Sushi とお寿司  気のまま雑記

写楽が言った。
「スゥシィーっていうのは英語だよ。日本語ではおすし。」
へえー、そうか。
sushiとお寿司は違うねんね、きみの中では。
確かに違うわな。
日本で食べる寿司とニュージーランドでかあちゃんが作るお寿司は、まず具が違う。
でもかあちゃんが作る寿司飯は、結構おいしいと思うねんけどな。
ニュージーランドの日本食レストランで食べる寿司よりも、自分で作った寿司のほうがおいしいと思うことがある。自画自賛だ。あほだ。

ロトルアでは、新鮮な刺身は手に入らないので、卵やアボカド、えび、てりやきチキンなどを巻く。
でも庭に生えている青紫蘇を一緒にいれると、「アイスクリームコーン・スシ」が、急に日本の手巻き寿司らしくなるのだ。
「○○(自分の名)、お寿司だーいすき!」なんだそうだ。
一番好きな寿司は、「いくらのおすし」だそうだ。
「金沢おじーちゃんに連れて行ってもらったお寿司、おいしかったねー。でも、○○はダダのつくるお寿司もだーいすき。」と河童を泣かせることをいう。

ニュージーランドの人もsushiが好きだ。
パーティの際、巻き寿司を作るとあっという間になくなる。
巻き寿司は、意外にめんどうなのであんまり作らないのだが。
同じ幼稚園に通っているニーバスという男の子のママから、「ニーバスがsushi大好きだから、sushiの作り方を教えてほしい。」と頼まれた。
よっしゃ、じゃ、みんなでsushi作りますか。やりますか、スシパーティを。
というわけで、明日の夜「Sushi Night」をうちですることになった。
ニーバス(息子)とミッシェル(母)の他に、ルーシー家族もくることになった。
ミッシェルに「まず何をするの?」と聞かれて、「ライスを洗うのだよ。(米をとぐの意味)」というと、「炊いたあとで洗うのか?」と言うので、「まさか!生の米やがな。水が透明になるまで水をかえてあらうのだ。それから炊くねんで。」と説明すると、「えええええ?米を洗うのー?」とものすごい驚かれた。
こっちが、ええええ?やわ。ほんま。
お米をとぐ習慣ないからね、こっちでは。お米は野菜とおなじようにそのままゆでてザルにざーっとあげるやり方をする人が多い。
うちでは寿司飯は、といで30分ほどザルにあげておいた米をお酒を少々いれた水に30分ぐらいつけておいて、出し昆布の切れ端をいれて炊く。
ミッシェルに教えてあげる時は、「ザルにあげる」や「昆布」は省略してもいいね。

日本食レストランをしていた頃、ロトルアのミレニアムホテルに頼まれて何度か「日本食のお料理教室」を開催した。河童が講師で。
むかしとった杵柄?で、明日の夜は、「sushiの作り方教えまひょ」をみんなですることになった。
どうなんやろ?ちゃんと教えられるのかな。でもなんだか楽しみである。

そして、明後日は留学中の高校生を呼んで、手巻き寿司ランチをすることにした。

きゅうり、アボカド、えび、卵焼き、紫蘇、ハム、テリヤキチキン。
刺身がないと、寿司でなくsushiぽくなってしまうのだが、それもまたよし。


さて、マグロの「漬け」を作ろう。
みなさん、よい週末を。
真央ちゃん、金メダルとれるかな。楽しみ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ