ひとでの特訓  気のままニュージー

「フェイドラちゃん、上手になってたなあ。練習したんやろなあ。」
先週のスイミングレッスンのあと、なにげなくそうつぶやくと、写楽がプリプリ怒り出した。

「そんなこと言わないで!そんな話は聞きたくなかったわ。」と。

え?なんで怒ってるん?怒る意味がわからん。
友達(フェイドラ)と写楽を比べたわけでもないし、「もっと練習しなさい」と言ってもないのに。

どうやら、「悔しい」らしい。
友達だけが上達して、自分が上手にならなかったらどうしようとあせり、友達が上達していることが悔しいらしい。

自分も「スターフィッシュ」のクラスから、ひとつ上の「フライングフィッシュ」のクラスにいきたいのだと母に訴える写楽。
よっしゃ。そういう気持ちは大事やで。

「フライングフィッシュになりたいんやったら、もっと練習せなあかんわ。練習して、ゴードン先生がOKっていうたらフライングフィッシュになれるよ。練習してもいいし、いややったら練習しなくてもいいよ。練習するかせえへんかは、自分で決めなさい。」と言う。

写楽、「練習する。フライングフィッシュになる!」と宣言。

就学前の子用のレベルは4つあり、写楽のいる「スターフィッシュ」は下から2番目。その上の「フライングフィッシュ」のクラスにはいるためには、
3つの課題をクリアしなければいけない。

@うつぶせ、あおむけに、補助なしで浮く。
Aバタ足で5メートル。
B犬かき5メートル。

写楽は@はできるが、バタ足が3〜4メートルしかできない。犬かきは2メートルぐらいしか進まない。
はは、前途多難。
しかし本人がやる気になっているので、特訓することにした。
幼稚園を午後休んで、プールに行くことになった。

午後の幼稚園を休めること、つまりランチ前に母が迎えにくることも写楽にとってはスペシャルなので、ものすごく喜んでいる。
「今日は、ラッキー。かあちゃん、マットタイムに迎えにくるんでしょ?マットタイムにママが迎えにくる子はちょっとしかいないんだよ。ラッキーなんだー。」と。

今朝幼稚園に送っていくと、着くなり、さっそく先生に「今日はマットタイム(ランチ前)にマムがくるのー。スイミングトレーニングをするのー。」と報告。

午後から、プールで特訓してくる。
明日、今期最後のレッスンがあり、昇級できるかどうかが決まる。
たぶん無理であろう。今日一日の練習で、課題すべてがクリアできるとは思えない。
でも、本人はやる気になっている。
それはいいことだ。
負けたくないという気持ち、それが前向きにがんばれる力を生み出す。
がんばったけど、できないこともある。
それを知るのもいいことだ。


今日の午後は、とことんつきあってやろう。
たまに、母と娘、べったりすごす時間はスペシャル。
写楽にとっても私にとっても。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ