味自慢たこせん  気のままグルメ

大阪名物数々あれど、これを第一にあげる人はそんなにいないのではないか?

その名も、「たこせん」

知ってる?たこせん。
たこやきとちゃうで。
たこ焼きの味のおせんべい?
うーん、違う。そんなんもあるけどな。

クリックすると元のサイズで表示します


大きなえびせんべいを半分に割って、その上に大阪名物たこ焼きを2〜3個のせる。
ソースとマヨネーズと青海苔や粉かつおをかける。
残った半分のせんべいを上にのせて、ぎゅーっと押す。

クリックすると元のサイズで表示します


すると、間にはさまったたこ焼きがぶちゅーとつぶれて、せいべいのあいだに広がる。
熱いたこ焼きがソースと絡まって、いい感じでせんべいにまとわりつき、せんべいがしっとりしてくる。

これを、道を歩きながら食べる。
こういうジャンクな食べ物ってむしょうに食べたくなるときない?

たこ焼きは、10個で300円とか400円とかする。
そんなにお金がない子どもがお小遣いで買えるおやつ。
大阪名物たこせん。



これがニュージーランドで食べられるなんて!
Aちゃんのおかげ。
彼女は、割れるといけないからと、せんべいをスーツケースに入れずに機内持込手荷物にして持ってきてくれた。



日本に帰ったときに食べればいいのだが、日本に滞在中は他のご馳走が多すぎて、たこ焼きまでなかなかお腹が行き着かない。
ましてや「たこせん」なんて。


たこせん、ニュージーランドで食べるとまた格別。
愛情がこもっているからだろう。
割れないようにと友達がもってきてくれたたこせん。

クリックすると元のサイズで表示します



たこせん、知ってる?
めっちゃうまいで。


8



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ