2019/11/20

授業報告書から見るレイブリックの個別指導  information

各講師が記載した授業報告書から、生徒とじっくり向き合う様子をお伝えできればと思います。


第1回は数学I講師です。

理系高3男子のある日の報告書です。

 彼も数学ができる自信はあるようで、自分で「これだ」と決めたことにこだわりすぎるきらいがあります。

 場合分けの問題でそれが顕著なので、

 「なぜその場合分けをしたのか」
 「場合分けは十分か、それ以外にはあり得ないか」
 「置き換えによって文字の範囲はどう変わるのか」

を徹底して口酸っぱく指導しています。

 もっと多角的に物事を捉えてほしいので、一つの問題に対して必ず複数の解答方針を示すようにしています。解き終わった問題も「この解き方ではどうなるのかも考えてきて」と宿題に出しています。





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ