながらも、結局大きなバドの缶ビールを夫婦仲良く1本ずつお買い上げになりました。うーむ。ざるこさんの「ざるこ」たる所以、垣間見たり?

クリックすると元のサイズで表示します

絶対にフラッとは入れない店構え


松林のお店の中に入ると、なんとなくそこは大衆食堂のような感じでしたが、大きな円卓が2つあるのでかろうじてその辺で「中華屋」をアピールしているようでした。
お昼だというのにお客さんがひとりもいなくてフト不安がよぎりましたが、チャイニーズのおばちゃんがお茶とメニューを持ってきてくれました。

メニューを見ると、一応品目は100近くあるようでした。どれにしようか?おばちゃんにお勧めを聞くと「全部!」と言うし、取りあえずシーフード欄からPepper Salted Shrimpと Cuttlefish with Garlic、スペシャル欄からOyster Sauce Chicken、ご飯類からBeef Fried Rice、麺/スープ類からChicken&Chives Gau Gee Soupの合計5品をオーダーしました。

クリックすると元のサイズで表示します

何かしないと気がすまない関西人(白目むいてます・・・)


でき上がったお料理が次々に運ばれてきましたが、その量の多さに一同ビックリ!さぁ〜、お味の方はどうかなぁ?

まずは、ペッパーソルトシュリンプです。衣をつけて揚げたエビにピリカラの味付けがしてあります。お値段は$8.95でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ピリカラのエビ


ざるこさん:スパイシーでおいしい!
こうさん:エビがプリプリしてておいしい。(こうさんはエビ好きらしい)
Junちゃん:2人と一緒でえぇわ。(コメントになってへんがな…)

次はイカのニンニクソース$8.50です。大きめに切った柔らかいイカが、ニンニクソースで炒めてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

イカのガーリックソース炒め


ざるこさん:イカが柔らかくておいしい。
こうさん:ガーリックがきいていておいしい。(なんかコメントが「おいしい」ばっか…)
Junちゃん:イカが白くておいしい。(一応ボケてみたらしい)

3品め、オイスターソースチキン$6.30です。チキンがとっても柔らかいけど、ちょっとショッパイかな。

クリックすると元のサイズで表示します

オイスターソースチキン


コメンテーター3人揃って:白いご飯が欲しい!

続いてチキンとネギの餃子スープ$5.25です。普通の水餃子と違ってスープが濃い目のお醤油味でした。そして中の餃子のデカイこと!

クリックすると元のサイズで表示します

お醤油味の水ギョーザ


ざるこさん:醤油味にビックリ!これは飲むものじゃなくて、餃子に味をつけるためのスープなんちゃう?
こうさん:スープ飲んだらあかんで!ショッパイ!
Junちゃん:こんなもんかぁ。

最後はビーフ炒飯です。これはテーブルに運ばれてきたとき、ホンマにビックリしました。1人前なのにお皿から溢れんばかりの山盛りなんです!日本人だったらこの量で家族4人がおなかいっぱいになります。そしてそして!これでナント$5.35也。安すぎっ!!

クリックすると元のサイズで表示します

見よ!このビーフ炒飯のお山を!


ざるこさん:野菜がたくさん入っててよかったぁ。
こうさん:直径約20cm、高さ約10cmの山を攻略するのは難しかった!こんなんを1人で食べてしまうとは、恐るべしアメリカ…。
Junちゃん:これで腹がいっぱいになったわ。半分は食べたで。

あれだけおなかいっぱい食べて、5品の合計はTAX込みで$35.78でありました。1人$10してないぞっ!
3人のコメンテーターに最終的なコメントを伺いました。

ざるこさん:味はよかったわ。量が多い!
こうさん:安っ!某ホテル内の○ャ○メ○よりうまいわ。
Junちゃん:安くて腹いっぱい!

クリックすると元のサイズで表示します

芸をせずにはいられない関西人(これって芸か?)


本日の皆さんのおススメの1品は、ざるこさんがイカ、こうさんはエビ、Junちゃんは餃子、私は炒飯でありました。(おぉ〜!みんなバラバラだぁ)

クリックすると元のサイズで表示します

今ひとつノリの悪い関西人(こうさんを見習え!)


私たちが食べている間に来た他のお客さんは1組、テイクアウトで来た人が1人でした。Junちゃんが以前来たときも、お店はやはりガラガラだったそうです。どうもお持ち帰りで買って行く人が多いようですが、お店の経営は大丈夫なんでしょうか?余計なことを心配しつつ、一同満腹でお店を出ました。

Pineland 松林
1236 Keeaumoku Street
Honolulu,Hawaii

http://www.firsthand.co.jp/
0

2001/11/8

仕事場で同僚たちとハンバーガーの話をしていたら、お蝶婦人ことK子ちゃんが「私は世界一おいしいバーガーを知っている!」と豪語しました。これは、バーガー好きの私としては確かめずにはいられないっ!
今回も前回同様、サーファーJunちゃんをコメンテーターとして「The Shack」にお連れいたしました。

「The Shack」はオアフ島に3店あります。カイルア、ハワイカイ、そしてミリラニです。K子ちゃんが言うには「カイルア店が一番おいしい」らしいので、コオラウ山脈を越えてはるばるカイルアまで行って参りました。

カイルアにもダイエーがあるのはご存知でしょうか?「The Shack」はそのダイエーの近くにあります。 私はクアアイナやテディーズみたいなバーガー屋さんを想像していたのですが、お店の中に入ると大きなTVやダーツがあったり、フットボールチームの看板が飾ってあったりして、スポーツバーみたいな感じでした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

   お店の前で        オーダーはカウンターで


まずオーダーのカウンターへ行きます。メニューを見るとバーガー類だけでもかなりの種類がありました。

サーファーJunちゃん「オレはダブルチーズバーガーやな。」
すうやん「シャックチーズバーガーには『Try the burger that made us famous』って書いてあるよ。やっぱコレでしょ!」

というわけで、Junちゃんはバーガー2枚重ね、合計1/2ポンド(約230g)のダブルチーズバーガー$5.95、私は「The Shack」を有名にしたというシャックチーズバーガー$5.75を注文しました。これは通常のチーズバーガーにルイジアナソーセージかポルトガルソーセージが入ります。2つのソーセージがどう違うのか聞いたらルイジアナの方はかなり辛いと言うので、私はポルトガルを選びました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

  ダブルチーズバーガー     シャックチーズバーガー


先日NBAに復活したマイケル・ジョーダンのニュースを見ながら待っていると、誰かのオーダーが出来上がったようで、カウンターの向こうでお兄さんが「ガンジ!」と名前を呼んでいます。カウンターに取りに行く人が誰もいないので、「ガンジ」は「Junji」と推測されました…。

**本日の教訓1** 自分の名前はハッキリと伝えましょー!

ちなみに、私は名前のスペルをいちいち言うのが面倒なので、いつもCori(コーリ)と名乗ります。

ダブルチーズバーガーはさすがに厚みがあります!パンの大きさはそれほどでもないと思いますが、めーいっぱい口を開けないととてもかぶりつけません。

「あぁ、ハラ減ったぁ〜!」Junちゃんは大口でかぶりつくと、ガブガブ食べ始めました。
「おいしいの?」「うん、うまいよ。」
私が写真を撮っている間もJunちゃんはバクバク食べています。私が自分のバーガーを食べ始める頃には、既に彼は食べ終わっていました。いくらなんでも食べるの早すぎるっちゅーねん…。

クリックすると元のサイズで表示します

アッという間にペロリ


シャックチーズバーガーも厚みがすごいです。太いポルトガルソーセージを半分に切り開いて焼いたものが挟まっています。これに一気にかぶりつくのはお嬢3'Sの私にはとてもムリ。トマト&ピクルスと共にソーセージも中から抜いてやっとかぶりつくことができました。(いやぁ〜ん、トマト&ピクルス抜きにしてもらうの忘れたぁ〜 !)
でもこれじゃ、普通のチーズバーガーを食べてるのと同じやん…。

**本日の教訓2** お店の意向に反する食べ方はやめましょー!

このポーチュギーソーセージ、そんなにしょっぱくなくておいしかったです♪

私がバーガーをじっくり味わいながら食べていると、Junちゃんが「あっ、しもた! これコメント言わなあかんやん。味わう前に食べ終わってしもた!」などとおっしゃいました。
うっ…では肝心の感想は?「ふつーのチーズバーガーやったと思う…。」嗚呼…。(無言)

**本日の教訓3** 極度の腹ぺこ状態で行くのはやめましょー!

**本日の教訓4** 食べるときはよく味わいながら食べましょー!


では気を取り直して。
私が食べたシャックチーズバーガーの感想ですが、ちょっとパテが焼き過ぎのようでした。ミディアムで頼めばよかったかな。おいしいことはおいしいけど、世界一!とまでは言い切れないかも…。パンが普通っぽいので、もう少しおいしいといいのかなぁ?ちょっとハワイカイとミリラニのお店にも行って、再度トライしてみたい気がしました。

Junji談:
スー姉さん初めて行く場所なんで住所を書いた紙切れを地図にスティックアップしてちらちら見ながら運転してました。ちょっと見せてもらうとそれはしっかりと「カネオヘ」の所に付いていました。おいおい、ねーさんこの地図見てたら一生目的地に着かんで。。。ということで私がナビを担当させていただきました。
Likelikeから行こうとするのをPaliに誘導。Paliを降りて右に曲がると姉さんは「右でええの?海はどっちにある?」なんて聞く始末。。。私の正確なナビのお陰で無事着きましたが帰りは何故か遠回りのH-3を通りました。姉さんの方向感覚と距離感覚はかなりおかし いです。

**本日の教訓5** 知らない所へ行く時は地図をよく頭に叩き込んでから行きましょー!

なんじゃ、↑このコメントは!バーガーとはちーっとも関係ないやないの…。
それにねー、H-3は遠回りだけど時間的には早いのっ!「急がば回れ」っていうでしょー。ふんっ。

…ハッ!ここまで書いて、今大変なことに気がつきました。兄さん!私らフレンチフライ頼むの忘れてたでぇ!!なーんか物足りないなとは思ってたんだけど…はぁ〜。(虚脱感)

*本日の教訓6*教訓だらけのレポートは大失敗。トホホ。

新コーナー、第2回にして早くも存続の危機か?!

The Shack
1051 Keolu Dr.
Kailua, Hawaii 96734

http://www.firsthand.co.jp/
2

2001/10/15

ついにホロホロ新シリーズ?の登場です!日本のガイドブックには載っていない、ロコだけが知ってるお店。そんなお店をこれからご紹介してまいりたいと思います。私のシュミにより、B級グルメ探索の旅となるかも知れませんが、どうぞお楽しみに〜♪

第1回めの本日は「ハワイで一番ピザがおいしい」というフレコミの「da Big Kahuna's」です。今回はコメンテーターとして、サーファーJunちゃんをお連れいたしました。

場所はマプナプナ。空港方面からトリプラー(ピンクの病院)へ向かう途中にあります。この界隈は車の修理屋さんがゴチャゴチャと並んでいて、知らない人は絶対に見逃してしまうようなところにお店はあるのでした。

サーファーJunちゃん:「こーんなとこ、ローカルやなかったらわからへんやん!」

ふふふっ。なんたって「ロコが行く店」ですから〜。

クリックすると元のサイズで表示します

お店の正面


ここはいつも混んでいるんですが、お店の前には3台くらいしかパーキングができません。よって車は必然的にお店の横や反対車線側に路上駐車となります。そしてお店の中もあまり広くありません。ハレイワにあるクアアイナの3倍くらいの広さでしょうか?私たちが入ったときは運良く席を確保できましたが、そのちょっと後は席が空くのを待っている人がいました。

オーダーはカウンターでします。お店の代表的なものをオーダーしようと思って、ガーリック・チーズ・ボール、スモウ・スペシャル・ピザ、それとキラー・カルア・ポーク・サンドイッチをお願いしました。(サンドイッチはどれが一番人気か?と聞いたらこれだと言われました。)ドリンクは1サイズのみ、しかもデカイ!32オンス(約900ml)入りで$1.25也。

クリックすると元のサイズで表示します

特大サイズのドリンク


オーダーしたものができあがるまで待つことしばし。お店の中と外にはかなり年季の入ったサーフボードがいっぱい飾ってあります。(というか、置いてあります。)それにしても暑い!そう、お店の中はエアコン無しなのです。見てはいけないと思いつつも、壁にかけてある虹柄の温度計についつい目が行ってしまいます。「あぅ。32度。あづい…。」大きな扇風機が動いているけど、汗ダラダラ〜。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

オーダーカウンター      見てはいけない温度計


待望のチーズ・ボールとピザとサンドイッチが席に運ばれてきました。ガーリック・チーズ・ボールは12個の小さくて丸いパンの上に、5種類のチーズをブレンドしたものとガーリックが乗っています。パンは少し甘味のあるパンです。なかなかおいちー♪

クリックすると元のサイズで表示します

ガーリック・チーズ・ボール


サーファーJunちゃん:「結構にんにくがキツイね。一人だけ食べたら迷惑やねきっと。」

ピザはいろいろと種類があるのですが、一番具がいっぱい乗っているスモウ・スペシャル$5.45にしました。しかしナゼに“スモウ”なのか?どうもハワイでは大きいもの、ボリュームのあるものに“スモウ”をくっつける傾向があるように思われます。この「スモウ・スペシャル」にはペパロニ、ハム、イタリアン・ソーセージ、カルア・ピッグ、ポルトガル・ソーセージ、ベーコン、オニオン、マッシュルーム、トマト、オリーブが「これでもかっ!」というくらいに乗っかっています。ピザの生地はパン・ピザです。周りはカリカリッと焼けていて、実にうんめぇぇぇ〜♪お店のうたい文句「Best Pan Pizza in Hawaii」に私は素直に共感いたします。

クリックすると元のサイズで表示します

ダ・ビッグ・カフナズ・スモウ・スペシャル


サーファーJunちゃん:「美味かったけど色々入りすぎて次はチーズが食べたいかな?」

サンドイッチも数種類あるのですが、この一番人気の「キラー・カルア・ポーク」$5.95はお昼過ぎには売り切れになっちゃうこともあるそうです。普通カルア・ポークは塩味なんですが、これはBBQソースで味付けされています。

ここのサンドイッチにはすべてホームメイドのデカデカロールパンが使われていますが、この大きさがまたハンパじゃないっ!初めて見た人はまずその大きさに笑っちゃいます。Junちゃんがかぶりついてる写真を見て下さいね。この大きさで元の1/4です。私たちは食べきれなくて残り半分はお持ち帰りにしましたが、グレート胃大なハワイびとはペロッと食べてしまうようです。

お味の方ですが、確かにおいしいです。デカデカロールも甘味のあるパンでうみゃ〜い♪

クリックすると元のサイズで表示します

キラー・カルア・ポーク・サンドイッチ

サーファーJunちゃん:「カルアピッグは味付けが絶妙!」

クリックすると元のサイズで表示します
         
ガブリッ!
  

隣のテーブルにいた人がお土産に?Tシャツを買うようで、お店のお姉さんがTシャツをいっぱい持ってきてお客さんに見せていました。一応いろんな色があるようです。こういうお店でもこういうものを買う人がいるんですね〜。

クリックすると元のサイズで表示します

Tシャツも売ってます


お店に置いてあるメニューには、右手にピザを持ち、左手でシャカ・サインをしたスモウ・レスラーが波乗りをしている絵が書かれています。なんとなく、この絵がこのお店の全てを物語っているなと思いました。

さて、本日のコメンテーターからの最終的な感想です。

サーファーJunちゃん:「まうまうの腹いっぱーい!」

それにしても兄さん、よぉ食いましたなぁ…。

クリックすると元のサイズで表示します

物語っているメニュー


クリックすると元のサイズで表示します

お店の横の看板


da Big Kahuna's Pizza'n Stuffs
833 Puuloa Road
Honolulu, Hawaii

http://www.firsthand.co.jp/
0
3 4 5 6 7 | 《前のページ | 次のページ》
/7 
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ