魔法のフィージョア  気のままグルメ

食べても食べても、友達にあげても、なかなか減らない。
クリックすると元のサイズで表示します


みずみずしくて、甘酸っぱいフィージョア。
秋の味覚。

このフィージョアは、友達の家の庭でとれたもの。
なっているやつをもいだのではなく、地面に落ちたのをひろった。
熟れておちた果実だから、甘くておいしい。


今晩と明日の晩、続けて別の友達がやってくる。
今日はえびドリア、明日はラムロースト。
食後のフィージョアは必須やな。
フィージョア・クランブルを作ろう。


今日から、ニュージーランドは第2学期がはじまった。
秋が深まってきている。
3

そんなやり方なのね  気のまま雑記

河童の両親が温泉に連れて行ってくれた。
畳の部屋にお布団で寝るのって楽しい!

夕食から戻ると、部屋に布団を敷いてくれてあった。

クリックすると元のサイズで表示します


敷布団の上には、くるりんと丸めて置いてある掛け布団。
へえー、今はそんなふうに敷くのね。

これぞ日本の温泉旅館。
バッフェの朝ごはんがめっちゃおいしい。
洋食と和食と2食分ぐらいは食べてしまう、いやしいワタクシ。
1

「失礼」は失礼やろ  気のまま雑記

自分が何か失敗したとき、そのことに対しお詫びをしないといけない。
誰に対して謝るのか。
お客様に対してか、友達に対してか、家族に対してか。
何に対して謝るのか。

その状況や対象に応じて言葉はかわる。
あ、ごめーん。でいいときもある。
ごめんなさい。
すみません。
誠に申し訳ありません。


その謝意をしめす言葉として、これを用いる人がいる。
「失礼しました。」

あ、失礼。
失礼しました。
大変、失礼をいたしました。

ちょっと身体があたったぐらいなら、「あ、失礼」でいいのかもしれない。
しかし、この場合も双方に悪意も故意もなく、どちらが悪いとは一概に言えない場合の挨拶である。

ビジネスにおいて、ミスをしてしまった場合、
「失礼しました。」
で、ええんかい?

「失礼しました。」
「大変失礼しました。」は、謝まってることにはならへんねん。


「失礼しました。」と言われると、
「はい、失礼なことされました。それで?」
という気持ちに私はなる。

「失礼しました。」と言われると、謝りたくないんかな、この人。と思う。
それならそれでええけどな。
ごめんと言いたくないときに、あえて「失礼しました。」という言葉を使う
のも一つの意思表示だと思うから。

あえて意思表示としてこの言葉を使うならそれなりの覚悟をもって気合をいれて使うべき言葉である。
自分に落ち度はないし謝るつもりはないが、あなたに迷惑がかかったとしたらそれは残念である、と。
「遺憾に思います。」と同じような逃げ言葉だ。
それだけの気合と信念があって「失礼しました」を使っているのか?


そうではなく、謝意を表す丁寧な言葉として簡単に「失礼しました」を使っている人が多いのではないか。


「大変失礼しました。」でなく、謝るときには「大変申し訳ありません。」を私は使いたい。

できれば謝らずにすむならそのほうがいい。
人間誰でもそうや。
謝るのって勇気がいるよね。
ちゃんと「ごめんね」が言える人って、いいなあと思う。
自分だけが悪いのではないと思っても「申し訳ありません」と言える人は強い。
最近の日本って、マスコミを中心に、謝ってる人をさらにたたく傾向にある。
非を認めた、となると追い討ちをかけるようにたたく。
謝ってるのにたたく、たたきのめす。
だから謝らなくなったのかな、日本人は。
「申し訳ありません」というともっとたたかれるから謝らず「失礼しました。」で逃げるのか。
それとも単に言葉を知らないだけなのか。




「失礼します。」は、部屋にはいるときと、電話を切るときには使うよなあ。
写楽が食事中にトイレに行く時は、「しちゅれいしまーす」と走っていく。
「おしっこでるー」と言うて行く時も多いが。
それぞまさに「失礼」や。
「変な顔!」と言われたら「失礼な!」と怒る人が多いだろう。
その怒っている人に対して謝るとしたら、「失礼しました」ではなく、やっぱり「ごめんなさい」とちゃうのん?
でもその場合は、真面目に「ごめんなさい」と言われるほうが傷つくかもしれん。


そんなことをツレツレと考えるの、私は結構好きだ。
ではでは、失礼しましたー。

そうそう、失礼しましたーはこういうときに使う言葉やねん。
漫才師が毒舌を吐いて舞台を下がる時、それぞまさに「失礼しましたー」という言葉が似合わへん?
デンデン

5

なにをもってアメリカン  気のまま雑記

これ大好き。

クリックすると元のサイズで表示します


今日は写楽の幼稚園のシェアランチの日。
持ち寄りで、みんなで分け合って食べるらしい。

写楽は「チョコレートケーキ!」というが、ケーキはランチではありません。
kikiさんによると、「寿司は幼稚園児には意外に人気がない」とのことだったので、何を持たせようか考えた。

あ、そうだ。あれにしよう。
アメリカンドッグ、小さいのを18個作って持っていった。
づみさんに教わったやりかたで、ソーセージに割り箸をさし、ホットケーキの衣をつけて揚げる。
衣がほんのり甘くサクサクでおいしいんだな、これ。

子どもたちはみんな喜んで食べるかな。
あとで、写楽にきいてみよう。


日本ではこれアメリカンドッグっていうんだよね?
こちらではホットドッグという。
前に一度、ラグビーを観にいったとき、「アメリカンホットドッグ」と書いてあったので、喜んで買ったらパンにたまねぎとソーセージがはさんである普通の「ホットドッグ」のことだった。

考えてみると、ホットドッグというのはもともとはパンにソーセージをはさんであるあれのことやんな。
アメリカが本場だから、アメリカンホットドッグはあのパンで間違いないはず。
じゃ、なんで日本ではこのソーセージに衣つけて揚げたやつを「アメリカンドッグ」というのか?
ホットドッグっていうとパンなのはわかるけど、アメリカンドッグはなぜこれなのか。
誰か知ってますか?


「今日はホットドッグを作ったから持って行きぃー」と写楽にいうと、「yummy(ヤミー)!」と返ってきた。
ヤミーとは「おいしそう!」という意味。
ヤミーときたか、ヤミーと。
食べてみておいしいときは、「Uhhnn,yum」(うーん、ヤーム)という。

園児たちはヤームといいながら食べているのかな、今頃。
何でかしらんけどアメリカリカンドッグと日本で呼ばれるホットドッグを。
3

アラビア語?  気のまま家族

文字に興味が出てきたようだ。
「この時期に文字の読み書きを教えると、他の吸収すべき大事なもんが抜け落ちるような気がする」と河童がいうので、「あいうえお」も「ABC」もまだ教えていない。
しかし、少しずつ自分の名前の文字などは、覚えてきたようだ。

最近、太陽の絵をよく描いている。
「これ、おひさまー」と。

クリックすると元のサイズで表示します


おひさまのとなりのページには、何やら文字みたいなものを書いていた。
「おはなしを書いてるのー。おひさまは、ぴかぴか光ってる。にこにこわらって、大きな桃が流れてきました!」とぶつぶついいながら。

文字に興味が出てきたね。
本を自分で読みたいという欲求がでてきたようだ。


週末に、ニュージーランド人の4歳のキアラちゃんと遊んだ写楽。
遊んでいる途中でキアラちゃんが泣き出した。
あわてて写楽のそばにいき、「なんで、キアラちゃんは泣いてるの?」と聞くと、おもちゃのベビーカーをどっちが押すかでもめたようだ。写楽もキアラちゃんもどちらも自分が押すと主張し、キアラちゃんが泣いた。

「シェアしないとだめでしょ。どうする?」と聞くと、
「キアラちゃんと二人で(ベビーカーを)持つ。」と言う。
そーか、グッドガールやね。
じゃ、自分でキアラちゃんに言いなはれ。

写楽は、キアラちゃんのところにベビーカーを押していき、こう言った。
「two and hand!」
キアラちゃんのママは、???な顔。
「どういう意味?」と。
「二人で一緒に押しましょうって意味だと思う。」と言いながら、私はニヤニヤ。
二人で(two)、持とう(hand)って言いたかったんやな。
日本語をそのまま英語で言ってみたのだろう。
写楽は、知ってる単語をとにかくandでつなげる。
聞いていると、意味不明だが、なんとなく伝わる。
えらい、えらい、そんだけ言えたら上等や。
そうやって自分の意志を幼稚園でも伝えているのだろう。
金髪カールの西洋のお姫様みたいなキアラちゃんと、まっすぐな黒髪の村の子どもみたいな写楽が、二人でベビーカーを押してるのはなんともかわいかった。

クリックすると元のサイズで表示します

馬車にのる写楽とキアラちゃんとラグビーガールSちゃん

昨日は、幼稚園からの帰り、興奮状態で楽しくて楽しくて言葉がとまらない感じだった。
「今日は、誰と遊んだの?」と聞く母。
「みーんなみんなと遊んだよー。ネイバスとルーシーとジョーナスとラシアンと、みーんなみんな。」
母「へぇー、よかったね。楽しかった?」
写楽「うん!みーんなでベッドでぐーぐー寝ちゃったー。」
火曜日は、幼稚園に行かない日なので、「明日、よーちえんお休み?」と聞く写楽に「明日はお休み。」というと、はじめて写楽は「お休みじゃなくて、行きたい!」と言った。
衝撃をうけた。
よっしゃー!行きたいか、そうか、そうか。


そらまめくんみたいな顔して、この3歳児、幼稚園ではちゃんと英語で遊んでるんだなあ。
andでつなげた写楽英語をつかって。

私が「ルーシーは今日は来てたん?」とかいうと、「ルーシーじゃないよ。ルゥセィーだよ!」と発音を直され、言い直しをさせられる。
はいはい、ルゥセィーね。
生意気なやっちゃ。

写楽が書いているぐちゃぐちゃな文字が、意味のわかる文字になる日もすぐにきそうだ。
こいつは、日本語と英語、まずどちらの文字を書くようになるのかな?
楽しみだ。
0

キウィの下で昼寝のワタクシ  気のままニュージー

キウィフルーツ、今盛り。
クリックすると元のサイズで表示します



こんなふうになっているのだよ。キウィは。

クリックすると元のサイズで表示します

柔らかくなってからスプーンですくって食べる。
0

3つのボーン  気のまま雑記

「これ、おもしろそう!」といろんなDVDを中古か格安で購入した。

「これ、おもしろそう」はどうやって判断したかというと、週刊文春の映画評論のページで紹介されている映画のうち、おすぎさんが「これいいわ〜」と評価していた作品を中心に。

なんじゃ、そりゃ。
だって映画よくわからへんねんもん。
辛口のおすぎが良いっていうんやったら、ホンマにええんちゃうの?
おすぎさんのいうことがすべていいとは思ってへんねんけどね。

夫が映画好きなので、夫の好きそうなよさそうな映画を探すため、週刊文春を読んだ私。
探し方、間違っているような気もする。


そうやって探したおもしろい映画、そのうちのひとつがこれ。
クリックすると元のサイズで表示します

ボーン・アルティメイタム

アメリカ特殊工作員のジェイソン・ボーンをマット・デイモンが演ずる。
ボーンは、記憶をなくしているので、自分がなぜ追われているかわからないままに命を狙われる。

「おもしろそうな映画のDVD買うといたでー。」と嬉々として夫に報告。ところがこのDVDを手にとった河童は言った。


「これな、シリーズもん3部作の第3作目やで。これの前に1と2があるねん。それを先に見いひんかったら、よくわかれへんのとちゃうかなあ。」


へ?
あ、そうなん?


またや。いっつも私はそう。
早とちり、思い込みで、間違ったことをする。
だって、おすぎがいいってほめててんもん。

ううー。
またまた、困った時のづみさん頼み?!
づみさんがニュージーランドにくるときに、1と2を探して買ってきてくれた。
すんません!ありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

ボーン・アイデンティティ シリーズ1作目
ボーン・スプレマシー シリーズ2作目


1〜3まで続けて観た結果、1と2を観ないと3はやっぱりよくわからなかったであろうと判明した。
1と2を先に見られてよかった。ありがとう、づみさん。


おもしろかった。
マット・デイモンつよーい。


シリーズになっているもので、思い出すのは、ターミネーター、ダイハードなどだが、シュワルツネッガーよりもブルース・ウィルスよりもマット・デイモンはいいな。

グッドウィルハンティングとは全然違う強いかっこいいマット・デイモンが観られる。

このシリーズ、観られた方いますか?

0

うちのお風呂は水槽だ  気のまま雑記

うちのお風呂では、熱帯魚を飼っている。
全部で10匹いる。写楽が世話をしている。

クリックすると元のサイズで表示します



お風呂にはいるときは、一旦全員を網ですくい、別の入れ物に避難させてからバスタブに湯をそそぎ、お風呂が終わるとまた水を貯めて魚たちを戻す。
続きを読む
0

河童とあひると写楽と  気のまま雑記

づみさんたちがうちにきてくれたとき、娘さんの京ちゃんと仁海ちゃんイラストを描いてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

京ちゃん作、合羽を着てるカッパととあひるだって。
横に小さく猫やくまちゃんやポストを加えてくれたのは、仁海ちゃん。

仁海ちゃんは、別の紙にイラストとともに習いたての英語筆記体でのメッセージを書いてくれた。
仁海ちゃんは、今思春期の真っ只中なせいか、写真を撮られるのをすごく嫌がりお顔のみえる写真はほとんどない。
いい顔で笑うのになあ、笑った顔の写真撮らせてほしかったなあ。

でも、描いてくれた絵と言葉からは仁海ちゃんの気持ちがあふれ出ていた。
きれいな筆記体で、
Hello!!
I come from Japan.
Thank you very much!
I love volleyball.
と書かれてあった。

猫が親指を立てて「Good!」と言っているイラストとともに。
これをわざわざ書いて、スケッチブックからやぶって残していってくれたんだね。



筆記体って、日本ではよく書くけど、こちらではあまりみないなあ。
でも友達のコリーンは、流れるような筆記体の美しい文字を書く。
筆記体が書けるようになると急に英語みたいでうれしいよね。
仁海ちゃんは、英語が得意なんだって。



もう一つ、京ちゃんからのうれしいサプライズ。

続きを読む
0

わしにもできた  気のままグルメ

はじめて作ったこれ。
夫は「これ、どしたん?」とびっくりしていた。
これ、どしたん?とは、「誰にもらったん?」の意味であることは言うまでもない。

もらったんとちゃうでー。いつもいろんなものもらってるけどな。
「へへへーん、作ってん、自分で。」
という私の鼻の穴はひろがっていたかもしれない。




続きを読む
1




AutoPage最新お知らせ