しゅっぱつちんこー!コロマンデル旅行2   気のままニュージー

移住10周年記念旅行。
やっとフィティアンガの町に到着した私達。
ビールを飲んでぐっすり眠り爽快に目覚めた2日目の朝。

やや曇り。小雨か。
フィティアンガの小さなインフォメーションセンターに行き、「今日どこに行ったらええかなあ?」とおばちゃんに相談した。

クリックすると元のサイズで表示します


「車で1時間のコロマンデルの町に行けば?金鉱採掘を再現した観光用の電車があるからそれに乗れば?」
ん!じゃ、そうしよう!
10年前、正確には9年半前、同じ電車に乗った。
今回は写楽も一緒。10年後に写楽と一緒に乗れるなんて、なんて心躍ることだろう。

クリックすると元のサイズで表示します


「ちゅっぱーつ、ちんこー」と写楽がいう。
この電車は、スイッチバックしながら、狭い狭い単線を上へ上へとあがっていく。
前と後ろに運転席があり、いちいち止まって運転手さんが移動しつつ前と後ろの運転席にかわりばんこにすわって、少しずつ上にあがるのだ。
止まるたびに、写楽「とうちゃくー」と叫ぶ。
また動き出すと「ちゅっぱーつ、ちんこー」と。


10年前に食べた同じカフェでランチをし、10年前に泊まったコテージのオーナーに会いにいきお茶をご馳走になった。
10年前の軌跡をたどる楽しい旅。


クリックすると元のサイズで表示します



帰り道にちょっとたまたま通った何の変哲もない、おもしろいものは何もない船着場がよかった。


夕方、宿に戻り、またゴージャスな風呂。
今日の夕飯は、河童父さんが作る。
前菜にコロマンデルマッスルとハムのサラダ。
メインは、ビーフステーキ&マッシュポテト&アスパラガス。
うまい。
白ワインを飲む。


クリックすると元のサイズで表示します


食事のあとに、お待ちかねのアレ。
ふふふ、百年の孤独だ。
スモークサーモンをつまみながら。
「こ、これはすごいわ。こ、これは、うまいわ!」と河童が興奮していた。


今日も楽しかった。
旅にでると、魂のリフレッシュができる。
明日は、海に行こう。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ