小さい頃のおはなし  気のまま家族

「小さい頃のおはなししてー」と毎晩写楽は言う。
一日も欠かさず毎晩である。
「お願い!小さい頃のはなしー。3歳以下!」と言うときもある。

自分が小さい頃どんなだったか、どんなかわいかったか、そういう話を毎晩本を読んで明かりを消した後に、必ずせがむ。
「そんなん毎日違う話を覚えてへんよー。」と言うと、
「同じ話でもいいのー。してー。う○ちの話、してー。」とくる。

写楽が、ゲラゲラ笑いながら何度もせがむ小さい頃の話とは、こうである。

写楽がまだ2歳になってすぐの頃、テコテコと私のところにやってきて舌たらずな声でこう言った。
「かあちゃん、きて。んこがあるのー。んこがあるから、きてー。」

え?今、なんとおっしゃいましたか?う○こがあるから来いと言いましたか?
見ると写楽は、お尻丸出しである。

言われるがままに、写楽のあとについて私らの寝室にはいっていく。
ウォークインクロゼット(洋服置き場)の中に、プラスチックの簡易イスがあり、な、な、なんとその白いプラスチックのイスの上に、「んこ」があったのだ。

「あのときの衝撃は忘れられへんわあ。」というと、写楽ゲラゲラ笑う。

トイレトレーニング中だった写楽は、おそらく私らの寝室のトイレに入ろうとズボンを脱ぎオムツをはずしたまではよかったが、ドアノブが回せずにトイレの中に入れなかった。
どうしよう、う○ち出ちゃうーと考え、クロゼットの中にあったイスによじのぼり、おそらくはイスの上でしゃがんで用を足したのであろう。
白いプラスティックが便座ににていなくも、なくも...ない。
母にそのことを言わなくては、このままこれをほっておくわけにはいくまいと幼いなりに考えたのであろう。リビングにいた母のところにやってきて、「んこがあるから、きてー」と言ったのだと思う。

「ひゃー」と思わず声が出た。

イスの上のモノをみて、私がまず思ったのは、近所の猫か犬がクロゼットに入り込んで用を足したのか?ということ。

そんなわけはない。
いたしたのは我が家の2歳児であることにすぐに気がついた。わははと思わず笑ってしまうできごとであった。


その話を現在5歳の写楽は、何度も何度も聞きたがるのである。
「う○こがあるから、やて!自分でしたんやんかー!おもしろい!」とゲラゲラ笑う。「でもえらいよね、自分でちゃんと言いにこられて、えらいよねー。」これも毎回母が言う台詞を先回りして言う。

この話は、50回以上写楽にしている。
でも、「毎晩の小さいときのお話してー。う○この話がいい。」とよくリクエストされる。

そうやって、自分がどれだけ愛されていたかを確かめているんだね。
愛していたよ。
今も大好きだよ。

今5歳の写楽は、自分でトイレにはいるが、大きいほうだった場合は「んこ、出たーぁっ!」と、母がトイレにやってきてふいてくれるまで、繰り返し叫び続ける。「自分でふけるけど、ママにふいてほしいんだもん。」だそうだ。

いつまでこんなことをするのか。
難儀なやっちゃ。

今のこのことも、何年かしたら小さいときの話になるのかな。
それとも、もう何年かしたら「小さいときの話してー」も「抱っこしてー。」も言わなくなるのかな。

小さいとき、きみはこんなかわいかったんだよ。
小さいとき、きみはこんな大事にされてたんだよ。
小さいとき、きみはこんなに愛されていたんだよ。
そして、今も大好きなんだよ、きみのこと。


小さいときの話をベッドの中でするのは、私にとっても確認であり充電でもある。

「小さいとき、○○(写楽の名)は、ゆりかごの歌が好きやったでー。ゆりかごの歌を歌ったらすぐに寝てしもた。これね、♪ゆーりかごーのうーたを♪(歌う)」

4番まで歌い終わったら、5歳の写楽も寝てしまった。
この歌の魔法はまだ効くのか。
明日は、昨日ゆりかごの歌をきいて一瞬で寝てしまった今日のきみの話をしよう。




4

雪女がくる  気のまま家族

雪女がこわいのー。雪女がきたら、いやだー。
と写楽が朝言った。

「ロトルアは雪降らへんから、雪女けえへえんよ」というと、「じゃ、雪女は日本にくるの?」と写楽。

「雪女さん、日本に行ってください!」と空に向かって叫ぶ写楽。


妖怪大図鑑という児童書をおじいちゃんに買ってもらったのに、こわくて開くことさえできない。
「妖怪大図鑑は、15歳になったら読むのー。」だそうだ。

昨日は、右足の裏に木のささくれがささって、痛くて右足をかばって歩いていたら、今度は左足がつってしまい大泣きしていた。
「今度は、こっちの足まで痛い〜。」とポロポロ涙をこぼしているので、左足をみてみると、みごとにふくらはぎがこむら返りしていた。
ああ、このスジがつっているのね、とわかるほどに。

「今日はひとりで寝られない〜」と泣くので一緒に寝た。
すると、今度は「お腹が減ったー」と泣く。
学校で鍛えられすぎたのか、足が痛くて疲れたのか、昨日は午後6時に寝てしまっていたからだ。
午後10時に足がつり、泣く。
マッサージしてやって足の痛みがとれたら今度は腹が減ったと、泣く。
ガマンできない、と泣く。


オレンジ1個8つに切ってやって、食べる。
泣いて赤くなった鼻の上にしわをつくって、むしゃむしゃと食べる。
ピチャピチャと音をたてて果汁をすする。
ほんまにサルみたい。



かわいいなあ、きみは。

「なんか顔についてるで。」と鼻をつまんでやる。
そして「あ、ゴミやと思ったら鼻やったわ。」と言ってやる。
すると、写楽「ママ、なんかついてるで。」と私のほほをつまみ、
「あ、しわやったわ。」と言う。
5歳児なかなか、あなどれないぞ。



1

ママはなんでもできるよ(5歳2ヶ月語録)  気のまま家族

5歳になって、2月から小学校1年生となった写楽。
毎日、よくがんばっている。毎日、1冊本を読み、朝学校に行くとすぐに先生に聞いてもらう。そして、リーディングが終わったらすぐに勉強がはじまる。
始業前から、勉強しだすクラス。
厳しい良い先生の指導が行き届いているのか。

「ママのつくるご飯は世界一おいしい!」と言う写楽に、
「おかあちゃんは料理ぐらいしかできないからね。あとは何もできへんからね。」と返すと、写楽こう言った。
「そんなことないよ。ママはなんでもできるじゃない!ちゃんと歩けるし、走れるし。後片付けだってできるじゃない!」
...ほめられているのか、けなされているのかよくわからない慰め方をされた。

そうやね、歩けるし、走れる。そして自分で後片付けもできる。
東北地震やクライストチャーチ地震で被災された方々のことを考えると、自分で歩ける、走れる、そして片付けられることのありがたさをよくかみしめないといけない。
しっかり歩いて前を向いて生きていけという神様の言葉なのかな、と思った。

幼稚園では大きくて、下の子の面倒をみたりしてお姉さんぶっていた写楽、学校ではやっぱり一番ちっこくて心もとなくて、1年生な感じだ。
「一人で教室まで行けるから、ママはずーっと後ろからついてきて。」といい、はねるように走っていく。大きなリュックが背中でゆれ、ずりおちそうになる。


母を「かあちゃん」と呼んでのに、いつのまにか「ママ」と呼ぶようになった。自称プリンセスだから、「かあちゃん」と呼ぶのはプリンセスに似合わないと判断したようだ。

4歳2ヶ月から約1年の写楽の言葉の数々。
続きを読む
2

スクールガール 3日目  気のまま家族

小学校3日めの今朝、写楽は登校するとすぐにマットを敷き、自分の名前の札を横において、その上で「ナンバーログ」を始めた。ナンバーログというのは写楽が言った言葉で、私にはよくわからないが、積み木みたいなものを並べるのだ。
さっさっと並べ終わったら、その積み木をさっさっさーと元通りに片付けて、マットをクルクルと巻いて元通りの場所に戻し、自分の名札を持ってぴゅーっとどこかに行ってしまった。

???

これが勉強なのかなんだったのかよくわからなかったが、きっとそれが写楽のクラスのルールなのだということはわかった。
マットを敷いて名札をおいてちゃんとルール通りにできるところを母にみせたかったのであろう。

縦割りクラスなので、基本的には自分の進度にや興味に合わせて、各自でワーク(勉強)をする。ワークの際には、マットを敷いてその上ですること。マットの横には自分の名札を置くこと。トイレなどで教室の外に出るときは、先生に名札を渡し許可をもらってから出る。そういうルールらしい。


ちびすけがちゃんと小学生に見えた。
写楽は幼稚園では一番大きかったのに、学校ではちびっこ軍団の一人。
なんかまだたよりないし、心もとないし、小さい。それがまたかわいいけど、心配でもある。

同じ幼稚園出身の友達のフェイドラは、「ボス」が大好きらしい。
昨日の授業中、私が少しの時間見学させてもらっているとき、フェイドラが先生に「学校のボスは誰?プリンシパル(校長)?じゃ、プリンシパルに会いたい!」と言い出した。なかなか根性の座っている子だ。
先生が「じゃ、行ってきていいよ。」と許可したので写楽と二人で校長室に挨拶に行っていた。笑える。
あとで聞くと、写楽は「校長先生にこう言ったのー。You are always very kind!(あなたはいつでもとても親切だね。)」と得意そうに言っていた。笑える。
私が見たときは、クラス全員で輪になって「どうしてツーリストはニュージーランドに来たがるのか。ニュージーランドの魅力は何か。」ということを話し合っていた。
ニュージーランドにはどんな魅力的なものや生き物がいるか、というのを一人一人小さな紙に書いて発表する。
写楽は「フェアリー(妖精)」と書いていた。笑える。



1

もうすぐ新学期  気のまま家族

2月1日、ニュージーランドの学校はいっせいに新学年、新学期を迎える。
それに合わせて、日本に一時帰国中の高校留学生たちもニュージーランドに戻ってくる。
ニュージーランドは、真夏に新学年が始まる。

12月に5歳になった写楽は、来週から小学校1年生。
日本の小学校と違う点がいくつもある。

・ランドセルのような決まったかばんがない。それぞれ好きなリュックサックを持っていく。

・給食がない。ランチと飲み物(基本的には水)を持っていく。サンドイッチやおにぎりに、フルーツなど簡単なものをかばんにいれていく。

・教科書がない。授業はプリントを使って行われる。

・小学校1年から、午後3時まで授業がある。

・親が車で送り迎えをする。高校に行くと、スクールバスで通う子もいるが、小さいうちは親が送迎をする。小さな子どもを一人で歩いて学校に生かせるのは危険なのだろう。

・写楽の通う学校では、文房具やノートなども教室の名前のかかれた引き出しにいれておくらしいので、かばんにいれて持っていくものは基本的には弁当だけ。


楽しみであるが、ちょっとドキドキの1年生。
写楽は、「お弁当は、どこにおいたらいいの?」「お茶はいつ飲んでもいいの?」としょーもないことを心配している。


こちらの小学校はでは、決まった日に入学するわけではない。ぎりぎりまで幼稚園に通い、5歳の誕生日から学校に通いだす。
写楽は、学校の夏休み中に5歳になったので、ちょうど新学期から通うのだが。


新しいリュックサックに新しい制服、新しい文房具。
週末に学校指定の新しいノートを買いにいこう。
ノートの名前は自分で書くといいね。



そんなにかわいくもない制服が意外と高いことに、実はひそかにショックをうけていた母であった。長く着せようと8歳用を購入し、友達に笑われた。
新しいダボダボの制服を着て、「わーい!スクールガール!」と飛び跳ねている5歳の無邪気さに涙しそうになる。

制服に「おひさま」のマークがついていることをすごく喜んでいる写楽。
そんな小さなことで幸せになれる心、素敵やね。

おひさまみたいにぴかぴかの笑顔が、これからもずっと続きますように。
ずっとそんな笑顔をみていられますように。
1

明日になったら  気のまま家族

写楽が言った。
「あしたになったら、今日は昨日になるんだよ。」

そうやね、明日になったら、今日はもう過去になってしまう。


きみはそうやって、今を生きているの?
4歳のきみにとって、明日はどれぐらい先のことなんだろう。

クリックすると元のサイズで表示します



サッカーの試合中、みんながボールを追いかけて走る中、ひとりのんびりとスキップして後をついていくきみにとって、今はどのくらいの速さで流れていくのだろう。
30分の試合は、きみにとってどのくらい長いのだろう。



2

言葉のチカラ 4歳3ヶ月語録  気のまま家族

今日、写楽とシャワーをあびていたら母のおなかを触って写楽がこう言った。
「イッテQに出てる人(森三中のこと!)みたーい。しかも、ガサガサー。しかも、豚くさーい。でもかあちゃんだーいすき。」
失礼きわまりない4歳児である。なんや?豚くさいって。
「しかも」とか言いよる。とってつけたような「だーいすき」はまったくフォローになっていない。

言うことに筋が通ってきた。
驚くほどの記憶力。
語彙が増えたのでイカシタことを言うようになった。
3歳9ヶ月から4歳3ヶ月までの語録。


机の下にもぐり、
「ここで待ち伏せて、あまやどりしてるの」


庭にいるとなりの家の猫に勝手にジジと名前をつけておる。黒猫だからジジ。「魔女の宅急便」に影響を受けている。
「ジジー!○○(自分の名)のはっぴーばーすでーに、きていいよー。プレゼントもってきてくだしゃーい!うんこはやめてねー。」

次の日、庭に猫のう○こが落ちていた。
「あーーー!ジジったらー!うんこしてるー!プレゼントはうんこにしてくださいって○○がゆったと思ったのかなあ。」


「”ちゃん”っていうのは、好きっていうことだよ。かあちゃんのこと好きじゃなくなったら、○○はかあちゃんのこと”かあ”って呼ぶの。」

母「トラとライオンはどっちがこわいの?」
写楽「きょうりゅう!」


「ダダ、一緒にチョコレート食べよう。ブラックの夜でなく、ブルーの夜に食べたいの。ブラックの夜はこわいの。」


「心のきれいな石、ひーろった!」


風邪っぴきの唄。
「バクテリア♪バクテリア♪バクテリアにやられちゃったー」

母「帽子!帽子!帽子かぶりー!」
写楽「ぼーし、ぼーしって朝から晩までうるさい人やねえ、かあちゃんは。」


ころがるボールに対し、
「どうして○○についてくるんだよー!○○は一人になりたいんだよー!」


「○○の秘密教えてあげよか?○○はほんとはよーちえんのお友達よりも先生よりも誰よりもかあちゃんが好きなんだー。かあちゃんと一緒にいられて幸せー。この気持ちを忘れないように一緒に祈ろう!かあちゃん。」


続きを読む
5

幼稚園で英語  気のまま家族

昨日の会話。

写楽「かあちゃんは、昔々、よーちえんにいってたとき、にほんごのよーちえんに行ってたの?えーごのよーちえんに行ってたの?」
母「日本語の幼稚園。」
写楽「そっかー、やっぱりねー。だからかあちゃんはえーごがヘタッピーなんだね。○○(自分の名)は、よーちえんでえーご習ってるから、上手なんだよ。」

おっしゃる通りでございます。
2

ばんばんプープー  気のまま家族

写楽が幼稚園から戻ってきてぷりぷり怒っていた。
以下、母子の会話。
写楽「ルーシーは今日、悪かったんだよ。」
わし「なんで?」
写楽「○○(自分の名)のこと、’ばんばんプープー’って言ったんだよ。」
わし「ばんばんプープー?なにそれ?」
写楽「知らないよっ。ルーシーは悪いんだよっ」
わし「ばんばんプープー?はは、おもろいな、ルーシーは。」
写楽「おもしろくないっんだよっ!プープーっていうのはうんちのことなんだよっ!」
わし「じゃ’ばんばん’てなに?」
写楽「知らないよっ!ばんばんプープーって言うから、ルーシーはノーティなんだ!リトルジャネット(先生)もルーシーに怒ってたよ!」
わし「ばんばんプープーかあ。おもしろいな、それ。」
写楽「お・も・し・ろ・くないんだよっ!」
わし「ははは。なんでプープーて言われたん?あんた、今日う○こもらしたん?」
写楽「もらしてないよ!○○はなーんにもしてないのに、ルーシーがばんばんプープーってゆったんだ!」
わし「わははは。」
写楽「笑いごとじゃないんだよ!○○はプープーじゃないんだよ!」
わし「そやな、○○はプリンセスやもんな。プリンセス・プープーやんな?」
写楽「プープーじゃないんだよっ!」
わし「ははは。そっか、そっかー。プリンセス・カワイカシコエライヒメやんな。ごめん、ごめん。」(笑いがとまらん。)
写楽「もうっ!」



友達に「ばんばんプープー」といわれ、怒っているきみはものすごくかわいい。
きみにはきみの社会がちゃんとあるんだね。
「ばんばんプープー」という言葉にもはまってしまった。
なんじゃ、そりゃ?Bang Bang Poo Pooなのか?


ルーシー、おもろいな。
ばんばんプープー、ツイッターで検索してみるか。
出てきたらびびるわ。

0

お姫様のベッド  気のまま家族

「ふわふわのベッドを作ったのー。プリンセスが寝るベッドなのー。」と写楽が言う。
見にいくと、
クリックすると元のサイズで表示します

庭に生えている雑草を抜いて集めて、作ったベッドがあった。
ご丁寧にお花まで散らしてある。

写楽はこの雑草の上に寝て、「ほら、見てー。ふわふわー。夢みたーい。」とお姫様気分。
「うわあ、素敵やね。いいのができたね。」とほめると、かあちゃんも寝ろという。

ええ?いやや、雑草の上に寝るの。
と思いながら、「これはプリンセス専用の大事なベッドやからかあちゃんはええわ。」と辞退する。

すると写楽、「そっかー。かあちゃんはプリンセスじゃないもんねー。かあちゃんはオバハンやもんねー。」と言う。
ほっとけ。

「プリンセスは、帽子もかぶるんだよ。」
自称プリンセスは、こんな帽子をかぶっている。

クリックすると元のサイズで表示します

...それ、水着のパンツやんか!
最高やね、4歳児。
2




AutoPage最新お知らせ