亀は卒業  気のまま家族

10月からスイミングに通い始めた写楽。
無事1タームのレッスンを終え、次のタームから一つ上のクラスに行けることになった。

幼児の最初のクラスは、Tiny Turtle(ちっこいかめさん)というクラスで、次のレベルはStar Fish(ひとで)というクラスである。
ひとでになるためには、3つのゴールに達していなければならないらしい。
・ぶくぶくと水の中で5秒間泡を吹く
・支えてもらって前向きと後ろ向きに浮く。
・支えてもらって前向き、後ろ向きにキックができる。

写楽、ガバガバと水にもぐっていくくせに、このキックがうまくいかなかった。仰向けになって、バレーリーナーのように足をふりあげてしまう。
なんじゃそりゃ、なキック。
ちゃう、ちゃう、こうや。こうすんねん。とベッドの上で床の上で、バタ足の練習を繰り返した。

昨日年内最後のレッスンだったのだが、「スターフィッシュに行きたいの」と写楽がいうので、レッスン前に母と特訓。
こうやってやんねん、と何十年ぶりにバタ足をやってみせたわし。
十数年以上前に使っていたゴーグルひっぱりだしたよ。腐ってへんかったわ。

ようがんばったな。
鼻に水がはいって泣きそうになりながらも、練習やめると言わなかったね。
キックが上手になった。

そして、「ひとで」になれることになった。
レッスン終了後に、父に電話する写楽。
「すたーふぃっしゅになれたのー。キックできたのー。」

寝るときに写楽に言った。
「ようがんばったね。スターフィッシュになれたね。I'm proud of you よ。」
すると、写楽はこう言った。
「ダダも、さっきプラウドオブユーってゆってくれたよ。」


スイミングが好きでたまらないようだ。
大好きなものができて良かったな。
覚えておこう、今日のきみのピカピカの顔。
2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ